上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

MIO「ビックリ」コスプレラウンドガール 自身はコスプレ興味なし

試合翌日の会見を前にポーズを決めるMIO(撮影・吉池彰)

30日に横浜武道館で開催されたK-1横浜大会(日刊スポーツ新聞社後援)で、女子注目対決を制した元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者MIO(26=K-1ジムSAGAMI-ONO KREST)が31日、都内で一夜明け会見に臨んだ。

女子アトム級3分3回で、現Krush女子アトム級王者菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)を2-0の判定で下したMIOは「(菅原の)きゃしゃ体からパワーある前蹴り、ロー(キック)が武器だなと思いました。Krush王者の強さも実感しました。もっともっとアグレッシブな試合展開をしたかったな」と振り返った。

菅原戦ではコスプレイヤー篠崎こころと宮本彩希がスペシャルラウンドガールを務め、勝利後にはリング上で一緒に写真撮影した。MIOは「ビックリしました。いつもの(ラウンドガールの)お姉さんじゃなくて」と振り返り、自らのコスプレへの興味を問われ「全然、興味ないです」と笑った。また菅原に対して挑発してきたスタイルについて「もともとがこういう性格なので。もっと『素』を出していこうと。昔、16歳でデビューしていい子ちゃんぶっていたので」とキッパリ。さらに「美優ちゃんも『26歳のおばさん怖い』と言っていたそうですし、怖いと思います」とズバズバと言い放った。

K-1中村拓己プロデューサーから近い将来、再び菅原との再戦が組まれるだろうとの見通しが示されるとMIOは「私自身も近い将来、戦うだろうなと試合が終わった瞬間に思った。だから油断できないですね。Krush王座にも、どうなんだろう、興味はあります。チャンスが巡ってくれば挑戦したいと思います」と意欲をみせていた。

会見で菅原との再戦に言及するMIO(撮影・吉池彰)
菅原美優に判定勝利したMIO(中央)、右はコスプレイヤー宮本彩希、左はコスプレイヤー篠崎こころ(2021年5月30日撮影)

関連するニュースを読む

人気コスプレイヤーがK1ラウンドガール ビキニアーマーで注目浴びる

菅原美優に判定勝利したMIO(撮影・鈴木正人)

<K-1:横浜大会>◇30日◇横浜武道館◇日刊スポーツ新聞社後援

人気コスプレイヤー篠崎こころと宮本彩希が、女子アトム級MIO-菅原美優戦のスペシャルラウンドガールを務めた。セクシーなビキニアーマースタイルの衣装でラウンドボードを掲げ、注目を浴びた。

ともにラウンドガール初挑戦。宮本は「振り付けを2人で練習しました。試合ギリギリまでやっていて、いっぱいいっぱいでした」と役目を終えてホッとした笑顔を見せた。篠崎は「生で初めて試合を見ました。KOもあって、すごく迫力を感じました。機会があれば、また来たい」と興奮した様子だった。

K-1スベシャルラウンドガールを務めたビキニアーマースタイルの人気コスプレイヤー宮本彩希(左)と篠崎こころ
ビキニアーマースタイルでK-1スペシャルラウンドガールを務めたコスプレイヤーの宮本彩希(左)と篠崎こころ
3回、菅原美優(左)を攻めるMIO(撮影・鈴木正人)
3回、菅原美優(左)を攻めるMIO(撮影・鈴木正人)
菅原美優に判定勝利したMIO(撮影・鈴木正人)
MIO対菅原美優戦のラウンドガールを務めた篠崎こころ(撮影・鈴木正人)
MIO対菅原美優戦のラウンドガールを務めた宮本彩希(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

MIOが判定で菅原美優撃破「しょっぱい試合。女子を盛り上げていきたい」

<K-1:横浜大会>◇30日◇横浜武道館◇日刊スポーツ新聞社後援

K-1注目の女子対決は元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者MIO(26=K-1ジムSAGAMI-ONO KREST)が判定で制した。女子アトム級3分3回で、現Krush女子アトム級王者菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)と拳を交え、2-0(29-29、30-29×2)の判定勝利を挙げた。

