上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

アルバレス戦敗退の前王者サンダース、眼窩底など3カ所骨折の手術を報告

ボクシング前WBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英国)が10日(日本時間11日)、顔面3カ所の骨折を報告した。

自らのSNSを更新し「眼窩(がんか)底とほおの骨折が3カ所ありました。手術はうまくいきました」と投稿。8日に米アーリントンでWBAスーパー、WBC世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)との3団体統一戦に臨み、棄権による8回終了TKO負けを喫した。8回途中、アルバレスの右アッパー強打で右目周辺が大きく腫れて試合棄権し、右眼窩(がんか)底骨折の疑いなどで病院に直行していた。

ミドル級、スーパーミドル級の2階級制覇を達成し、08年から30戦全勝だったサンダースはプロキャリアをアルバレスの強打に砕かれた。今週半ばまでは搬送先の病院で過ごす見通し。サンダースは「(アルバレスの)良いショットに捕まり、その後は視界がなくなった。試合を見てくれたすべての人に感謝します」などとつづった。

関連するニュースを読む

高山勝成「次戦につなげたい」現役続行示唆、不可解TKO負けで不完全燃焼

不可解なTKO負けを喫した高山勝成は観客に手を振る(AP)

<プロボクシング:WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇8日(日本時間9日)◇米国テキサス州アーリントン

挑戦者の同級11位高山勝成(37=寝屋川石田)が不可解なストップ負けで2階級制覇を逃した。

同級王者エルウィン・ソト(24=メキシコ)に挑戦。9回、大きなダメージも見られない中、レフェリーが突然ストップをかけTKO負けとなった。高山は試合続行可能をアピールするようにシャドーボクシングを披露。「驚きました」と話し、今後の現役続行を示唆した。

   ◇   ◇   ◇

謎のストップだった。9回、挑戦者の高山は王者ソトと打ち合った。それまでもダウンはない。大きなダメージは見られなかったがレフェリーが突然、高山を抱きかかえて試合を止めた。「スタミナも十分残し、ダメージも少ない中、思わぬところでレフェリーストップとなり驚きました」。試合後、高山のコメントがすべてを表現していた。

確かに試合の流れは王者だった。高山は1回から強打でグラつかされたが、手数で抵抗。最後の勝負をかけるところで、予想さえしないレフェリーストップ。ダメージのなさ、まだ戦える意思表示のように激しいシャドーボクシングを披露。「ソト選手のパンチは芯を外していました。そのことを示すために行った試合終了後のシャドーボクシングに対する観客の大声援に感謝します」と言った。

ミニマム級で主要4団体を制した。日本ボクシングコミッション(JBC)を脱退し、当時非公認だったIBFの世界タイトルに挑み、アマチュアに転向。かなわなかったが、東京五輪を目指した。根底には常に反骨と改革がある。昨年、37歳の誕生日を迎えた際も「年齢の壁を越えてもやれることを証明したいとか、そういう思いはあまりない。ただ自分が成し遂げたい。あと1、2年と思っているので、たどり着けるところまでやっていきたい」と言った。限界を設けない。自分への挑戦だった。

今月12日に38歳となる。2階級制覇の目標を遂げて引退も示唆していたが、この日の試合後は「次戦につなげたい」。不完全燃焼の挑戦失敗を次の戦いへの闘志に変えた。【実藤健一】

◆高山勝成(たかやま・かつなり) 1983年(昭58)5月12日、大阪市生まれ。00年10月プロデビュー。05年4月、WBC世界ミニマム級王座獲得。06年11月、WBA世界同級暫定王座。10年9月にIBF、16年8月にWBO王座を獲得し、同級主要4団体を制す。17年4月にプロを引退し、アマチュアで東京五輪を目指す。19年8月、予選で敗れて五輪の夢が断たれる。20年3月にプロ復帰を表明し、同年12月に再起戦で勝利。身長158センチの右ボクサーファイター。32勝(12KO)9敗1無効試合。

試合を止められ、不満げな表情を見せる高山(ロイター)

関連するニュースを読む

3団体統一王者アルバレス、次の野望はIBF無敗王者プラント 9月目指す

WBA、WBC、WBO3団体のベルトを手にするアルバレス(AP)

<ボクシング:WBAスーパー、WBC、WBO世界スーパーミドル級王座統一12回戦>◇8日(日本時間9日)◇米テキサス州アーリントン・AT&Tスタジアム

「カネロ」の愛称を持つWBAスーパー、WBC世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)がWBA、WBC、WBOの3団体統一に成功した。

30戦全勝のWBO世界同級王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英国)に8回終了TKO勝ち。WBAは3度目、WBCは2度目の防衛となった。次戦は9月、4団体統一戦の実現を希望した。

