上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

元前頭里山の引退相撲 断髪式は舞の海氏らがはさみ

里山改め佐ノ山親方(左)は師匠の尾上親方から止めばさみを入れてもらう(撮影・小沢裕)

昨年11月の九州場所限りで引退した元前頭里山の引退、年寄佐ノ山(38=尾上)襲名披露大相撲が28日、東京・両国国技館で開催された。

断髪式前には、6歳の長男・瑛汰君とともに2人で最後の土俵入り。初っ切りの後には最後の取組として、やはり瑛汰君と対戦。黒房下に押し出され、集まったファンをわかせた。

十両の取組後に断髪式が行われ、約300人の関係者がはさみを入れた。大相撲評論家の舞の海秀平氏、好角家で漫画家のやくみつる、放送作家の鈴木おさむ、お笑い芸人のあかつらが、次々と別れを惜しみながら土俵へ上がった。

最後の協会関係者では、出羽海一門で日本相撲協会理事の春日野親方(元関脇栃乃和歌)、出羽海親方(元前頭小城乃花)、山響親方(元前頭巌雄)、また親交があり29日に同所での引退相撲を控える荒磯親方(元横綱稀勢の里)や安治川親方(元関脇安美錦)、現役力士では鶴竜、白鵬の両横綱や大関豪栄道、同じ鹿児島・奄美出身の幕内力士・明生らもはさみを入れた。最後に師匠の尾上親方(元小結濱ノ嶋)が止めばさみを入れた。

鹿児島商高、日大を経て04年春場所で初土俵。幕内6場所、十両41場所と関取として47場所を務めた。通算493勝の白星を35手の決まり手で奪った業師は断髪式を終え、整髪になると「(今までと)違う。夢心地、夢を見ているみたい」と鏡を見やりながら不思議そうな顔をした。約300人がはさみを入れた断髪式は、東西南北と4方向に向きを変えながら行ったが「全部の方向を回って、こんなにお客さんが来てくれたんだ、とうれしさと驚きがあった。相撲界に入って思い入れがたくさんある人たちばかり。名前が呼び上げられるたびに、思い出がよみがえってきた」と感慨深げに話した。

佐ノ山親方として次の仕事が待っている。「いろいろな人に支えられているのだから感謝の気持ちを忘れないこと。相撲を教える前に、そこです」。私的な? 夢もある。この日、一緒に土俵入りや取組もあった瑛汰君のこと。既に相撲を始めており「(自分の)意志を継いでくれたら。横綱を目指して頑張ってほしい」と目を細めていた。

長男瑛太くん(右)といっしょに最後の土俵入りを披露する里山(撮影・小沢裕)
断髪式を終えた里山改め佐ノ山親方(左)は、(右へ)長男瑛太くん、長女さくらちゃん、美菜夫人ら家族から心配そうに見守られながら整髪する(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

秀ノ山襲名の元天鎧鵬「上を目指す力士育てたい」

長男維風輝君を抱いて最後の土俵入りをする秀ノ山親方

元幕内力士で今年3月の春場所を最後に引退した元天鎧鵬の引退、秀ノ山襲名の断髪式が8日、両国国技館で開かれた。

断髪式には、日大時代の恩師で日大の田中英寿理事長、お笑い芸人のあかつ、放送作家の鈴木おさむらが出席。日本相撲協会関係者では、一門の春日野親方(元関脇栃乃和歌)ら親方衆、関取衆では親交のある横綱白鵬(34=宮城野)、一門の大関豪栄道(33=境川)、十両豊ノ島(35=時津風)が出席。約150人の最後に、同じ熊本・文徳高-日大を経て角界入りした師匠の尾上親方(元小結浜ノ嶋)が止めばさみを入れ断髪式は終了した。

断髪式後、整髪中に取材対応した秀ノ山親方は「来ていただいた方、それぞれに思い出があります。横綱、大関、親方衆もたくさん来ていただいて本当にうれしかった。涙は出なかったけど感動しました」と話した。

今後は尾上部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたるが「相撲界に入って思ったのは、あきらめないで良かったな、ということ。関取を育てたいけど、第一に貪欲な、あきらめないで上を目指す力士を育てたい。結果はどうあれ一生懸命、頑張って気持ちを表に出すような」と抱負を語った。明るい性格そのままに、約12年をともにしたマゲとの別れにも「髪を洗う時も『何もない』って。スッキリしました。石立鉄男です」と周囲を笑わせた。断髪式前には10カ月の長男維風輝君を抱いて最後の土俵入り。「本当は地方巡業で関取として子供を抱いて(の土俵入り)が理想だったけど、でも最後にこうやって土俵入りが出来て良かった」と父親の顔をのぞかせていた。