多彩なキックで攻める菅原に対し、MIOは右ローキックから距離を詰めて右ストレート、左フックを狙った。相手の左前蹴りなどのキック技を回避しながら前に出て右ストレートをヒットさせ、最後まで主導権を握らせなかった。

ダウンを奪う展開とはならず、僅差判定勝ちとなったMIOは「しょっぱい試合になっちゃったんですが、アトム級、ミニマム級でK-1の女子を盛り上げていきたいと思いますので、これから見ていてください」と決意を新たに。SNSで“前哨戦”として挑発するなどMIOらしく女子対決を盛り上げていた。バックステージで菅原からあいさつを受け「本当にかわいくて。本当にかわいいんですよ。それがムカツクというか、悔しい。仲良くできるか…いや。私は性格が悪いので」と、ちゃめっ気たっぷりに笑った。

11年にシュートボクシングでプロデビューし、初代日本女子ミニマム級王者となった。大きな注目を受け、K-1参戦。20年9月のK-1大阪大会で元Krushアトム級王者高梨Knuckle美穂に判定負けを喫する試練があった。しかし今年3月のケイズフェスタ4大会Day2では元ボクシング世界王者でプロ無敗の強豪・山田真子から2度のダウンを奪ってK-1初勝利。K-1女子でも存在感をみせつけた。MIOは「高梨選手には勝ちたい、リベンジしたい」と次戦以降を見据えていた。

関連するニュースを読む

MIO「かわいいからいじめたく」菅原「怖い」回転ずし対決の“前哨戦”も

会見を前にポーズを取るMIO(左)と菅原美優(撮影・吉池彰)

30日に横浜武道館で開催されるK-1横浜大会(日刊スポーツ新聞社後援)で女子注目対決が行われる。女子アトム級3分3回で、元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者MIO(26=K-1ジムSAGAMI-ONO KREST)とKrush女子アトム級王者菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が激突する。29日には都内で前日計量に臨み、MIOは200グラム少ない44・8キロ、菅原は300グラム少ない44・7キロでパスした。

K-1女子では注目カードとなる両者の対決。MIOは「今大会ではキャリアが長い方にはなるけれど、まだまだ成長している実感もあるし。自分を信じて進化した姿をみせたい」と意気込めば、対する菅原も「すごくキャリアも上の格上の選手との戦い。とにかく全力で悔いのない戦いをしたい。一生懸命、頑張りたい」とチャレンジャー魂を燃やした。

今月上旬、菅原が人気回転ずしのチェーン店での食後、食べた皿を積み上げた写真をSNSに投稿すると、負けじとMIOも同じチェーン店での画像をアップし、菅原の枚数を超える皿数で“挑発”してみせた。その際、MIOは「見ていてちょっとイラッとしたので『対抗しよう』と思って、やり返しました」と笑いながら振り返っていた。

これを“前哨戦”ととらえたMIOは「菅原選手をみてSNSで“前哨戦”があり、かわいらしい子なのでいじめたくなった」と不敵な笑み。菅原は「顔を合わせて怖いなと。SNSで結構、あったので怖いなと思っています」と言いながらリングで決着つける姿勢をみせていた。

計量をパスして笑顔のMIO(撮影・吉池彰)
計量にパスして両手を合わせる菅原美優(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

K1菅原美優がSNS上で「前哨戦」30日対戦MIOと意地の張り合い

30日のK-1横浜大会で、MIOとの女子注目対決を控える菅原(C)K-1

K-1傘下のKrush女子アトム級王者菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が、女同士の「意地」の張り合いを制する覚悟だ。

30日に神奈川・横浜武道館で開催されるK-1横浜大会(日刊スポーツ新聞社後援)でシュートボクシング元日本女子ミニマム級王者MIO(26=K-1ジムSAGAMI-ONO KREST)との女子アトム級3分3回を控えた菅原は、新世代ファイターとしての注目度も高まる。