 ◇   ◇   ◇

試合後の会見場で、アルバレスは、ほぼダメージのない表情だった。「試合は8回前後に動くと思っていた」と涼しい顔。苦手とされていたサウスポーのWBO王者をプラン通りに攻略したことを明かした。「思ったよりも難しくなかった。準備は整っていた。日々、向上している手応えもあった」と振り返った。

5回にサンダースの左ストレート、左ショートを浴びた以外、アルバレスはほぼ完璧に防御していた。常に圧力をかけ、左ボディーブローをねじ込み、WBO王者のスタミナを削っていった。ほぼ勝負を決めたと言っていい8回、カウンターでの右アッパー強打でサンダースの右目下カットに追い込み、試合続行不可能にさせてしまった。

サンダースの棄権でTKO勝ちしたアルバレスは「ラウンドごとに私が勝っていた。これが最終的な結果になると知っていたし、私は彼の頬骨を折り、コーナーから出てこないことも分かっていた」と手応え十分のパンチだったようだ。

3団体統一王者の野望は、もちろん残りIBF王座の獲得にある。21戦全勝のIBF王者ケイレブ・プラント(28=米国)との対戦に向け、アルバレスは「それが次の計画です。(IBF)ベルトにいきます。その戦いを欲している。ファンに最高のファイトを与えてほしい」と4団体統一戦を希望した。契約を結ぶ英プロモート大手マッチルーム社のエディ・ハーン代表は「その戦いを実現するだけ。次戦組まれる唯一の試合で、プラントが同じように感じていることを願っている。彼が先日のインタビューでカネロに言及していなかったことを知っているが、9月には実現させたい」と言葉に力を込めた。

サンダース(右)にTKO勝ちし3団体統一王者となったアルバレス(AP)

関連するニュースを読む

プロ初黒星サンダースに右眼窩底骨折の疑い 右目周辺が大きく腫れ棄権

<ボクシング:WBAスーパー、WBC、WBO世界スーパーミドル級王座統一12回戦>◇8日(日本時間9日)◇米テキサス州アーリントン・AT&Tスタジアム

WBAスーパー、WBC世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)に棄権による8回終了TKOで敗れ、プロ初黒星を喫したWBO世界同級王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英国)が右眼窩(がんか)底骨折の疑いが出てきた。

8回、アルバレスのカウンター気味の右アッパー強打で右目下をカットし、右目周辺が大きく腫れたことで試合続行できず、棄権した。プロ31戦目で初めて負けたサンダースは試合後、父トム氏ら陣営とともに地元の病院に直行していた。

関連するニュースを読む

【評論】高山勝成TKO負けも持ち味は十分に出した内容/大橋秀行氏

王者ソトと戦う高山(AP)

<プロボクシング:WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇8日(日本時間9日)◇米国テキサス州アーリントン

挑戦者の同級11位・高山勝成(37=寝屋川石田)が王者エルウィン・ソト(24=メキシコ)に9回TKOで敗れ、2階級制覇はならなかった。

  ◇   ◇   ◇

<大橋秀行氏の目>

判定までもつれたら分からない展開になりつつあっただけに、高山にとっては残念な結果だった。課題だった1回の動きは、やはり良くなく、少し腰が落ちてしまうほどの右ストレートを浴びてしまった。普通なら、あれで試合が終わってもおかしくないパンチだったが、2回以降に持ち前の連打で挽回していた。ソトの拳は的確かつ強く、有効打も多かったが、高山は粘りと気合で持ちこたえ、打ち返した。短期間での準備だったと思うが、持ち味は十分に出した内容。米国で大和魂をみせてくれた。

手数で上回っていただけに、高山が中盤から終盤にかけてポイントを奪い返すチャンスはあった。レフェリーストップが少し早かったとも感じるが、7、8回のソトの左強打や連打が効かされているようにみえたことが影響したのだろう。さらに9回は王者の軽いパンチ、強いパンチを自由自在に打たれ、レフェリーストップになりやすい展開を作られてしまったことも大きい。準備期間が十分にあったソト陣営に高山の戦いは研究し尽くされていたのではないだろうか。

またソトの一発-高山の連打という構図の試合展開で、軽量級ながらも米ボクシングの屋内観客数を更新する7万人を超える観衆をわかせていたのも非常に印象的だった。大舞台でも冷静で戦っていた高山の経験の豊富さを感じられた1戦でもあった。(元WBA、WBC世界ミニマム級王者)

王者ソトと戦う高山(AP)

関連するニュースを読む

アルバレス3団体統一、43年ぶり米ボクシング屋内観客記録更新7万人超え

サンダース(右)にパンチを浴びせるアルバレス(AP)

