上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

石井慧が錦織圭の五輪開催疑問符に「綺麗事を言うな」アマ選手の胸中察し

石井慧

08年北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(34=チーム・クロコップ)は、男子テニス錦織圭(31=日清食品)が東京オリンピック(五輪)開催に疑問符をつけた記事を引用し、持論を展開した。

11日に自身のツイッターを更新。イタリア国際の男子シングルス1回戦で勝利した後の会見で「アスリートのことを考えれば、できた方がいい」、五輪が開催されれば「でないという選択肢は難しい」としながらも「コロナの感染者が出ない時にやるべきかなとは思う」とした発言について、アマチュア選手の立場と気持ちを想像しながら意見を投稿した。

石井は「競技により五輪の立ち位置は違う。テニスやゴルフなどはプロも確立されているし五輪と並ぶ名誉も何かあるだろう」と率直な意見。テニスや五輪のようなメジャー大会が存在する競技とは異なり、他競技には五輪に並ぶようなビッグイベントは少ないと指摘した。さらに石井は「五輪の為に命を削り名誉と金のために命をかけてる選手は世界に沢山いる。だからこんな綺麗事を言うな」と反論した。

ただし五輪開催について議論すべき、という錦織の意見には賛同している。「俺が(五輪開催を)反対している理由は全く違って自分が1番可愛いからにつきる」(すべて原文ママ)と投稿。4月下旬、石井は新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない現状を受け、東京五輪開催の反対を自らのツイッターで主張(現在は削除)している。

関連するニュースを読む

村田諒太の講話に錦織圭ら200人「誰かの支えに」

五輪パラリンピック強化指定選手、指導者に向けた講話に臨んだWBA世界ミドル級王者村田諒太

12年ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストでWBA世界同級王者の村田諒太(33=帝拳)が25日、東京・味の素トレセンで五輪パラリンピック強化指定選手、指導者に向けた講話に臨んだ。

男子テニスの錦織圭ら約200人の参加者を前に約1時間、08年北京五輪予選敗退からロンドン五輪金メダルまでの心境の変化、メダル獲得前後の環境の激変などを自らの経験をもとに伝えたという。村田は「少しでも、この話が誰かの支えになるようならうれしい」とエールを送っていた。

関連するニュースを読む

井上尚弥 昭和の王者を超え世界的ヒーローの可能性

18年5月、3階級制覇を果たしベルトを掲げる井上尚弥

<平成とは・バトル編(3)>

5月18日(日本時間19日)、英国のグラスゴーでWBA世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が、IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との統一戦に臨む。4人の現役世界王者らが参戦するバンタム級最強を決めるトーナメントの準決勝。無敗の王者対決は今、世界の注目を浴びている。

所属ジム会長で元WBC、WBA世界ミニマム級王者の大橋秀行(54)は「新しい時代にふさわしい試合になる。今は国内だけで防衛戦を重ねていく時代ではない。だから世界に出て勝負をかけた」と、90年2月に平成初の世界王者になった自身の頃と比較しながら、今回の試合の意義を力説する。

90年代まで世界王者になれば、国民的ヒーローになれた。ファイティング原田、具志堅用高、辰吉丈一郎……街を歩けば人が群がった。「世界王座を奪取した翌日に首相官邸に招待されて、海部俊樹首相にネクタイピンをいただきました」と大橋も現役時代を振り返る。しかし、近年は街で囲まれる世界王者は少ない。

「自分の頃はJリーグもなかったし、大リーガーもいなかった。プロスポーツの世界王者はボクシングだけ。今はテニスをはじめあらゆる競技のプロ選手が海外で活躍するようになった。その分、国内で興行を続けてきたボクシングへの注目度が薄れた。自分も責任を感じていた」。日本プロボクシング協会の会長も務めた大橋は自戒も込めて分析する。平成に入ってスポーツ界は海外への門戸が大きく開かれた。イチローや松井秀喜、錦織圭や大坂なおみの活躍で、選手に世界的な評価が求められる時代になった。

現在、日本の男子の世界王者は7人。昨年は一時11人もいた。13年に日本ボクシングコミッション(JBC)がWBAとWBCに加えて、IBFとWBOの王座も承認し、ベルトも倍増した。元WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史(58)は「昔は世界王者が最終目標だった。今は王者になってから何を残すかが問われる時代になった」と話す。