他団体で数々の王座を獲得し、昨年からK-1参戦したMIOとは、経験や実績では差がある。菅原は「やっぱりパンチが上手っていうのと、キャリアの長い選手なので、いろんな技を持っているだろうなとか、その場の対応が何でもできるんだろうなっていうイメージがあります」と警戒しながら最終調整を進める。既に両者はSNS上で「前哨戦」を開始している。先に菅原が回転ずしで皿を積み上げた写真を投稿すると、その後、菅原以上に回転ずしの皿を積み上げたMIOの写真がアップされ、話題となった。さらにMIOには「普段から『体重が少ない』みたいなツイートが多いですけど、“体重少なアピール”されてもって感じなんで(苦笑)、パワーで圧倒してやろうか」と挑発を受けた。

MIOにチクリと言われた菅原も黙っていられない。「体重増やすのも大変なんだよ。美容師1年目は平均5キロ近く痩せるみたいだよ! 立ち仕事で、食事も不定期、自分の場合は練習で運動量もあって、なかなか大変なんだよ!」と、まずSNSで反論。MIOの投稿は、三軒茶屋駅から所属ジムに向かう途中でチェックしたと言い「どこかで見たことのある絵だなと思って、鳥肌が立ってとっても怖かったです」と苦笑した。

写真投稿の経緯について「私にとって(食べた量を報告するのは)、減量している選手が減量の経過を写真で載せていくイメージなんですよ。パワーがない分、技術で補いたいなと思っているし、もちろんパワーをつけたくて今は必死に食べてるんで……。そう思われたんだって感じです」と振り返る。リング外の「前哨戦」で、両者ともに意地の張り合いはみせた。あとはリングで決着をつけるしかない。菅原は「プレッシャーはありますけど、これもチャンスだと思ってチャンスをつかめるようにしっかり頑張りたい」とMIO戦を見据えていた。

30日のMIO戦に向け、得意のキックを磨く菅原(右)(C)K-1
ミット打ちするKrush女子アトム級王者菅原(右)(C)K-1

関連するニュースを読む

K1、23日東京開催大会→30日横浜で開催「1週間の延期で良かった」

対戦の場が横浜に代わったMIO(左)と菅原美優(2021年4月17日撮影)

23日に東京・大田区総合体育館で予定されていた「K-1 WGP 2021」(日刊スポーツ新聞社後援)は30日、横浜武道館で延期開催される。主催のK-1実行委員会が12日、発表した。

コロナ禍での緊急事態宣言延長に伴って東京会場が使用不可となり、同実行委が近郊での早期延期開催で緊急調整した結果、昨夏開館したばかりの横浜武道館での実施が決まった。入場者は収容人数3000人の50%以下となる最大1500人を予定している。

K-1グループでは、同日午後6時から東京・後楽園ホールで「Krush・125」を行うため、横浜での試合は午前11時本戦開始、夕刻終了予定に変更される。

K-1バンタム級日本最強決定トーナメント、MIO(26)-菅原美優(21)のK-1女子アトム級スーパー・ファイトなどの対戦カードは、そのまま行われる。中村拓己K-1プロデューサーは「1週間の延期で良かった。ファンの皆さんにはご迷惑をおかけして申し訳ないが、引き続き応援いただきたい」と話した。

関連するニュースを読む

23日開催予定の「K-1 WGP 2021」は延期、緊急事態宣言延長で

この大会で実施予定の「K-1バンタム級日本最強決定トーナメント」に出場が決まっていた8人

23日に予定されていた「K-1 WGP 2021」(東京・大田区総合体育館、日刊スポーツ新聞社後援)の開催が延期される。コロナ禍での緊急事態宣言延長に伴い、同会場の使用ができなくなったためで、主催のK-1実行委員会が11日、発表した。

同大会ではK-1バンタム級日本最強決定トーナメント、MIO(26)-菅原美優(21)のK-1女子アトム級スーパー・ファイトなどが予定されていた。

延期日程と会場は未定。中村拓己K-1プロデューサーは、7月17日に「K-1 WGP 2021」福岡国際センター大会を控えていることから「6月または、7月のなるべく早い時期にやりたい」と話した。