<ボクシング:WBAスーパー、WBC、WBO世界スーパーミドル級王座統一12回戦>◇8日(日本時間9日)◇米テキサス州アーリントン・AT&Tスタジアム

「カネロ」の愛称を持つWBAスーパー、WBC世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)が3団体統一に成功した。

30戦全勝だったWBO世界同級王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英国)に8回終了TKOで初黒星をつけ、王者対決を制した。

WBAは3度目、WBCは2度目の防衛にもなった。サウスポーのWBO王者に左を警戒しながら圧力をかけ、ボディーブローでスタミナを削った。サンダースの右目下がカット、大きく腫れ、試合が止められた。

コロナ禍にもかかわらずスタジアムに集結したファンは7万3126人にのぼり、米ボクシングの屋内観客数記録をマーク。78年9月、ニューオーリンズのスーパードームで開催されたムハマド・アリ-レオン・スピンクスの再戦に6万3352人の観衆を集めた記録を43年ぶりに更新した。

アルバレスは18年10月にスポーツ動画配信サービスDAZNと5年11試合で3億6500万ドル(約402億円)の大型契約を結んだ世界4階級制覇王者。また米老舗専門誌ザ・リングのパウンド・フォー・パウンド(階級を超越した王者)ランキングで19年11月から1位をキープするなど、ボクシング界のスーパースターとして注目されている。

関連するニュースを読む

井岡一翔の薬物疑惑騒動で「ゼロ回答」届く、畑中会長「会見を考えてます」

20年12月31日、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで田中恒成(手前)をTKOで破り喜ぶ井岡一翔

4階級制覇のWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=Ambition)の薬物疑惑騒動に関し、日本ボクシングコミッション(JBC)長岡勤コミッショナー宛てに4月30日付で内容証明で質問状を送付していた畑中ジムに8日、回答書が届いた。

同ジムの世界3階級制覇王者・田中恒成(25)が昨年末、井岡に敗れているが、その試合前のドーピング検査で井岡は、禁止薬物に陽性反応を示している。元WBC世界スーパーバンタム級王者の畑中清詞会長は「ゼロ回答です」と話し、「今後、各所と精査した上で会見を考えています」と話した。

関連するニュースを読む

寺地拳四朗「勝つ可能性は十分にある」高山勝成の王座戦を予想

寺地拳四朗(2019年12月24日撮影)

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチが8日(日本時間9日)、米国テキサス州アーリントンで行われる。

王者エルウィン・ソト(24=メキシコ)に、同級11位の高山勝成(37=寝屋川石田)が2階級制覇をかけて挑む。若さと破壊力の王者に、キャリア豊富な高山が挑む。WBC同級王座を8度防衛している寺地拳四朗(29=BMB)は「高山選手が勝つ可能性は十分にある」と予想した。

    ◇   ◇   ◇

寺地は将来的に対戦の可能性がある相手として、高山を見てきたという。

「現時点の実力は分からないがスタミナはある。ソト選手は自分自身、そんなに強い選手とは思っていない。高山選手は豊富なスタミナで相手のメンタルを削る戦いができる。パンチさえ当てさせなければ、勝機は見えてくると思う」。

王者は18勝(12KO)1敗の戦績を誇るハードパンチャー。一方で高山は32勝(12KO)8敗1無効試合で42戦目となるキャリアが最大の武器。アウトボクシングの印象が強いが、王者寺地は「ガンガン打ち合うんじゃないですかね。自分の感覚では、ファイターだと思っている」と意外な印象を口にした。

高山は今月12日に38歳の誕生日を迎える。「38歳まで続けられるのはすごいと思うし、日々の練習があってこそだと思う」とリスペクト。その上で「(王座を)とって盛り上げてくれないかと期待している。(対戦は)全然、やりたいですね」。同級はWBAで京口紘人がスーパー王者に君臨。高山が勝てば、3団体を日本選手が占める。将来的な夢対決に向けても、注目の一戦となる。【実藤健一】

高山勝成(2020年9月9日撮影)

関連するニュースを読む

アルバレス、3団体統一戦の前日計量パス ファンの赤ちゃんにキスする余裕

3団体統一戦の前日計量に臨んだサウル・アルバレス(左)とビリー・ジョー・サンダース(ロイター)

「カネロ」の愛称を持つボクシングの人気スター選手のWBAスーパー、WBC世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)が約5000人のファンに向け、序盤からの激しいファイトを約束した。8日(日本時間9日)、米アーリントンのAT&TスタジアムでWBO世界同級王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英国)との3団体統一戦を控え、7日(同8日)には会場前の屋外にあるAT&Tプラザで前日計量に臨んだ。

