上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

仙女を彩る「四刀流」美女の朱里 昨年“古巣”帰還

仙女の舞台で存在感を見せた朱里

プロレス、キックボクシング、総合格闘技、舞台女優の“四刀流”美女がセンダイガールズプロレスリング(仙女)を彩っている。朱里(30)は仙女所属ではないが幅広く活動。里村明衣子(40)のタッグパートナーを務め、多彩なキックを武器に輝きを放つ。

朱里・里村組は、昨年11月に東京・後楽園ホールで行われたロイヤルタッグトーナメントに出場した。直前の大会で勝利を収めた里村はリング上で「今までタッグパートナーがいなかったけど、朱里選手を待ってました」と絶大な信頼を示し、朱里も「選手として尊敬する思い入れのある方。過去にもタッグを組んだが、トーナメントは初なので、うれしい」と応じた。しかし、結果は準決勝敗退で女王の座は逃した。

空手少女の朱里は女優に憧れ、高校卒業後はその道を目指していたが、知人から偶然勧められたプロレス団体ハッスルのオーディションに参加。プロレスを見たことは1度もなかったが合格し、08年に19歳でデビューした。10年には新団体SMASHのリングに立ち、その旗揚げ戦で里村と初対戦したが敗北。「オーラやたたずまいがすごくて、ほかの人には出せない雰囲気がある。立っているだけでかっこいい、素晴らしい選手」と当時から憧れる。

キックボクシングや総合格闘技にも挑戦し、17年には世界最強の格闘家を決める舞台、米UFCに参戦。日本人女子初勝利を挙げた。UFCと契約する直前まで仙女で活躍し、昨年9月に“古巣”に帰還した。「里村さんがいる団体だからこそ上がれてうれしい。仙女のタッグベルトを獲得し、いずれは里村さんとシングルマッチでバチバチやって倒したいという思いもある」。緋色(ひいろ)の美女が静かに闘志を燃やしている。【山田愛斗】

◆朱里(本名は近藤朱里=こんどう・しゅり)1989年(平元)2月8日、神奈川県生まれ。小学校で空手を始め初段。08年「ハッスル」でプロレスデビューし、12年「Krush」でキックボクシングに初挑戦した。16年にパンクラスで総合格闘技を経験し、17年に米UFCに参戦。19年9月に仙女に復帰した。

朱里(右)と里村

関連するニュースを読む

近藤朱里3連敗「UFCで戦えて本当に幸せでした」

近藤朱里

<総合格闘技:UFCファイトナイト154大会>◇22日◇米サウスカロライナ州グリーンビル・ボン・セコース・ウェルネス・アリーナ

UFC女子ストロー級の近藤朱里(30)が3連敗を喫した。アシュリー・ヨーダー(31)と同級5分3回で対戦。寝技を中心としたヨーダーの攻撃に押されて防戦の展開となり、0-3(24-30、25-30、26-30)の判定負けとなった。昨年11月、ヤン・シャオナン(中国)に判定負けして以来の試合で、UFC戦績は1勝3敗。これでUFCとの契約試合数が終了した。

試合後、近藤は自らのツイッターを更新。「結果は負けてしまいました!いろんな思いがあった試合でした!勝ちたかったです!対戦相手のヨーダ選手ありがとうございました!応援してくれた方本当にありがとうございました!仲間、先生、関わってくれてるみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです!UFCで戦えて本当に幸せでした」(原文のまま)とつづっていた。

関連するニュースを読む

近藤朱里は地元中国選手に判定負け、再起戦飾れず

地元出身のヤン・シャオナン(右)に攻め込まれる近藤朱里(C)Jeff Bottari/Zuffa LLC/UFC 

<UFCファイトナイト141大会>◇24日◇北京・キャデラック・アリーナ

UFC3戦目となった女子ストロー級の近藤朱里(29=ボスジムジャパン)が2連敗を喫した。

地元出身ファイターのヤン・シャオナン(29=中国)の裏拳、ワンツーなど強烈な打撃を食らいながらも前に出る姿勢を崩さず、フルラウンドを戦い抜いたものの、試合を通してプレッシャーをかけられたシャオナンに0-3の判定で敗れた。

昨年9月、UFC日本大会でオクタゴンデビューし、初白星を挙げた近藤は今年5月のUFCチリ大会でポリアナ・ボテーリョ(ブラジル)にボディーキックを浴びて1回TKO負け。総合格闘技ルールで初黒星を喫し、今回が再起戦だった。

関連するニュースを読む

UFC女子ストロー級の近藤朱里が再起戦判定負け

地元出身のヤン・シャオナン(右)に攻め込まれる近藤朱里

<UFCファイトナイト141大会>◇24日◇中国・北京キャデラック・アリーナ

UFCファイトナイト141大会は24日、中国・北京のキャデラック・アリーナで開催され、女子ストロー級の近藤朱里(29)が2連敗を喫した。

同級5分3回で、地元ファイターのヤン・シャオナン(29=中国)と対戦し、序盤から的確なパンチを浴び、手数で押された。最終回まで攻めきれず、相手ペースのままで試合終了。0-3の判定負けとなった。昨年9月のUFC日本大会でオクタゴン白星デビューを飾った近藤だが、5月のチリ大会で1回TKO負けし、この試合が再起戦だった。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