23日にK-1WGPの開催が予定されていた大田区総合体育館

関連するニュースを読む

MIO、菅原美優と対戦に「期待以上の試合で倒し、強さを証明したい」

23日のK-1大田区大会で菅原美優との注目対決を控えるMIO(C)K-1

K-1女子注目対決を控える元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者MIO(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が「期待以上の試合」をテーマに掲げた。23日に東京・大田区総合体育館で開催されるK-1大田区大会(日刊スポーツ新聞社後援)でK-1傘下のKrushアトム級王者菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)との同級3分3回を控える。K-1移籍3戦目で組まれた注目カードに向け、気持ちは高揚するばかりだ。

今年3月のケイズフェスタ4大会Day2でボクシング元WBO女子世界ミニフライ級王者でプロ無敗の強豪・山田真子をカウンターパンチで2度ダウンを奪って勝利を挙げた。K-1初戦となった20年9月のK-1大阪大会では元Krushアトム級王者高梨Knuckle美穂に判定負けを喫したものの、山田撃破でK-1ルールに対応できたことを証明した。しかしMIOに油断はない。「前回いい形で勝つことができたのですが、まだK-1の戦い方を習得したとは言いきれないので、しっかりKrush王者に勝って堂々と『自分はK-1ルールでも通用する』と言いたいです」。

菅原とのカードは試合決定後から反響も大きい。MIOは「相手がKrush王者の菅原選手ということで、かなり注目を浴びるカードだと思います。そのなかで期待以上の試合をして、倒して勝って自分の強さを証明したいと思います」と意気込んだ。身長162センチの菅原に比べ、9センチ低いこともあり「身長がかなりあるなと思いました。相手にうまく入らせず、自分の距離で戦ったらかなり強い選手だと思います。でも今まで高身長の選手とも戦ってきたのでそこまで意識せず、自分らしく戦いたい」と気を引き締めた。

シュートボクシングで王者だった意地もある。同じ立ち技ながら戸惑いながら距離感の違いなどを克服しつつあり、菅原戦はK-1での大きなターニングポイントとなる一戦になりそうだ。MIOは「K-1は変に駆け引きしちゃうより、もうガツン!と前に出ちゃった方がいいなと思います」と初回から殴りあっていく気持ちも明かしていた。

関連するニュースを読む

菅原美優、MIOとの注目対決へ気合「勝ってK1女子を盛り上げたい」

Krush女子アトム級王座のベルトを掲げる王者菅原美優(C)K-1

K-1傘下のKrush女子アトム級王者菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)がK-1女子をけん引する自覚を示した。23日、東京・大田区総合体育館で開催されるK-1大田区大会(日刊スポーツ新聞社後援)で、元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者MIO(26=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)との女子アトム級3分3回を控える。同門でK-1女子の第一人者として知られる初代K-1女子フライ級王者KANA(28)の存在を刺激に女子注目対決を制する構えだ。

同じジムで練習するパイオニアの先輩に近づく-。MIO戦に向け、菅原は自然と気持ちが高ぶる。Krush王者として今年3月のケイズフェスタ4大会Day1でK-1白星デビューを飾った自信もある。「やっとKANAさんの背中がちょっと見えてきたかなぐらいの位置なので、しっかりここを勝ってKANAさんに近づいて、一緒にK-1女子を盛り上げたいです」と気合十分だ。

他団体で王座を獲得し、経験豊富なMIOとの対戦に向け、菅原は素直な気持ちを口にした。「試合が決まってメチャメチャ怖いです」。今年3月のケイズフェスタ4大会Day2でボクシング元WBO女子世界ミニフライ級王者でプロ無敗の強豪・山田真子(26)をカウンターパンチで2度ダウンを奪って勝利したMIOの印象が脳裏に焼きつく。「パンチが強い選手なので、倒されるかもしれない…と正直思ったし。でも、当日緊張して余裕がなくても、練習したことが絶対に試合に出ると思う。そういう状況になっても自分の力を出せるようしっかり準備します」と気を引き締めた。