メキシコ系米国人のファンの歓声を受けながら、最前列に着席した母親のひざの上に座っていた赤ちゃんにキスしたアルバレスは余裕の笑み。100グラム少ない76・1キロでパスしたサンダースを横目に、300グラム少ない75・9キロでクリアした。至近距離でのにらみ合いも展開したアルバレスは「みんなが外にでてきてくれてとてもうれしい。うまくいけば、良い戦いをみせられる」とあいさつ。さらに「彼(サンダース)は難しいファイターであり、サウスポー(左構え)でもある。このレベルでは、あらゆることに順応する必要があり、スタイルの準備はできている。特に最初のラウンドで激しい戦いになる」と予告してみせた。

コロナ禍にもかかわらず、試合当日には米ボクシングの屋内観客数記録を更新する約7万人のファン来場が予定される。アルバレスは「ファンの勝ってほしいという願いは私を駆り立ててくれる。ファンを悩ませたりしない。すべてカネロのためのもの」と自信に満ちた表情を浮かべた。

一方、保持するWBO王座の3度目防衛戦となるサンダースは、観衆からブーイングを浴びながらも毅然(きぜん)とした態度。「私には信念があり、勝利の精神がある。勝つために来ている。アルバレスは、私ほど心と決意を持った選手と対戦したことはないと思う。彼は素晴らしい王者であるが、すべてのタイトルを手に入れるためにここに来た」とキッパリ。30戦無敗を誇るWBO王者は「私は08年以来、負けていない。彼は倒すために何かをしなければならないだろう。私の闘志と頭脳を持っている限り、負けることはない」と自信をのぞかせていた。

フェースオフするアルバレス(左)とサンダース(ロイター)

関連するニュースを読む

王者アルバレス、ゴロフキンと3度目対決の見通し明かす…Sミドル級で

「カネロ」の愛称を持つボクシングの人気スター選手のWBAスーパー、WBC世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)が、元3団体統一ミドル級王者で現IBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)との3度目対決の可能性を口にした。8日(日本時間9日)に米テキサス州アーリントンのAT&TスタジアムでWBO世界同級王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英国)との3団体統一戦を控えたアルバレスは6日の記者会見後、ゴロフキン戦に言及したと7日(日本時間8日)、米メディアが伝えた。

アルバレスは「真実は、何に対しても開かれているということだ。168ポンド(スーパーミドル級)で王座統一した後、私はオープン。しかし次の試合は168ポンドになる」と説明。過去2度のゴロフキン戦はミドル級だったが、3度目が実現するなら1階級上のスーパーミドル級になるとの見通しを明かした。さらに「もし彼が私との戦いを希望しているなら、それ(1階級上げる)をしなければならない。なぜしないのか? 私は彼と戦うために154ポンド(スーパーウエルター級)から160ポンド(ミドル級)に上げたのだから」と強調した。

アルバレス-ゴロフキン戦は17年9月の初対決で引き分けた。18年2月、アルバレスがドーピング検査で禁止薬物が検出され、米ネバダ州アスレチックコミッションから6カ月間の出場停止を受けた。18年9月に2度目の対決が実現し、アルバレスが勝利を飾っていた。両者と複数試合契約を結んでいるスポーツ動画配信サービス「DAZN」によって3度目対決が実現するのではないかとみられている。

関連するニュースを読む

サンダース「電話ボックスだろ」3団体統一戦リングの大きさに不満

30戦全勝無敗のボクシングWBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英国)が週末に控えるWBAスーパー、WBC世界スーパーミドル級王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)との3団体統一戦を前にリングサイズに大きな不満を公言している。

8日(日本時間9日)、米テキサス州アーリントンで「カネロ」の愛称を持つ人気スター、アルバレス戦を前に、サンダースが試合リングのサイズを「まるで電話ボックスだろ」と激怒発言したと4日(日本時間5日)、英紙ザ・サンが報じた。サウスポーのサンダースが足を使ったボクシングを得意としており、リングサイズの小型化はファイタータイプのアルバレスに優位とされている。

報道によると、サンダースは会場となるAT&Tスタジアムで設置予定の試合リングが想定していた24×24フィート(約7メートル31センチ)ではなく、18×18フィート(約5メートル18センチ)になっていると主張し「ボクシングのリングが電話ボックスのサイズで私の動きを止めようとしている。18フィートのリングなんて受け入れられない」と怒りの姿勢だという。自らの陣営に主催者とアルバレス陣営との交渉を任せているとしつつ「我々のチームが解決すると確信している。さもなければ試合はない」と試合拒否の意思さえも示していると伝えている。一方、アルバレス陣営は「負けた時の言い訳ではないか」と冷ややかな反応をしている。

