上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

葉月さな王座獲得ならず「キャリアの差を感じた」

宿舎に戻って世界戦を振り返った葉月(写真提供:YuKOフィットネスボクシングジム)

<ボクシング:IBF女子世界ミニマム級タイトルマッチ10回戦>◇30日(日本時間31日)◇コスタリカ・サンホセ

挑戦者となるIBF女子世界ミニマム級1位葉月さな(36=YuKOフィットネス)は判定負けで、王座獲得できなかった。敵地に乗り込み、王者ヨカスタ・バジェ(28=コスタリカ)に挑んだものの、3-0の判定で敗れた。

身長158センチの葉月は、王者が5センチ高い163センチという戦前データよりも小さかったとし「パワーは感じなかったが、想定していたより相手の身長が低くてやりにくかった。パンチを当てても、ディフェンスに回る判断力の早さがありキャリアの差を感じた」と振り返った。

コロナ禍の状況でコスタリカに移動し、テクニック十分の王者を撃破できなかった。葉月は「自分がもっとうまく戦えたら…悔しいです。(今後は)今は何とも言えないが私に良い話があれば」と所属ジムを通じてコメントしていた。

IBF女子世界ミニマム級王者バジェに判定負けを喫し、葉月は悔しそうな表情(写真提供:YuKOフィットネスボクシングジム)

関連するニュースを読む

葉月さな計量パス「ぶつける」ボクシング女子世界戦

IBF女子世界ミニマム級王者ヨカスタ・バジェ(右端)と計量に臨んだ葉月さな(左端)(YuKOフィットネスボクシングジム提供)

ボクシングのIBF女子世界ミニマム級タイトルマッチ10回戦は30日(日本時間31日)、コスタリカ・サンホセで開催される。挑戦者となる同級1位葉月さな(36=YuKOフィットネス)は29日(同30日)に同地で、王者ヨカスタ・バジェ(28=コスタリカ)ととに前日計量に出席。47・5キロの王者に対し、47・3キロでクリアした。

葉月は「彼女から笑顔が消えて本気モードになっていると感じた。7年前から目指してきたゴールなので今までの積み重ねをしっかりとぶつける!」と所属ジムを通じてコメントした。

IBF女子世界ミニマム級王座挑戦に向けて計量パスした葉月さな(YuKOフィットネスボクシングジム提供)

関連するニュースを読む

アバニエルが宮尾戦へ闘志 母国に勝利を

王者・宮尾綾香に挑戦するグレッチェン・アバニエル(撮影・藤中栄二)

 WBA女子世界ライトミニマム級1位グレッチェン・アバニエル(28=フィリピン)が3度目の世界挑戦に向けて意気込みを示した。

 28日、東京・後楽園ホールで同級王者・宮尾綾香(30=大橋)に挑戦するアバニエルにとって11年のIBF女子世界ミニマム級王座、昨年のWBO女子世界同級王座決定戦に続くベルト挑戦。25日、横浜市内の大橋ジムで練習を公開し「オーストラリアでハードな練習を積んできた。フィリピンで女子ボクシングは盛んではないので、自分が勝利することで盛り上げたい」と話した。

 アバニエルのマネジャーとなるロバート・ヒル氏は「攻撃的なボクシングでタイトルを獲得すると思う」と期待を寄せていた。

関連するニュースを読む

江畑佳代子11・28世界王座決定戦

3度目の世界挑戦が決まった東洋太平洋女子フライ級王者の江畑

 広告代理店勤務のキャリアウーマンが世界奪取を狙う。東洋太平洋女子フライ級王者の江畑佳代子(37=ワタナベ)が11月28日、東京・後楽園ホールでIBF女子世界ミニマム級王座決定戦に臨むことが18日、発表された。同級3位の江畑は同級1位ナンシー・フランコ(24=メキシコ)と王座を争う。協同広告社に勤務しながらジムワークを続け、3度目の世界戦のチャンスをつかんだ江畑は「仕事と両立して世界を奪いたい」と強い決意を示した。

関連するニュースを読む

江畑3度目の世界挑戦はダブル女子世界戦

3度目の世界挑戦が決まった東洋太平洋女子フライ級王者の江畑(撮影・藤中栄二)

 東洋太平洋女子フライ級王者の江畑佳代子(37=ワタナベ)が11月28日、東京・後楽園ホールでIBF女子世界ミニマム級王座決定戦に出場することが18日、発表された。

 同級3位の江畑は同級1位のナンシー・フランコ(24=メキシコ)と同王座をかけて激突する。同日に東京・五反田のワタナベジムで会見に臨んだ江畑は「3度目の世界挑戦。『三度目の正直』で奪いたい」との意気込みを示した。

 同興行では、WBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30=大橋)が同級1位グレッチェン・アバニエル(27=フィリピン)との3度目の防衛戦も予定。ダブル女子世界戦となる。

関連するニュースを読む