上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

岩谷麻優「最高の舞台を用意」世志琥の対戦要求承諾

試合前、SEAdLINNNGの世志琥(右)に3月のシングルマッチ対戦を要求したスターダムの岩谷麻優(撮影・浅見桂子)

<SEAdLINNNG新木場大会>◇21日◇新木場1stRING

スターダムの岩谷麻優(27)がオープニングで乱入し、要請を受けていた世志琥(27)との対戦を受けて立つ意思を示した。

デビュー10周年を迎え、両団体を支えてきた2人が意地とプライドをかけ、3月3日の日本武道館大会で激突する可能性が高まった。

発端は昨年12月のスターダム後楽園大会だった。試合終了後にリングに登場した世志琥と高橋奈七永から「女子プロレスのアイコン(岩谷の愛称)だったら、うちとシングルでタイマンはれよ」と言われていた。その後も返事を保留していた岩谷に対し、しびれを切らした世志琥は、今月17日の大会で「やる気ねぇんだったら、やめてもいいんだぞ。1週間以内に返事をしろ」とビデオメッセージで再び挑発。期限が近づいてきたこの日、岩谷自ら敵地に乗り込んだ。

最初は引き連れてきた渡辺桃と飯田沙耶との対戦を勧めたが、世志琥が納得するはずもなく「同期のお前(岩谷)しか興味がないんだよ」と一蹴。断られた岩谷は「日本武道館。最高の舞台を用意するんで、そこでシングルマッチやりましょう」と要求に応じた。

さらに一緒に登場した渡辺桃が、15年までスターダムに在籍していた高橋に「あなたがいなくなって、いい意味で変わった。武道館でお願いします」と対戦を熱望。高橋も「変わったところを見せてもらいましょうか。ただ、その顔がどうなっても知らないからな」と承諾した。

関連するニュースを読む

「小さな巨人」飯田沙耶がウナギ・サヤカ破り初防衛

防衛に成功しポーズを決める飯田沙耶(撮影・滝沢徹郎)

<スターダム:10周年記念日大会>◇17日◇東京・後楽園ホール

フューチャー・オブ・スターダム選手権は第4代王者・飯田沙耶(23)がウナギ・サヤカを破り、初防衛に成功した。

145センチ、54キロの「小さな巨人」が第1試合から会場を沸かせ、ベルトを守った。鍛え上げられた両腕から繰り出される強烈なエルボーとチョークでウナギを沈めた。連続逆水平で痛めつけ、ゴリラのように両手で胸をたたき、会場を味方に付けた。最後はコーナーに上り、ダイヤモンドカッターからのからだ固めで3カウント。勝利後も力こぶを観客に見せつけ、力強くガッツポーズを見せた。

スターダム加入わずか3カ月のウナギに対し、もともとは関心がなかった。今月3日の新木場大会で挑戦を受けた。同4日にデビュー2周年を迎えたウナギは、本来なら出場権がなかったが、飯田自身が昨年12月の初戴冠時に規定改定を要求。3年未満まで挑戦可能となったため、対戦が実現した。試合前からたびたびSNS等で絡んでくる相手との一戦を制し「ごちゃごちゃ言う前にリングで見せろと思っていたが、ようやくあいつとの根性と覚悟を見せてもらった」と納得の表情を見せた。

自らキャリア3年目に改定したことで、今後対戦する相手も増える可能性がある。「もっと戦いたい相手もいるだろうからどんどん来てほしい」。どんな相手が来ても、誰にも負けない怪力で仕留めるつもりだ。

ウナギ・サヤカ(右)を締める飯田沙耶(撮影・滝沢徹郎)
ウナギ・サヤカ(左)を攻める飯田沙耶(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

ウナギ・サヤカ、飯田沙耶のベルト初防衛戦相手に

試合後、飯田沙耶(右)に対戦を迫るウナギ・サヤカ(撮影・滝沢徹郎)

<スターダム:新木場大会>◇3日◇新木場1stRING

「COSMIC ANGELS」のウナギ・サヤカ、中野たむ組が「STARS」の飯田沙耶、ルアカ組に勝利した。

ウナギがルアカに大ふへん固めで3カウントを奪い、21年初勝利。試合後リング上でマイクを手にし、ベルトを持つ飯田に向かって「あなたの持つフューチャー・オブ・スターダムに挑戦したい」と表明。飯田も「条件満たしているなら初防衛戦、やってやろうじゃねえか」と応じ、17日、後楽園大会での対戦が決まった。

同ユニットで「アーティスト・オブ・スターダム」のベルトを一緒に持つ白川未奈が昨年12月26日、自身の誕生日の試合で鼻を骨折。ともにシングルのベルトを争っていくつもりだったが「早くベルトを取って未奈ちゃんを焦らせたい」。仲間ではあるが、先にベルトを手にし、待っているつもりだ。

ルアカ(奥)に大ふへん固めを極めるウナギ・サヤカ(撮影・滝沢徹郎)
ルアカ(上)に大ふへん固めを極めるウナギ・サヤカ(撮影・滝沢徹郎)
ルアカ(右)の脚を攻めるウナギ・サヤカ(撮影・滝沢徹郎)
飯田沙耶(右)を攻めるウナギ・サヤカ(撮影・滝沢徹郎)
勝ち名乗りを受けるウナギ・サヤカ(左)と中野たむ(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

