上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

赤井英和の長男がプロ転向 父の夢継ぎ世界王座狙う

帝拳ジムからプロデビューすることになったミドル級の赤井英五郎

「浪速のロッキー」と呼ばれた元プロボクサーの俳優赤井英和(61)の長男英五郎(26)が15日、名門・帝拳ジムからプロデビューすることを表明した。アマチュアで目指した東京オリンピック(五輪)出場の可能性が19年に消滅。父が歩んだ道を追うようにプロ転向を決断した。今年の東日本ミドル級新人王にエントリーし、プロデビューする予定。大けがで引退を余儀なくされた父が届かなかった世界王座獲得を将来的な目標に掲げた。

   ◇   ◇   ◇

父譲りの強打を誇る赤井がプロ転向する。アマで目指していた東京五輪の夢が19年11月の全日本選手権で絶たれると、すぐプロ転向への気持ちがわき上がったという。「ボクシングを続けたい気持ちだった。いずれプロになろうと思っていた」。19年に左足アキレス腱(けん)を断裂し、20年2月には左手首の手術を受けたため、昨年は治療に専念。アマ時代から練習で通っていた名門・帝拳ジムを所属先に選択し、満を持して今年からプロボクサーとしての活動を開始する。

父からボクシングの指導を受けたことはないが、自宅に地下トレーニングルームを設置してくれるなどのサポートを受けている。赤井は「父は子供ではなく一個人として見てくれている。プロ転向の反対もなかった」と振り返る。今年の全日本新人王のミドル級にエントリーし、プロデビューする予定。「相手は誰でもいい。新人王を取りにいきたい」と父も獲得した称号を狙う。

「父は20歳でデビューし25歳でプロを引退、自分はアマですが20歳でデビューし25歳でアマを辞めて、重なる部分がある」。父は2度目の世界挑戦を目指した前哨戦でKO負けし、急性硬膜下血腫で重体となって現役引退を余儀なくされた。なし得なかった夢を継ぐように赤井は「ボクシングを始めるからには『世界』と思っていた。世界王者になりたい。プロの自覚を持って帝拳ジムでやりたい」と決意を示した。

プロで最初の目標は父がマークした12連続KO勝利を設定した。赤井は「KO記録は身近な目標としてわかりやすい。13連続KOができたら新しい目標も出てくる。自分は(中量級の名王者)ハグラーやデュランのようなオールドスタイルが好き。倒せるのが1番。ボディーで倒してみたい」と目を輝かせた。ファイタースタイルの強打に磨きをかけ、プロデビュー戦に備える。【藤中栄二】

○…大阪市出身の父赤井英和は、浪速高でボクシングを始め高校総体優勝。近大に進学したが日本がボイコットした80年モスクワ五輪の最終選考で落選。その後、大阪の三和ツダジム(後のグリーンツダジム)からプロ転向した。好戦的なスタイルと強打を武器にデビュー以来12連続KO勝利の快進撃で、“浪速のロッキー”と呼ばれて絶大な人気を誇った。83年にWBC世界スーパーライト級王者ブルース・カリー(米国)に初挑戦して7回TKO負け。再起したが、85年に世界再挑戦のための前哨戦で大和田正春に7回KO負けを喫し、脳出血を起こして意識不明の重体となった。緊急手術を受けて一命を取り留めたものの、引退を余儀なくされた。その後、俳優としてドラマや映画で活躍している。

○…赤井の前妻の次女赤井沙希(34)は、DDTで人気プロレスラーとして活躍している。174センチのスラリとした長身で、10代で芸能界デビューして、06年には旭化成のキャンペーンモデルに抜てきされるなどモデル、タレントとしても活躍。13年8月のDDT両国大会でプロレスデビューし、14年のプロレス大賞で女子初の新人賞を受賞した。得意技はケツァル・コアトル。

◆赤井英五郎(あかい・えいごろう)1994年(平6)9月22日、東京・世田谷区生まれ。小、中学校とラグビー、米ハワイで過ごした高校時代はアメリカンフットボールを経験。米カリフォルニア州ウィディア大に進学し、20歳の時、ボクシングを開始。16年に大学を一時休学し、日本で本格的に東京五輪を目指す。18年全日本社会人選手権ミドル級優勝。アマ戦績は8勝(4KO)6敗。通常体重は77キロ。身長179センチの右ファイター。