MIO戦のテーマは「自分を出すこと」だという。試合前には「気持ちを吹っ切っちゃうんです。自分がやることはやったと思ってリングに立つし、それを全部出すまでが自分の目標です。自分の全部を出して負けたら自分が弱かっただけだし、勝ったら自分が上だったというだけ」と決意。得意の蹴りだけでなく、パンチ技術の進化にも手応えを持っている。菅原は「前まではパンチへの苦手意識がすごかったので、打ち合いにいく勇気がまったくなくて。最近はパンチで勝負に出ることもできるようになってきた。パンチがうまくなって蹴りの幅も広がっているので、今はいいイメージしかないです」とキッパリ。MIOとの注目対決に向け、最終調整を続けている。

23日のK-1大田区大会で菅原美優との注目対決を控えるMIO(C)K-1

関連するニュースを読む

MIO「攻撃的なスタイルを目標」K1女子の武尊を目指す

23日のK-1大田区大会で菅原美優との女子アトム級注目対決に臨むMIO(C)K-1

K-1女子の武尊を目指す-。元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者でK-1女子アトム級のMIO(26)が同門のエース、スーパーフェザー級王者武尊(29=ともにK-1ジムSAGAMI-ONO KREST)さながらの攻撃的ファイトを誓った。23日のK-1大田区大会(東京・大田区総合体育館・日刊スポーツ新聞社後援)で菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)との同級3分3回の注目対決を控える。

MIOは「女子同士が倒しちゃうという、ギャップのある試合がしたい。(所属の)KRESTらしさを女子の試合で体現していけたらと思います。やっぱりパンチが好きなので、フィニッシュはパンチでいきたいですし、武尊選手のように攻撃的なスタイルを目標としています」と注目女子対決のテーマを掲げた。同門のエースの名前を挙げながら「女子の武尊」を目指す。

今年3月のケイズフェスタ4大会Day2からの連続参戦ながらも「前回の試合が終わって、そのまま追い込みに入ったので、ずっと追い込めていて体調はいいです。すごく充実した毎日を送っています」と充実した表情。同大会メインで武尊がKrushスーパーフェザー級王者レオナ・ペタスを激しい打ち合いの末、2回KO撃破した試合を挙げ「やっぱり試合は気持ち、魂の戦いだなと思いました。今回の菅原戦は、対戦相手のタイプとしても武尊選手の戦い方がマッチするものだったので、マネできるところはマネしたいなと思います」と刺激も受けている。

現Krush女子アトム級王者でもある菅原との対戦発表の反響も大きいという。MIOは「菅原選手は華があって、今かなり波に乗ってる子だし、このまま私がやられちゃうと、そのままいい波に乗ってガーンと行っちゃうと思うので、意地でも止めたいと思います」と対抗心むき出し。シュートボクシング女子軽量級のエースとして活躍後、19年8月からK-1参戦。20年9月の高梨“Knuckle”美穂とのK-1初戦こそ判定負けを喫したものの、3月には元ボクシングWBO女子世界ミニフライ級王者山田真子からパンチで2度のダウンを奪って勝利した。MIOは「次もしっかり自分の動きを出して勝てたら『K-1の戦い方に慣れた』と言えると思います」と気持ちを高揚させていた。

所属ジムの渡辺雅和代表(左)のミットを狙い撃ちするMIO(C)K-1
真剣な表情で所属ジムの渡辺雅和代表(左)が持つミットを打ち抜いたMIO(C)K-1

関連するニュースを読む

K1女子アトム級の優、MOEと対戦「得意技を磨いている」

女子アトム級3分3回で対戦するMOE(左)と優

美容室のオーナー兼アイメークアーティストの「顔」を持つK-1女子アトム級の優(35)が、5月23日に東京・大田区総合体育館で開催されるK-1大田区大会(日刊スポーツ新聞社後援)で、高校卒業したばかりのMOE(18)と同級3分3回で対戦することが17日、発表された。