なお日本ボクシングコミッションのルールで、リングは原則として正方形の18フィート以上、24フィート以内と設定している。

関連するニュースを読む

37歳高山勝成2階級制覇へ向け渡米「思い切り暴れてタイトル奪取します」

2階級制覇へ米国へ出国した高山(高山陣営提供)

37歳のアメリカンドリームはかなうか。ミニマム級で世界主要4団体を制し、アマチュアで東京五輪を目指したがかなわずプロに再転向したWBO世界ライトフライ級11位の高山勝成(37=寝屋川石田)が3日、5月8日(日本時間同9日)の2階級制覇挑戦に向けて出国した。米国テキサス州で同級王者エルウィン・ソト(メキシコ)に挑む。

高山は関係者を通じ「短い準備期間でしたが、今できるベストは尽くしてアメリカに向かいます。リングの上で思い切り暴れてタイトルを奪取します」とコメント。指導する中出博啓トレーナーは「たった3週間の準備期間ですがやれることはやり、勝負できる体勢はできました。春はWBCやIBFの世界タイトルを獲得した私たちにとって縁起のいい時期です。試合までの間、新型コロナウイルスの感染予防を徹底してリングに上がりWBOの世界タイトルを持って日本に帰ってきます」と宣言した。

高山の世界戦は16年8月20日のWBO世界ミニマム級王座決定戦で判定勝利して以来、約4年9カ月ぶり。「2階級制覇」を公言してプロボクシングに復帰し、昨年末の復帰戦に勝利して世界ランク入りを果たしていた。37歳、しかも敵地・米国で王座奪取となればまさに快挙となる。

王者ソトは高山よりひとまわり以上若い24歳で、18勝(12KO)1敗の戦績を誇る右ボクサーファイター。王者の破壊力に対し、高山はテクニックと経験値で挑む。【実藤健一】

2階級制覇へ米国へ出国した高山(左)と中出トレーナー(高山陣営提供)

関連するニュースを読む

井岡一翔ドーピング問題でJBCに質問状「大変な疑念持っている」畑中会長

20年12月31日、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで田中恒成(手前)をTKOで破り喜ぶ井岡一翔

4階級制覇のWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=Ambition)の薬物疑惑騒動に関し、畑中ジムは1日、日本ボクシングコミッション(JBC)の長岡勤コミッショナー宛てに、4月30日付で質問状を内容証明で送付したことを明らかにした。

同ジムの世界3階級制覇王者田中恒成(25)は昨年末、井岡に敗れている。その試合前のドーピング検査で井岡は、禁止薬物に陽性反応を示した。元WBC世界スーパーバンタム級王者の畑中清詞会長は「井岡選手のドーピング問題に関して、JBCに対して大変な疑念を持っています。ゴールデンウイーク明けには返答がくることを信じております」とコメントした。

JBCは先月27日に同騒動について倫理委員会で調査、審議を行っていると発表した。同委員会で処分の有無などを決定する方針も「当該倫理委員会の審議に影響を及ぼすことを避けるために、現時点においてはこれ以上の発表は差し控えさせていただきます」と詳細への言及は避けている。

井岡側は検査で大麻成分が検出され、警察の事情聴取を受けたことは認めているが、薬物の摂取は全面否定。コンディション維持の効能などがあるとされる大麻草の成分が入るCBDオイルの使用に触れ、「井岡が使用していたCBDオイルから大麻成分が検出された可能性はあります」との見解を示している。

一方でドーピング検査に用いる検体の一部を警察に提供するなどで、調査に影響が及んだとされるJBCの対応も問題となり、対戦相手である田中陣営が、真実を求めて行動に移した。

関連するニュースを読む

寺地拳四朗が具志堅用高氏V13超えに意欲「防衛回数を重ねられたら」

京都・久御山町役場を訪問し、信貴町長(右)から花束を受ける寺地(撮影・実藤健一)

WBC世界ライトフライ級王座の8度目の防衛に成功した寺地拳四朗(29=BMB)が28日、京都の城陽市、宇治市、久御山町を訪問し、勝利を報告した。

最後の久御山町役場で会見した寺地は今後について「試合ができれば何でも。防衛回数を重ねられたら何でもいいです」とあらためて元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高氏の連続防衛13回の日本記録更新に意欲を見せた。

新型コロナウイルスの影響もあり、今後の見込みはたたないのが実情。父の寺地永会長(57)は「海外の選手を呼ぶのは難しいのが現状。向こうに行くのか、日本選手との対戦なのか」と話す。

同級2位の矢吹正道(緑)陣営からは、これまでに対戦オファーがあったことを明かす。さらにWBA同級スーパー王者京口紘人(ワタナベ)との統一戦にも「可能性としてはある」と言及。寺地も「もちろん。いずれはやるんじゃないかな」と条件さえ整えば、ビッグマッチを歓迎する口ぶりだった。