近藤朱里、中国でアウェー戦初白星へ「経験を次に」

UFC3戦目の計量をパスした近藤朱里

UFCファイトナイト北京大会は24日、中国・北京のキャデラック・アリーナで開催される。総合格闘家の近藤朱里(29=ボスジムジャパン)が女子ストロー級5分3回で、地元ファイターのヤン・シャオナン(中国)と対戦する。

23日には同地で開かれた前日計量に臨み、52・62キロでパスしたシャオナンに対し、52・39キロでクリアした。

17年9月のUFC日本大会でオクタゴンデビューし、判定勝利を挙げた。しかし初アウェーとなった5月のUFCチリ大会で、ポリアナ・ボテーリョ(ブラジル)に開始早々の強烈なボディキックで1回TKOで敗れ、総合格闘技ルールで初黒星を喫した。

近藤は「MMAでは初の海外での試合、時差や長いフライト時間など初めてのことをたくさん経験し、ものすごく勉強になりました。試合は負けてしまいましたが、この経験を次に生かして頑張りたいです」とキッパリ。アウェーとはいえ、時差の少ない中国での再起戦でUFC2勝目を狙う。

またメインイベントでは、ヘビー級3位カーティス・ブレイズ(米国)-同4位フランシス・ガヌー(カメルーン)による同級5分5回が予定されている。

関連するニュースを読む

近藤朱里がUFC北京大会出場、シャオナンと対戦

11月のUFC北京大会出場が発表された近藤朱里

UFCジャパンは20日、女子ストロー級の近藤朱里(29)が11月24日に中国で開催予定のUFC北京大会に出場すると発表した。

対戦相手は地元出身のヤン・シャオナン(29=中国)に決まった。近藤にとっては5月のUFCチリ大会でボテーリョに1回TKO負けし、プロ初黒星を喫して以来の再起戦となる。8月下旬に自らのツイッターで対戦内定を報告していた近藤は「精いっぱい頑張ります!! 応援よろしくお願いします!!」とつづっていた。

関連するニュースを読む

UFC近藤朱里が秒殺に「ごめんなさい」総合初黒星

総合格闘技マッチ7戦目にして初黒星を喫した近藤朱里

<UFCファイトナイト129大会>◇19日(日本時間20日)◇チリ・サンティアゴ・モビスター・アリーナ

 UFC2戦目の近藤朱里(29)が秒殺され、プロ初黒星を喫した。女子ストロー級5分3回で、ポリアナ・ボテーリョ(29=ブラジル)と対戦。

 1回開始すぐに左ミドルキック2連発を浴びて後退すると、ケージ際に追い込まれて右ストレートを食らってダウンを許した。そのままパウンド9発を受けたところで、レフェリーストップ。1回33秒、TKO負けとなった。

 総合格闘技戦で初黒星となり、これで通算戦績は6勝1敗に。試合後、自らのツイッターを更新し「ごめんなさい。試合負けてしまいました。また一から頑張ります。応援してくれたみなさん本当にありたとうございました!」とつづった。近藤は昨年9月に開かれたUFC日本大会でUFCデビューし、初陣で勝利を飾っていた。

関連するニュースを読む

近藤朱里が前日計量パス UFCで初の海外マッチ

UFCチリ大会の前日計量にパスした近藤朱里

 UFCファイトナイト129大会は19日(日本時間20日)、チリ・サンティアゴのモビスター・アリーナで開催される。

 女子ストロー級5分3回に臨むUFC2戦目の近藤朱里(29)が18日(同19日)に同地で前日計量に臨み、116ポンド(約52・62キロ)でパス。対戦相手となるポリアナ・ボテーリョ(29=ブラジル)は115ポンド(約52・62キロ)でクリアした。

 昨年9月に開かれたUFC日本大会でUFCデビュー。初陣で勝利を飾った近藤だが、油断はない。「(ボテーリョは)私よりも10センチぐらい身長が高くて、すごく筋肉質の体つきをしているので、力が強いのではないかと思っています。一体どうやって減量しているのだろうと思うほどです」との印象を口にした。

 UFCでは初の海外マッチとなるだけに気持ちを引き締め「打撃だけでなく、レスリングや柔術も強いようなので、試合が始まってみて、感じることを大切にして、相手の動きをよく見て、対応できるようにしたいと思います」と集中力を研ぎ澄ませていた。

関連するニュースを読む

近藤朱里「目標はUFC王者」5・19チリ大会参戦

5月のUFCチリ大会参戦が発表された女子ファイター近藤朱里Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

 UFCジャパンは7日、女子ファイター近藤朱里(29=ボスジムジャパン)が5月19日、チリの首都サンティアゴにあるモビスター・アリーナで開催のUFCチリ大会に参戦すると発表した。