パワーと真っ向勝負が身上で、20年11月のK-1福岡大会で同団体デビューを果たした。今回は所属ジムもNEXT LEVEL渋谷に移籍し、心機一転。「環境も変わり、一から自分のスタイルに何が合うのか、得意技を磨いている。(MOEとの)試合はかみ合うと思う」と集中力を研ぎ澄ませた。

一方、今春高校卒業したばかりのMOEは「K-1に出るのが初めて。K-1デビューなので。最初から思い切りやれたらと思います」と静かに闘志を燃やした。同大会では女子アトム級で、元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者MIO(26)-現Krush女子同級王者菅原美優戦も組まれており、MOEは「しっかりと自分が目立てるように頑張りたい」と気合を入れ直していた。

関連するニュースを読む

K1大注目の1戦! MIOと菅原美優は互いにリスペクト 女子アトム級

ファン待望の1戦が決まったMIO(左)と菅原美優(撮影・吉池彰)

K-1で大注目の1戦が決まった。MIO(26)と菅原美優(21)が5月23日、東京・大田区総合体育館で開催の日刊スポーツ新聞社後援「K-1 WORLD GP 2021」で、女子アトム級(45キロ)スーパー・ファイトを行うもので、主催のK-1実行委員会が17日、都内で発表した。

2人はともに3月のケイズフェスタ4で、無敗の相手からダウンを奪って判定勝ちし、実力を見せた。菅原はDay1(21日、東京ガーデンシアター)のアトム級でNOZOMI(16)に、MIOはDay2(28日、日本武道館)の女子46キロ契約で山田真子(26)に、それぞれ初黒星をつけた。MIOは同試合の一夜明け会見で「菅原さんは華があって、倒したい1人」と話していたが、早くもその希望に応える1戦が組まれた。

会見の冒頭、菅原が「キャリアがすごく上の選手に挑む形の試合は、なかなかなかった」と言えば、MIOは「勢いに乗っている選手を倒したい」と互いに相手をリスペクトした。そして、ともに目指すK-1のベルト獲得に向けて、MIOは「私が先に行く。しっかりこの試合で自分の強さを証明する」と宣言した。菅原は所属ジムの先輩であるK-1女子フライ級王者の名を挙げ、「KANAさんといっしょにK-1女子を背負って行きたいと言ったので、大事な試合。倒しにいくと倒されそうなので、今回は勝ちにこだわりたい」と必勝を誓った。

会見で笑顔を見せる菅原美優(撮影・吉池彰)
会見でKO勝利を誓うMIO(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

MIO勝利一夜明け K1新階級ベルト獲得宣言

試合一夜明け会見で笑顔を見せるMIO(撮影・吉池彰)

K-1期待の女子ファイターMIO(25)が29日、K-1新階級のベルト獲得を宣言した。ケイズフェスタ4Day2(28日、日本武道館、日刊スポーツ新聞社後援)の女子46キロ契約スーパーファイトで、山田真子(26)に判定勝ち。この日は都内での一夜明け会見に臨み、今後の目標に向け、やる気を見せた。

これまで48キロ(ミニマム級)が主戦場だったが、28日の勝利で45キロ(アトム級)も視野に入ってきた。昨年9月はミニマム級でのK-1初リングで、高梨knuckle美穂(27)に判定負け。今回は元プロボクシング世界王者山田から2度のダウンを奪ってのK-1初勝利を飾った。

今後については、48キロで高梨にリベンジを目指す一方、45キロで菅原美優(21)とやりたい気持ちもある。「菅原さんは華があって、倒したい1人になっている」というMIO。28日に45・6キロでリングに上がった試合で、「いろんな方から今までで一番動きが良かったと言われた」。自身でもそのことは実感しているようで、ファンの期待する菅原戦が今後、現実味を帯びてきた。

MIOとの対戦が待たれる菅原美優(3月22日撮影)

関連するニュースを読む

MIOがK1初勝利、元ボクシング世界王者に判定

MIO対山田真子 判定勝ちしたMIO(左)(撮影・丹羽敏通)

<K-1:ケイズフェスタ4Day2>◇28日◇日本武道館

女子46キロ契約スーパーファイトは、初代シュートボクシング日本女子ミニマム級王者のMIO(25)が、元プロボクシングWBO女子ミニフライ級王者の山田真子(26)に3-0で判定勝ちした。