関連するニュースを読む

井岡一翔「身に覚えない」大麻疑惑報道否定 警視庁からの聞き取りは認める

20年12月、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで田中をTKOで破りチャンピオンベルトを腰にポーズをとる井岡

ボクシング4階級制覇王者のWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=Ambition)が、ドーピング検査で大麻成分が検出されたとの報道に対し、使用を否定した。昨年12月に都内で2度目の防衛に成功した際、大麻など禁止薬物が検出されていたと、週刊新潮のニュースサイト「デイリー新潮」などが26日に報じた。井岡サイドは警視庁から大麻検出への聞き取りがあったことは認めたが、捜査は終了したと伝えられたとし、禁止薬物の摂取を否定した。

井岡は日刊スポーツの取材に対し、弁護士を通じて文書で回答した。ドーピング検査結果については「警察から大麻成分が検出されたことは聞いた」という。警視庁による聞き取りがあったことも認めたが「大麻を摂取したことはない」と述べたとしている。

「心当たりがあるものとして、CBDオイルを使用していたという事実を伝えた。数日後に、警察から捜査は終了したと伝えられた」とも回答した。一部で塗ったり摂取したりすることで、コンディション維持につながるという見方もあるCBDオイルとは、大麻草に含まれる天然に存在する成分のうちのカンナビジオール(CBD)を抽出したもの。他にも禁止薬物の成分が検出されたと報じられているが「検出された事実の確認はしていない。もちろん、身に覚えのない事実」。いずれも意図的摂取は否定している。

試合を管理して検査を実施した日本ボクシングコミッション(JBC)からは、検査結果の開示は受けていないという。「これまで10年間、何度もドーピング検査を受け、これまでと同様に今回も臨み、なぜ、今回に限り、不正薬物が検出されたのか、疑念しかない」とも回答した。

これに対してJBC執行理事の浦谷信彰倫理委員会委員長は「回答することはない。記者会見の予定はない」と取材に応じなかった。その後、職員を通じて「明日(27日)か明後日(28日)プレスリリースを出す」とコメントするにとどめた。井岡サイドは「一連のJBCの動きは、適正手続きを大きく逸脱したもの」と主張している。

試合は日本人選手による初の複数階級制覇王者同士の対決だった。初の4階級制覇王者の井岡が、元3階級制覇王者田中恒成(畑中)を8回TKO。完勝でV2と格の違いを見せつけ、年間表彰で技能賞と年最高試合賞を受賞している。

▼フラッシュ(光文社)5月11日・18日号の報道 「日本ボクシングコミッション(JBC)の闇 井岡一翔の疑惑の尿が消えた!」との記事で、井岡の尿から「大麻」や「覚醒剤または合成麻薬の摂取が疑われる物質が検出されたと聞きました」との関係者のコメントを伝えている。また、JBCのドーピング検査に用いる検体の扱いや、疑惑への対応に問題があるとも報じている。

◆井岡一翔(いおか・かずと)1989年(平元)3月24日、大阪生まれ。11年に当時日本最速7戦目でWBC世界ミニマム級王座、12年にWBAライトフライ級、15年にWBAフライ級王座を獲得し3階級制覇。17年に1度引退したが、18年に復帰。19年にWBOスーパーフライ級王座を獲得し、日本初の4階級制覇達成。164センチの右ボクサーファイター。

20年12月、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで田中(手前)をTKOで破り喜ぶ井岡

関連するニュースを読む

比嘉から金星の西田凌佑「記録は狙いたい」日本選手最速世界奪取へ色気

元世界王者比嘉から金星の報奨金で100万円を手にした西田(右)と武市トレーナー

プロ4戦目でWBOアジアパシフィック・バンタム級王座を奪取した西田凌佑(24=六島)が26日、大阪市内のジムでオンラインでの凱旋(がいせん)会見を行った。24日に沖縄コンベンションセンターで行われた試合で、元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(25=Ambition)を判定で下した。

西田は「うれしい気持ちでいっぱいです。比嘉選手は元世界王者でしんどい試合でした。実感はまだありません」。指導する武市トレーナーは圧倒的不利の戦前予想に対し、「みなさんが思っている以上にあっと言わせる」と話していたが、「想定した中で12ラウンドを終えられた」と宣言通りの番狂わせを誇った。

この勝利で世界ランク入りも確実にした。陣営は「チャンスがあればいつでも、どこでもやります」とし、世界ランクに入った段階で各団体の王者に対戦オファーを出す意向。次の5戦目で世界王座奪取となれば、3階級を制した田中恒成(畑中)に並ぶ日本選手最速となる。近大時代の恩師、名城信男監督は8戦目での世界奪取。西田は「記録は狙いたいです」と色気を見せた。