一方で日本選手の技術レベルは飛躍的に伸びた。08年に日本プロボクシング協会がU-15(15歳以下)全国大会をスタート。小中学生から全国規模で活躍できる場ができた。井上尚弥、拓真兄弟、田中恒成らの現役世界王者はこの大会の優勝者。「技術は始めた年齢に比例する。世界のリングでボディーで倒されていた日本選手が、今はボディーで倒すようになった。技術は世界でもずぬけている」と、同大会を協会会長として主導した大橋は言う。11年7月にはWBC世界スーパーバンタム級王者の西岡利晃(帝拳)が、日本人で初めて米国の本場ラスベガスで防衛に成功するなど、世界でも日本選手の評価は高まっている。

井上はプロわずか16戦で世界3階級制覇を達成。卓越したボクシングセンスと強打は、海外でも注目され、日本人ボクサーで初めて米ボクシング誌「リングマガジン」の表紙にもなった。あの昭和の王者を超える、世界的なヒーローになる可能性を秘めている。「日本から世界へ。そのレールを井上が敷く」と大橋は力を込める。

世界ヘビー級王者マイク・タイソンの東京ドーム防衛戦(90年)という「ビッグバン」で始まった平成がまもなく終わる。昭和の時代に26人だった世界王者は、平成の約30年間をへて91人まで増えた。今や日本は世界屈指のボクシング大国に躍進した。

令和の時代の幕開けを前に、大橋がこんな予言をした。

「平成はタイソンで盛り上がり、あのミドル級で村田諒太が世界王者になった。そして井上が世界で勝負をかける。日本ボクシング界は大きく変わった。あとはヘビー級。令和の時代に日本人の世界ヘビー級王者が誕生するかもしれない。そうしたら再びビッグバンが起きる」。【首藤正徳】(敬称略)

90年2月、WBC世界ストロー級王座に就いた大橋秀行

関連するニュースを読む

高安が学びたい同学年錦織の心構え「どういう考え」

大関高安(2017年5月31日撮影)

 大相撲の新大関高安(27=田子ノ浦)が5日、東京・江戸川区の所属部屋で稽古を再開し、名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)に向けて本格始動した。相撲は取らずにウオーターバッグを使った体幹トレーニングなど軽めの運動で調整。この日までに複数のテレビ番組に出演し、著名人と出会う中、今最も会いたい人物に男子テニスの錦織圭を挙げた。

 新大関になっても高安は、いつもと変わらない心境だった。名古屋場所に向けた本格始動。ウオーターバッグを使ったトレーニング、若い衆とのぶつかり稽古、最後に数回四股を踏んで汗を流した。新大関としてあらためてスタートを切ったが「変わらないですよ。いつもと流れが違うわけではないですからね」と淡々とした表情で話した。当面は体幹強化を優先していく。

 千秋楽明けからこの1週間で、テレビ番組に数本出演した。各局のアナウンサーや著名人と会った。今まであまりなかった他分野の人との出会い。この日「では、今一番会ってみたい人は」と報道陣に問われると「錦織さんですかね」と答えた。「コートを縦横無尽に走るし、テニスってハードですよね。個人競技に興味がある。どういうことを考えているのか」。競技時間は違えど、相撲も土俵の上では1人。新しい地位に就いたことで、心構えも変わってくる。世界を舞台に戦う同学年は、どういう心境なのかを知りたがった。

 これまではしこ名で呼ばれていたが、横綱、大関になると地位で呼ばれる機会が増える。「慣れていないですね。まだ反応できない」と苦笑いを浮かべ、初々しい様子だった。しかし「下手な相撲は取れない」。すでに大関としての自覚は持っていた。【佐々木隆史】

関連するニュースを読む

隠岐の海が錦織にライバル心?

<大相撲夏場所>◇7日目◇16日◇東京・両国国技館

 前頭10枚目の隠岐の海(29=八角)が薄氷の1敗キープだ。

 前頭6枚目の碧山(28)に押し込まれたが、何とか左に回り込み逆転の突き落とし。「何とか、たまたま勝った」と息をついた。テニス界で注目を浴びる同じ島根出身の錦織圭について「向こうはすごい。世界ですから」と謙遜しつつ「ライバル心を持ってやった方がいいのかな」。6月には結婚式も控え、気力は充実している。

関連するニュースを読む

逸ノ城 東映系列企業とマネジメント提携

羽田空港から福岡空港に出発した逸ノ城

 大相撲で人気沸騰中の逸ノ城(21=湊)が、マネジメント会社と提携することが決まった。湊部屋関係者が26日、「CM起用や、テレビの出演依頼が数多く来るようになってきたので、取捨選択の判断をしていただくことになりました」と話した。映画会社の東映系列企業で、土俵外に限って支援を受ける。