MIOがK-1初勝利を挙げた。38勝4敗の戦歴を引っさげて昨年9月、K-1リングに登場したが、高梨knuckle美穂に判定負け。今回は元プロボクシング世界王者から2度のダウンを奪い、見事なフルマークでの勝利となった。

「K-1で初勝利を飾ることができ、安心したのとうれしい気持ちでいっぱい」とMIOは安堵(あんど)の笑みを浮かべた。ここまで10戦負けなしの相手について「近い距離のテクニックがうまい」と評したMIOは、所属ジムでの練習で「強気に行く」スタイルを体にたたき込んだ。結果は「女子高生以来7年ぶりにダウンも取れた。次は高梨選手に絶対リベンジする」と笑った。

今後の目標はK-1女子新階級のベルト獲得。「自分は48キロ(ミニマム級)しかやってこなかったが、45、46キロもありかと思う」と、この日の出来に、アトム級(45キロ)にも狙いをつけていた。

MIO対山田真子 3回、パンチを打ち込むMIO(左)(撮影・丹羽敏通)
MIO対山田真子 2回、ダウンを奪ったMIO(左)(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

高梨knuckle美穂が判定勝ち「詰めが甘く」

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(左)に判定勝ちする高梨(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

女子ミニマム級で元Krush女子アトム級王者の高梨knuckle(ナックル)美穂(27)が、元シュートボクシング(SB)日本女子ミニマム級王者のMIO(25)に3-0の判定勝ちをした。MIOは地元大阪でのK-1デビュー戦を勝利で飾ることができなかった。

前蹴りでリーチに劣る相手に距離をつかませない頭脳的な戦略を見せた。スキを見つけるとすかさずワン・ツーでポイントを稼いだ。ほぼクリーンヒットをもらわず完璧な勝利だった。

KO決着を望んでいた高梨は「詰めが甘くて倒すことができなかった。コロナが落ち着いて、トーナメントができるようになったら、外国人とやりたい」と語った。MIOは「調子が悪かったわけでもない。自分の距離がつかめなかった。(高梨とは)ライバルとしてからんでいけたらなと思います」と話した。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(左)にパンチを浴びせる高梨(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(右)にパンチを浴びせる高梨(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

RENA妹分のMIO「こんな状態で試合はやめて」

RENAの様子を投稿した女子シュートボクサーのMIOのツイッター

大みそかのRIZIN14大会(さいたまスーパーアリーナ)に向けた減量に失敗して失格となったRENA(27)に対し、妹分の女子シュートボクサーMIO(23)がねぎらいの言葉を送った。

30日に自身のツイッターで、「今日RIZINの計量前、最後の調整をしていたRENAちゃんが倒れてしまいました。7月の2連戦からホルモンバランスが凄く乱れてて今回も女性の周期と減量が重なり苦しんでました。女子アスリートしかわからないと思いますが悔し泣きしているRENAちゃんを見て私も涙が出ました。とにかく早く回復してほしい…」とつぶやき、マスクをして横たわっているRENAの写真を掲載した。

RENAは対戦相手のフランソワと新たな契約体重を話し合い、合意すれば試合を実施する見通し。しかし、MIOは「そして周囲から試合を望まれていま悩んでるみたいだけど私はこんな状態で試合なんて本当に心配だからやめてほしいのが本音です」ともツイートした。

関連するニュースを読む

“修斗のカリスマ”推薦で格闘代理戦争にMIO参戦

AbemaTV「格闘代理戦争3rdシーズン」への参戦が決まったMIO(左)と佐藤ルミナ氏

RIZINなどで活躍する女性総合格闘家RENA(27=シーザージム)の後輩で、シュートボクシング日本ミニマム級王者のMIO(23=シーザージム)が、インターネットテレビ局AbemaTV「格闘代理戦争3rdシーズン」(土曜午後10時)に“修斗のカリスマ”佐藤ルミナ氏(44)の推薦選手として参戦することが2日、明らかになった。6日放送の第2話から出演する。