 UFC2戦目の近藤はポリアナ・ボテーリョ(ブラジル)と女子ストロー級5分3回で対戦する。

 昨年9月のUFC日本大会で判定勝利を飾り、今年初戦に臨む近藤は「2戦目が決定してうれしいです。目標はUFC王者なので気を引き締めて練習します!印象に残る試合ができたら、盛り上がる試合ができたらと思います」と意気込み十分。対戦相手のボテーリョはについては「手足が長く、力の強い選手だと思いました。とても強い選手ですが、勝つのは私です」と団体を通じ、力強くコメントしていた。

関連するニュースを読む

近藤朱里 5・19UFCチリ大会参戦

5月19日のUFCチリ大会で今年初戦を迎えることになった女子ストロー級の近藤朱里

 米総合格闘技UFCの女子ストロー級を主戦場とする近藤朱里(28=ボスジムジャパン)が5月19日のUFCチリ大会に参戦することが11日までに内定した。

 自身のツイッターで報告したもので、同級5分3回でポリアナ・ボテーリョ(29=ブラジル)と対戦する。昨年9月のUFC日本大会で白星デビューを飾って以来となるUFC2戦目。近藤は「相手も強いですが、気を引き締めてがんばります」とつづった。

 対戦相手のボテーリョは昨年10月のUFC216大会でUFC初勝利を飾っている。

関連するニュースを読む

朱里がUFC大舞台へ意欲「スターになりたい」

UFC参戦に備え、充実した笑顔をみせる近藤朱里

 米総合格闘技(MMA)のUFCは9月23日、2年ぶり5回目となる日本大会・UFCファイトナイト・ジャパンをさいたまスーパーアリーナで開催する。

 パンクラスで活躍していた女子格闘家の朱里(28=ボスジムジャパン)が、本名「近藤朱里」のオクタゴンネームで世界最高峰とされるMMAの大舞台に立つ。女子ストロー級5分3回で、ジョン・チャンミ(19=韓国)との対戦が決定。このほど日刊スポーツなどのインタビューに応じ、UFC王座奪取に向けた第1歩を踏み出す決意を示した。

 空手をベースにした打撃を武器に、08年にファイティングオペラ「ハッスル」でプロレスラーとしてデビューを果たした朱里。プロレスの枠だけにとらわれず、キックボクシングのKrushにも参戦。16年からは総合格闘技のパンクラスと契約を結び、MMAに本格挑戦し、現在5連勝中だ。

 「UFCと契約できたことは本当にうれしかったです。UFCに集まる選手は本当にすごいと思います。これでUFC王者になるためのスタートラインに立てます」

 総合格闘技デビューから約1年半でのUFC参戦となった朱里は明確な目標を掲げている。ターゲットは女子ストロー級王者ヨアンナ・イェンドジェイチェク(30=ポーランド)。

 「ヨアンナ選手と試合するまでいきたいです。本当に自分が勝ち上がっていくことが大事。今回の日本大会でのデビューもうれしいですが、米国に行って試合がしたいです。UFC王者になって、スターを目指したいですね。もともと私はプロレスラーになる前、女優になりたかったんです。なのでUFCでスターになりたいです」

 最短距離でUFCベルトを狙う上でスタートダッシュは不可欠となる。UFCデビュー戦での白星は大事なポイント。対戦相手のチャンミは身長で5センチほど高く、既にUFCデビューも果たしている。

 「(チャンミは)打撃が強い印象。リーチもあるので、1ラウンドは見ながら相手の技を見極めてしっかり戦いたいです。まずUFCジャパンで勝って、勝ちあがっていきたいです」

 女子プロレスをはじめ、Krushやパンクラスでもベルトを巻いてきた最強女子格闘家が、ついにUFCの荒波に挑戦することになる。

 ◆朱里(しゅり)本名・近藤朱里。1989年(平元)2月28日、神奈川・海老名市出身。小学校時代に空手を習う。08年にハッスルに参戦し、プロレスデビュー。12年にキックボクシングのKrushに参戦。14年に初代Krush女子王座決定戦を制し、初代女王に。16年1月にパンクラスと契約。同4月のパンクラス277大会で、浅倉カンナに判定勝ちし、白星デビュー。17年5月にパンクラス女子ストロー級王者に。同7月にUFCとの契約。父が日本人で、母がフィリピン人。164センチ、58キロ。

関連するニュースを読む

UFC日本カード発表 朱里がチャンミと対戦

 米総合格闘技UFCジャパンは15日、9月23日にさいたまスーパーアリーナで開催する「UFCファイトナイト・ジャパン」の追加カードを発表した。

 14日に都内で開かれたファンイベントの模様が公開。パンクラスでも活躍する女子プロレスラー朱里(28)がUFCデビューし、近藤朱里としてジョン・チャンミ(韓国)と対戦することが報告された。

 男子はフライ級で井上直樹(20)-ジェネル・ソウザ(フィリピン)、佐々木憂流迦(27)-ジュシー・フォルミーガ(ブラジル)が決定。

 またK-1で活躍したグーカン・サキ(トルコ)がUFCデビュー戦としてウエルター級のルイス・エンリケ・ダシルバ(ブラジル)と対戦することも決まったという。

関連するニュースを読む