 秋場所で新入幕ながら13勝を挙げて優勝争いし、一気に注目度が上がった。場所後もテレビ出演や、相撲以外の媒体からの取材も続き、疲労やストレスから帯状疱疹(ほうしん)を発症して入院。秋巡業の途中休場を余儀なくされた。今後もメディア露出の機会増加は確実で「関取のイメージに合うものを相談していきたい」と同関係者。すでに数社からCM出演オファーも届き、厳選している。

 逸ノ城はこの日、九州場所(11月9日初日、福岡国際センター)に備えて福岡入り。出発の羽田空港で遠藤の新CMをテレビで見ながら「自分も1回くらいはCM撮影とかやってみたいっすね」と意欲も見せた。

 今日27日の番付発表日には念願のまげ結いを行う予定だ。「ザンバラ髪ともお別れですね。記念に撮影しておきます」と携帯電話に保存した。新関脇が濃厚な九州で、人気も実力もさらに高める。

 ◆プロ選手のマネジメント 競技以外の活動やセカンドキャリアの支援など、選手の価値を高める活動を手掛ける。サッカーでは代理人業務も兼ねて移籍や年俸交渉などを行う場合もある。テニスの錦織圭、フィギュアスケートの浅田真央、陸上の室伏広治らが所属するIMGなどが有名。大相撲では琴欧洲親方(元大関)、横綱白鵬らが個人的にマネジメント会社と契約して土俵以外の活動をしているが、所属部屋が力士を管理することがほとんどのため異例。

関連するニュースを読む

白鵬、準V錦織「強い心を教えてくれた」

出稽古に来た友綱部屋力士の見つめる前で旭大星と相撲を取る白鵬(撮影・鎌田直秀)

 横綱白鵬(29=宮城野)は9日、東京・墨田区の宮城野部屋で、出稽古に来た友綱部屋の十両旭日松(25)、旭大星(24)らと計20番取った。

 突っ張りや引き技など、体の動きを試しながらの内容に「だんだん良くなってきている気がしますね」。千代の富士に並ぶ歴代2位タイとなる優勝31回に挑む秋場所(14日初日、両国国技館)に向けて順調さを強調した。

 また、注目していたテニスの錦織圭の決勝結果を伝え聞くと「残念だな。日本人、アジア人で(準優勝は)初だし、アジアの方々に、やれば出来るという強い心を教えてくれた気がしますね」とたたえた。

関連するニュースを読む

豪栄道が錦織絶賛「素晴らしい」

集中した表情で稽古場に立つ豪栄道(撮影・木村有三)

 大相撲の新大関豪栄道(28=境川)が7日、テニスの全米オープンで日本人で初めて決勝進出を決めた錦織圭(24)を絶賛した。

 「日本を代表して戦って、今まで日本人の誰もできなかったことを成し遂げたことは、素晴らしいですね。すごい努力をしているからこそ、ああいうことができるんだと思う」と、同じプロアスリートとして賛辞の言葉を送った。この日は、前日に続いて東京都足立区の境川部屋で、東前頭12枚目の佐田の海(27)と稽古を消化。痛めていた左膝の感覚については「まずまずじゃないですか」と話した。14日初日の秋場所(両国国技館)へ向けて、調整を続ける。

関連するニュースを読む

八重樫必殺の左フック「エア・エイ」

スパーリング後に黙々と打撃練習を行う八重樫

 WBA世界ミニマム級王者の八重樫東(29=大橋)が団体王座統一へ、1発KOの左フック「エア・エイ」を開発した。WBC同級王者井岡一翔(23=井岡)との国内初の王座統一戦(6月20日、大阪)へ向けて21日、横浜市内の所属ジムで4回のスパーリングを実施。体を空中へ跳び上がらせながら距離を詰め、同時に強烈な左フックをたたき込む大技を繰り出した。

 ヘッドギアを着けた相手を、1発でロープまで吹き飛ばすほどの威力。プロテニスプレーヤー錦織圭のウイニングショット「エア・ケイ」にちなみ、大橋秀行会長から「東(AKIRA)」の頭文字を盛り込んで命名された。この日は2回以降に計3度試して、いずれもクリーンヒット。八重樫は「相手との距離感や一瞬の間合いで、無意識のうちに打っている。結構当たる」と手応えを口にした。

 松本好二トレーナーは「身体能力がある八重樫だからこそ、打てるパンチ。井岡選手よりも経験値があるので、いろんな引き出しを用意したい」。決戦へ、ど派手な武器を用意した。【山下健二郎】

関連するニュースを読む