「格闘代理戦争」は、格闘技界の次世代スターを誕生させるべく、レジェンドや大物格闘家が若手の選手を推薦、指導する様を追う格闘ドキュメンタリー番組で、17年11月12日に1stシーズンの放送が始まった。9月29日に始まった「-3rdシーズン」は今、最も熱いと評判の“ジョシカクMMAこと、女子の総合格闘技がテーマとなった。

MIOはMMAに初挑戦する。既に佐藤氏の指導のもとで初めての練習を終え、「格闘技を始めた時に感じて以来の楽しさ」と好感触を口にしている。佐藤氏も「MIO選手と自分の、選手と指導者としての相性がいい」と話すなど、充実ぶりを隠さなかった。

「-3rdシーズン」には、亡き山本“KID”徳郁さんの弟子・辻本拳也を下し「-2ndシーズン」で優勝したユン・チャンミンを指導した秋山成勲、総合格闘家の青木真也、相撲界からも現役力士の石浦が、元修斗世界ライト級王者宇野薫のサポートを受けて初参戦を表明している。

関連するニュースを読む

7月14日IGF大阪でシュート試合

尾方健一シュートボクシング協会代表(左)とサイモン猪木IGF取締役

 IGFは27日、7月14日の大阪大会(ボディメーカーコロシアム)でシュートボクシングのカードを組むことを発表した。10年女子世界王者RENA(20)-MIO(17)、日本フェザー級王者ナグランチューン・マーサM16(33)-同級3位元貴(21)の2試合。サイモン猪木取締役(38)は「シュートボクシングとIGFのイメージは共通する。迫力ある試合を期待する」。尾方健一シュートボクシング協会代表(37)は「アーツやレバンナの弟子で、いい選手はシュートに出場させたい」と話した。

関連するニュースを読む

IGF大阪大会でシュートボクシング

尾方健一シュートボクシング協会代表(左)とサイモン猪木IGF取締役

 IGFは27日、都内で会見して7月14日の大阪大会(ボディメーカーコロシアム)でシュートボクシングのカードを組むことを発表した。10年女子世界王者RENA(20)-MIO(17)、日本フェザー級王者ナグランチューン・マーサM16(33)-同級3位元貴(21)のエキシビション2試合。

 RENAは練習中に右足を骨折して、昨年11月以来8カ月ぶりの試合復帰。尾方健一シュートボクシング協会代表(37)は「復帰の試合を大きな会場で出来ることを感謝しています。うまく次の試合につなげられれば。シュートボクシングらしいスピード感ある戦いと投げ技、絞め技を見せられれば。IGFのピーター・アーツやジェロム・レバンナの弟子で、いい選手はシュートボクシングに出場させたい」と今後の交流を見据えた。

 IGFのサイモン猪木取締役(38)は「シュートボクシングは、カール・ゴッチさんとかIGFとカラーが共通するところがある。出来たら、ウチの選手もシュートボクシングに行って、お互いに業界を盛り上げていければ」と話した。

関連するニュースを読む

女子高生パンチ!JKS48が開幕/SB

1回戦を突破したMIO

<SHOOT BOXING2012~Road to S-cup~act.2>◇13日◇後楽園ホール

 48キロ以下の女子高生ファイター限定のトーナメント「JKS48」が開幕。優勝候補でRENAの妹分MIO(16=及川道場)は1回戦で吉良優輝(15=魁塾)と対戦した。パワーで押される場面もあったが、キレのあるパンチで応戦。2度の投げを決めてシュートポイント2を獲得し、判定ながら貫禄の勝利を収めた。試合後は「プレッシャーがないと言ったらウソになるけど、自分の戦いをしていくだけ。優勝してRENAちゃんに近づきたい」と笑顔を見せた。

 また、大塚尚子(17=シーザージム新小岩)がRANNA(15=P-WOSH空手)にTKO勝利。MIOとともに「Girls S-cup2012」(8月開催)で行われる準決勝戦に駒を進めた。

関連するニュースを読む