DDM軍加入の元アイドルひめか、スターダム初勝利

飯田(下)を攻めるひめか(撮影・河田真司)

<スターダム:新木場大会>◇21日◇東京・新木場1stRING

3カ月ぶりに再始動したスターダムに、171センチのジャンボファイターが加わった。

21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月24日後楽園大会以来中止していた興行を約3カ月ぶりに開催。メインではジュリア(26)率いるドンナ・デル・モンド(DDM)軍と岩谷麻優(27)率いるSTARS軍が激突。DDM軍に新たに加わった“ジャンボプリンセス”ことひめか(23)が飯田沙耶にアルゼンチン式背骨折りを決めギブアップを奪い、スターダム初勝利をおさめた。

ひめかは、元アイドルグループ「スルースキルズ」のメンバー。17年に同グループの解散を機にプロレスラーに転向。同12月に有田ひめかのリング名でデビューした。以来、アクトレスガールズに所属し活動していたが、今年3月末で退団していた。

試合後、ひめかは「まぁいろいろ思うところあると思うけど、私も変化を求めて次のステージに進んでいるから、その姿を見てほしい。キラキラしているスターダムのリングで大暴れするので、目を離すなよ」と自信たっぷりに話した。

飯田(左)をアルゼンチンバックブリーカーで攻めるひめか(撮影・河田真司)  
飯田(下)を逆片エビ固めで攻めるひめか(撮影・河田真司)
STARSに勝利するドンナ・デル・モンドの、左から朱里、ひめか、ジュリア、舞華(撮影・河田真司)
STARSに勝利するドンナ・デル・モンドの、左から朱里、ひめか、ジュリア、舞華(撮影・河田真司)
STARSに勝利しインタビューに答えるドンナ・デル・モンドの、左から朱里、ジュリア、ひめか、舞華(撮影・河田真司)  

関連するニュースを読む

スターダム岩谷麻優「STARSは正統派」を宣言

スターダム2019ドラフト会議で新メンバーが決まったSTARS。前列中央がリーダーの岩谷麻優(撮影・桝田朗)

<スターダム:新木場大会>◇14日◇新木場1st RING

スターダムの2019ドラフト会議が行われ、今年の各ユニットの陣容が決定した。

メインで行われたドラフト会議5WAYバトルで、STARSの岩谷麻優、クイーンズクエスト(QQ)の渡辺桃、JANのジャングル叫女、大江戸隊の花月、多国籍軍(仮名)の木村花の各リーダーによる指名順を決める戦いが行われた。

今回は、この試合で最後に負けたリーダーのユニットは自動的に解散という厳しいルールも設けられた。試合は、花月を場外に落とし最初に勝利した岩谷が指名順1位を獲得。2位渡辺、3位が花月と決まっていき、最後は木村と叫女が軍団の存続を掛けて戦い、木村が勝利。叫女が昨年立ち上げたJANは解散となってしまった。

続けて1位から順に指名するドラフト会議が始まった。各ユニットの指名選手は次の通り。

☆STARS <1>スターライト・キッド<2>星輝ありさ<3>中野たむ<4>鹿島沙希<5>羽南<6>ザイヤ・ブルックサイド<7>飯田沙耶

☆QQ <1>AZM<2>林下詩美<3>ビー・プレストリー<4>バイパー<5>シャーダネー<6>小野崎玲皇<7>妃南

☆大江戸隊 <1>葉月<2>アンドラス宮城<3>刀羅ナツコ<4>ジェイミー・ヘイター<5>“セッション・モス”マルティナ<6>夏すみれ

☆多国籍軍(仮名) <1>ジャングル叫女<2>小波<3>マリー・アパッチェ<4>ナツミ<5>レベル・ケル<6>ボビー・タイラー<7>ルアカ<8>吏南<9>米山香織

陣営が確定しSTARSの岩谷は「これからこのメンバーでSTARSは正統派をやっていく」と宣言。QQの渡辺は「このメンバーでベルト総取りをねらっていく」。大江戸隊の花月は「これまでのメンバーにナツコさんが加わった。ナツコさんが大江戸隊で変わることを期待してください」と新メンバーに期待を寄せた。多国籍軍の木村は「スターダム所属の選手はスターダムの飼い犬。その中で野良犬の素質をもっている人を選んだ。(ユニットの名前は)ベルトを取ったら決めようと思っている。革命を起こしてみせます」と宣言した。

スターダム2019ドラフト会議で新メンバーが決まったクイーンズクエスト。前列中央がリーダーの渡辺桃(撮影・桝田朗)
スターダムドラフト会議2019で新メンバーが決まった大江戸隊。前列右がリーダーの花月(撮影・桝田朗)
スターダム2019ドラフト会議で新メンバーが決まった多国籍軍。前列中央がリーダーの木村花(撮影・桝田朗)

関連するニュースを読む