サンドバッグ打ちする赤井英五郎
ミット打ちに取り組むミドル級の赤井英五郎(左)
大和田正春の鋭い左フックを浴びマットに沈む赤井英和(右)。赤井はそのまま脳挫傷で意識不明となり病院に搬送された(1985年2月5日)
ファイティングポーズをみせる赤井英和(1982年2月)
DDTプロレスで世死琥(左)にボディーアタックを見舞う赤井沙希(19年7月15日)

関連するニュースを読む

赤井英和長男が近大スパー参加 東京五輪へ1歩

父親の母校・近大ボクシング部でスパーリングを行った赤井英五郎(後列左から3人目)

 元プロボクサーでタレント赤井英和(56)の長男でアマチュアボクサーの赤井英五郎(21)が、父の母校から20年東京五輪への道をスタートした。19日、父が総監督を務める東大阪市の近大ボクシング部を初めて訪れ、近大と韓国・保寧の選抜チームとの国際親善スパーリングに参加。アマ戦績3勝1敗の英五郎は、韓国人選手に打ち込まれて「勉強になりました。ぼこぼこだった。でも格上とやる方が進歩につながる」。

 現在は米国の大学に在籍しており、あと2年で卒業見込み。今後は(1)米国を拠点に学業との両立(2)帰国して近大編入(3)英国、キューバなど強豪国への移住、などの選択肢から3月までに結論を出す予定。競技歴1年に満たない昨年11月に「浪速のロッキー」と呼ばれた父譲りの強打で全日本選手権8強に入ったイケメンの逸材。「まず日本一になって、20年までにそれなりの選手になりたい」と4年後を見据えた。【益田一弘】

関連するニュースを読む

赤井英和の長男英五郎ぼこぼこスパーも「いい経験」

父親の母校・近大のボクシング部でスパーリングを行った赤井英五郎(中央)(撮影・益田一弘)

 元プロボクサーでタレント赤井英和の長男、アマチュアボクサーの赤井英五郎(21)が19日、東大阪市内の近大ボクシング部を初めて訪れた。

 父が総監督を務める同ボクシング部と韓国・保寧の選抜チームが行った国際親善スパーリングに参加。韓国人選手との2ラウンドなど合計4回のスパーリングを行った。

 アマ戦績3勝1敗の赤井は、31歳のベテラン韓国人選手と対戦。1回開始直後は自慢の強打を振るったが、少しずつサウスポーの相手ペースとなった。変則的な動きから左ストレート、右アッパーなど多彩なパンチを打つ相手にほんろうされて、劣勢のままで2回を終えた。

 技術の差を見せつけられた形だが「勉強になりました。ぼこぼこだった。でもいい経験になるかなと思う」と前向きに話した。米国の大学に在籍する赤井は、競技歴1年弱の昨年11月には全日本選手権で8強に進出している。

関連するニュースを読む

赤井英和の長男英五郎は準々決勝敗退「貴重な経験」

敗戦後、悔しそうな表情でインタビューを受ける赤井英五郎(撮影・島根純)

<全日本ボクシング選手権>◇20日◇岩手・水沢体育館◇各階級◇準々決勝

 赤井ジュニアが敗退した。

 タレントで近大ボクシング部総監督の赤井英和(56)の長男赤井英五郎(21)がミドル級準々決勝に登場し、12年、13年の全日本王者自衛隊・浜崎良太と3分3回を戦い、0-3の判定負けを喫した。9月のデビューから4戦目だったがダウンを奪われるなど、日本トップレベルの選手との対戦に地力の差が出た。それでも「上の選手のすごみを実感できた。貴重な経験をさせてもらった」と振り返った。

 現在米国の大学を休学中で、進路について問われ「まだ2カ月間の猶予がある。ゆっくり家族と話しながら自分の進路を考えたい」と話した。

関連するニュースを読む