西田と武市トレーナーにそれぞれ、ジムから100万円の報奨金が贈られた。それだけの価値がある金星。西田は「(世界王者は)最終的な目標だが、決まった試合を1つずつクリアしていきたい」と謙虚に話した。新型コロナウイルスの影響もあり、今後の予定は未定となっている。

◆西田凌佑(にしだ・りょうすけ)1996年(平8)8月7日、奈良県香芝市出身。香芝中では陸上部、王寺工からボクシングを始める。同校3年時、国体フライ級少年の部で優勝。近大をへて19年10月にプロデビュー。戦績は4勝(1KO)無敗。身長170センチの左ボクサー。

関連するニュースを読む

V8寺地拳四朗が一夜明け会見「10いきたい、きりよく」年内2試合を希望

オンラインで一夜明け会見に臨んだ王者寺地(C)BMBジム

WBC世界ライトフライ級王座の8度目の防衛に成功した寺地拳四朗(29=BMB)が25日、京都のBMBジムからオンラインで一夜明け会見に臨んだ。寺地は24日、エディオンアリーナ大阪で挑戦者の同級1位久田哲也(36=ハラダ)を判定で下した。

19年12月末以来、約1年4カ月ぶりの実戦だった。フルラウンドの激闘を制した寺地は「久しぶりだったんで、疲れがドッときました。筋肉痛もある。ここも腫れてるし」と左目下を示した。2回にダウンを奪うが、その後はベテランの久田の粘りに苦しめられた。久々の影響もあった。「ボクシングの試合は判断が難しいとあらためて思いました。ここでまとめにいくのか、控えるのか。結果勝ったからよかったが、こうすればよかったというのはあります」。

昨年、泥酔騒動で3カ月のライセンス停止などの処分を受けた。その重圧もあり、試合後は珍しく泣きじゃくった。知人から、その姿に対する反応もあったという。「あまり見せなかった(姿な)んで。つられた(もらい泣きした)とか、いただきました。ちょっと恥ずかしいですけど」と照れ笑いを浮かべた。

今後は、新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急事態宣言発出中の状況もあり、練習の再開も含めて未定だが、年内にあと2試合を希望。「(防衛回数)10いきたいですね。きりよく」。前夜は久々に実家に戻り「久しぶりに猫に会ったんで、なでて癒やされました」。しばしの休息をへて、元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高氏の防衛記録13回更新へ、真っすぐに突き進む。【実藤健一】

関連するニュースを読む

寺地拳四朗が号泣8度目防衛「負ければ人生が」1年超の空白と重圧乗り越え

試合後のインタビューで涙を見せる寺地拳四朗(撮影・和賀正仁)

<プロボクシング:WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇24日◇エディオンアリーナ大阪

王者寺地拳四朗(29=BMB)が、号泣の8度目防衛を飾った。同級1位久田哲也(36=ハラダ)から2回にワンツーでダウンを奪って優位に進め、大差判定3-0で勝利した。王者が泥酔によるトラブルで試合が延期された経緯もあり、「負ければ人生が終わっていた」という重圧から解放されて涙を流した。今後は元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高氏の連続防衛13回の更新、同級4団体統一を目標に掲げた。

   ◇   ◇   ◇

まるで子どものように泣きじゃくった。試合後の勝利者インタビュー。マイクを手にした寺地は、おえつで言葉が続かなかった。「ありがとうございます。本当、昨年は自分の不祥事で久田選手や関係者の方に本当にご心配をかけ、これからどうしたらいいんだろうという不安の中、今回勝てて。本当にうれしいです」。いつもクールを貫く王者が感情をむき出しにした。

7度目の防衛を飾った19年12月末以来、約1年4カ月ぶりの実戦は厳しい戦いだった。2回に鮮やかなワンツーでダウンを奪う。そこから「倒せるかと、力んでしまった」。ベテランの久田の粘りに苦しめられた。「流れは悪くなかったが思った以上に相手が前に出てきた」。死にものぐるいで戦いを挑んできた相手を受け止め、フルラウンドの死闘を演じた。出し切っただけに涙があふれた。

コロナ禍で自粛生活の中、昨年7月に泥酔して東京都内のマンションに不法侵入し、他人の車を破損させるトラブルをおかした。日本ボクシングコミッション(JBC)により、発覚した昨年12月1日から3カ月のライセンス停止。制裁金300万円に社会奉仕活動の厳しい処分を受けた。

それだけに「いろいろ不安があった。負けたら人生終わりますからね。負けられない。絶対に勝たないといけないと思っていた」。普段はひょうひょうとしたスタイルだが、心の底では重いものを抱えていた。その重圧に打ち勝った。