断髪式で秀ノ山親方のマゲに、はさみを入れる尾上親方
断髪式で秀ノ山親方(左)に花束を贈る亜香利夫人
断髪式後、整髪を終え長男維風輝君を抱く秀ノ山親方(左)と亜香利夫人

関連するニュースを読む

白鵬と花田虎上氏がトーク 日馬富士関事件は触れず

第8回白鵬杯で元横綱若乃花の花田虎上氏(右)とトークショーで盛り上がる白鵬(撮影・小沢裕)

 大相撲の横綱白鵬(32=宮城野)が主催する「第8回白鵬杯」が12日、東京・両国国技館で行われ、貴乃花親方(元横綱)の兄で3代目横綱若乃花の花田虎上氏(47)が、白鵬とのトークショーにサプライズゲストとして登場した。

 本土俵の上に白鵬と並んでイスに座りトークを展開。00年春場所で引退して以来に国技館の土俵に上がったといい「良いですね雰囲気が。辞めて分かるものですね」としみじみとした。白鵬とは初対面で「大きいねー。やっぱり大きい」と驚きながらも「みなさん小さくても横綱になれるんですよ。僕みたいに」と子どもたちに呼びかけて笑いを誘った。

 司会の鈴木おさむ氏から相撲を始めたきっかけを聞かれると「10歳からです。始めたきっかけはわんぱく相撲というのあるんですが、小学校の担任の先生に『やってみないか』と言われたのが最初。それまでは父(故二子山親方で元大関貴ノ花)から相撲をやる? どう? という言葉は一切なかった」とエピソードを披露した。約15分間のトークショーだったが、元横綱日馬富士関の傷害事件に関する話題は出なかった。

第8回白鵬杯で行われたトークショーの前に元横綱若乃花の花田虎上氏(右)と抱擁を交わし笑顔を見せる白鵬(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

鈴木おさむ氏白鵬杯で力士の「種」に感動

鈴木氏(右)デザイン「鈴木おさむ賞」ベルトを受け取った中西くん(撮影・鎌田直秀)

 横綱白鵬(28=宮城野)主催の「第4回白鵬杯」が2日、東京・両国国技館で開催された。国内外の小中学生566人が参加。

 今回は白鵬の友人で放送作家の鈴木おさむ氏(41)が同杯の総合プロデュースを務めた。1番印象に残った選手に贈る「鈴木おさむ賞」は、小学1年生の部で個人戦準優勝した中西海心くん(和歌山市相撲教室)が受賞。同氏デザインの「チャンピオンベルト」がプレゼントされた。

 鈴木氏は「決勝で負けてはしまいましたが、1年生から相撲を始めた種といった感じで、その気持ちに感動しました。彼の相撲で会場が1つになった。大会を盛り上げてくれました」と評価。中西くんも「格好いいし、うれしい。白鵬さんのような、強いお相撲さんになりたいです」と、重そうに腰にベルトを巻いた。

関連するニュースを読む

白鵬、アマ選手権を母国モンゴルに招致

 横綱白鵬(28)が27日、アマチュア相撲の世界選手権を将来、モンゴルに招致する考えを明かした。現在はモンゴルで相撲連盟の理事を務めており「来年は台湾で開かれるので、2年後かその後にモンゴルでも開きたい」と意欲を見せた。

 この日は放送作家の鈴木おさむ氏のTOKYO FM「よんぱち」に、自身初となる生出演。自らが名誉会長を務め、来年2月2日に開く子ども相撲大会「白鵬杯」(両国国技館)は鈴木氏に総合プロデュースを依頼しており、芸人のよゐこ浜口も参加するという。「中国からも参加して、日本とモンゴル、韓国の4カ国で盛り上がる。現在500人を超えています」とPRした。午後からは日本プロスポーツ大賞の表彰式に出席、殊勲賞を受賞した。

関連するニュースを読む

大喜鵬、鈴木おさむ氏から化粧まわし

大喜鵬十両昇進披露宴であいさつをする鈴木おさむ氏。右は大喜鵬

 新十両大喜鵬(23=宮城野)に、放送作家の鈴木おさむ氏から化粧まわしが贈られることが決まった。1日、両国国技館大広間で十両昇進披露宴が行われ、出席した鈴木氏は「デザインはまだ決まってませんが、手塚治虫さんが描いた『火の鳥』を使ったものにします」と話した。「鵬」と「鳳」が同じ意味のため、火の鳥を採用する。また鈴木氏から「うちの妻(森三中の大島美幸)に似ていると思いませんか」と言われた大喜鵬は「しこ名の通り、喜んでいただける相撲を取りたい」と抱負を語った。

関連するニュースを読む