日本のジム所属選手で歴代5位タイの連続8回防衛を果たした。今後に向けて、これまでも公言している具志堅氏の13回超えに加え、「他団体も全部、ベルトはとりたい」と言った。「今回のことで、いい意味でメンタル的にも強くなれた」。1年4カ月のブランクをへて成し遂げたV8。ここから拳四朗の第2章が始まる。【実藤健一】

◆寺地拳四朗(てらじ・けんしろう) 1992年(平4)1月6日、京都府城陽市生まれ。奈良朱雀高→関大。アマ戦績は58勝(20KO・RSC)16敗。14年8月にプロデビュー。15年12月に日本ライトフライ級王者、16年8月に東洋太平洋同級王座を獲得。17年5月にWBC世界同級王座を獲得し8連続防衛。プロ戦績は18勝(10KO)無敗。身長163・8センチの右ボクサーファイター。

○…新型コロナウイルス感染症拡大防止のため25日に大阪府にも緊急事態宣言が発出される前日、ギリギリのタイミングで有観客の世界戦を実施した。プロモーターの真正ジム山下正人会長は「緊急事態宣言が発出される中で興行をできた。感染対策は万全にした。大成功だったと思う」。入場者制限で半分以下の2200人となったが、観客もルールに従って声を出さず拍手での応援に徹した。

2回、久田哲也(左)に右ストレートでダウンを奪う寺地拳四朗(撮影・和賀正仁)
判定で久田哲也(左)を破り拳を握る寺地拳四朗(撮影・和賀正仁)

関連するニュースを読む

元世界王者比嘉大吾が故郷マッチで王座陥落 プロ4戦目の挑戦者に敗れる

比嘉大吾(2018年2月4日撮影)

<ボクシング:WBOアジア・パシフィック・バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇24日◇沖縄コンベンションセンター

WBOアジア・パシフィック・バンタム級王者比嘉大吾(25=Ambition)が凱旋(がいせん)試合で初防衛に失敗した。

プロ4戦目でタイトル初挑戦となった挑戦者の同級5位西田凌佑(24=六島)に0-3(111-117×2、110-118)の判定負けを喫し、王座陥落した。

身長差9センチも上の長身サウスポー西田に対し、比嘉は重心を低くしながら強打を狙った。しかしテクニックある挑戦者の左ストレートなどを被弾。何度も前に出て右ストレートを打ち込んで激しく攻めたものの、終盤に疲労で動きが落ちて逆に西田に攻め込まれるシーンもあり、まさかの判定負けとなった。

比嘉は昨年の大みそかに同王座を奪取。WBC世界フライ級王者時代の18年2月以来、約3年2カ月ぶりとなる故郷沖縄での防衛戦だった。

関連するニュースを読む

【評論】不調でも防衛の寺地拳四朗、日本記録可能性更にアップ/大橋秀行氏

2回、久田哲也(左)に右ストレートでダウンを奪う寺地拳四朗(撮影・和賀正仁)

<プロボクシング:WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇24日◇エディオンアリーナ大阪

王者寺地拳四朗(29=BMB)が、号泣の8度目防衛を飾った。同級1位久田哲也(36=ハラダ)から2回にワンツーでダウンを奪って優位に進め、大差判定3-0で勝利した。

 ◇   ◇   ◇

<大橋秀行氏の目>

防衛に成功した寺地の出来は普段の50%ぐらいだったのではないか。過去の試合よりも動きがスローに感じた。2回に左ジャブの相打ちからの右でダウンを奪ったが、あの左ジャブが相打ちになるシーンは、これまで見たことがなかった。不祥事で謹慎し、奉仕活動を続けた上での世界戦は相当な重圧だっただろうと感じた。

不調の中でもペースを握ることができたのは、ステップの速さ、タイミングの良い左ジャブ、多彩な右を持っていたからだろう。ワンツーの右ストレート強度を巧みに変え、かつ同じモーションで右アッパーも放っていた。接近戦のボディーブローの打ち合いも勝り、技術が光った。本当はKOで倒したかっただろうが、不調を乗り越えて判定勝ちできたのは収穫。日本記録の13回防衛を破る可能性は、さらに高まったといえる。

一方の久田は全てを出し切った。王者の左ジャブをもらわず、持ち味の強打を狙う意図は伝わったが、中盤になるとパンチに力がなかった。中盤までに強打で勝負をかけても良かったかなと思う。ポイントは大差だったものの、久田は大健闘だった。(元WBA、WBC世界ミニマム級王者)

試合後のインタビューで涙を見せる寺地拳四朗(撮影・和賀正仁)

関連するニュースを読む