上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

岩川美花が初防衛「ヤバイ」クリンチ多い展開苦しむ

8回、岩川(左)は鈴木にパンチを放つ(撮影・上山淳一)

<プロボクシング:WBO世界女子アトム級タイトルマッチ10回戦>◇26日◇神戸市立中央体育館

王者岩川美花(37=高砂)が初防衛を飾った。挑戦者で女子東洋太平洋同級2位の鈴木菜々江(28=シュウ)に10回判定で2-1(96-94、93-97、97-93)。18年7月に王座を奪取した王者は2年越しの初防衛戦を制し「ヤバイと思った。勝てて良かった」と安堵(あんど)の表情だった。

クリンチが多い展開に苦しんだ。陣営からは「自分のボクシングをしろ」と指示を送られ、終盤に突入。37歳のベテランは体力的にも厳しい戦いの中で的確にワンツーなどをまぶし、最終10回には左ボディーをヒットさせた。「クリンチで体力を消耗して、流れを持っていかれた。ああいう相手にもきれいに勝てるように練習して、クリンチさせないボクシングをしたい」と多くの課題を得た。

高知県出身の岩川は10勝(3KO)5敗1分け、千葉県出身の鈴木は10勝(1KO)4敗1分けとなった。

岩川(中央)は初防衛し笑顔を見せる(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

王者岩川美花2年越し初防衛 女子ボクシング世界戦

WBO女子世界アトム級タイトルマッチ・岩川美花対鈴木菜々江 岩川美花(右)は判定で勝利する(撮影・上山淳一)

<プロボクシング:WBO世界女子アトム級タイトルマッチ10回戦>◇26日◇神戸市立中央体育館

王者岩川美花(37=高砂)が初防衛を飾った。挑戦者で女子東洋太平洋同級2位の鈴木菜々江(28=シュウ)に10回判定で2-1(96-94、93-97、97-93)。18年7月に王座を奪取し、2年越しの初防衛戦を制した。

苦しみながらも、岩川が粘り勝った。陣営からは「自分のボクシングをしろ」と指示を送られ、終盤に突入。37歳のベテランは体力的にも厳しい戦いの中で的確にワンツーなどをまぶし、最終10回には左ボディーをヒットさせた。判定で勝利が決まると、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

高知県出身の岩川は10勝(3KO)5敗1分け、千葉県出身の鈴木は10勝(1KO)4敗1分けとなった。

WBO女子世界アトム級タイトルマッチ・岩川美花対鈴木菜々江 10回、岩川美花(左)は鈴木菜々江と打ち合う(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

WBO世界女子アトム級王者池山直に花形冴美が挑戦

 WBO世界女子アトム級王者で47歳の池山直(フュチュール)と挑戦者の花形冴美(花形)によるタイトルマッチが7月11日に東京・後楽園ホールで行われると30日、花形ジムが発表した。

 池山は6度目の防衛戦。両者は昨年6月に対戦し、引き分けで池山が王座防衛を果たした。

関連するニュースを読む

47歳池山直V5、国内最年長王座更新も不完全燃焼

 WBO世界女子アトム級タイトルマッチ10回戦は突然の幕切れを迎えた。

 王者池山直が徐々に攻勢を強めた6回に、挑戦者で元WBA世界女子ライトミニマム級王者の宮尾がスリップ。その際に右脚を痛め、1度は続行したが、池山のパンチで倒れ込み、TKO判定となった。国内最年長王座記録を自ら更新した47歳2カ月の公務員ファイターは「パンチが当たりだしたところで…」と不完全燃焼に終わった。

関連するニュースを読む

池山直が12月19日にスリランカで3度目防衛戦

 2月に男女を通じた国内最年長防衛記録を45歳5カ月に更新したWBO世界女子アトム級王者の池山直(46)がスリランカのコロンボで12月19日に3度目の防衛戦を行うと、所属するフュチュールジムが4日に発表した。

 相手はジュジース・ナガワ(フィリピン)で、スリランカでのプロボクシング開催は初めてという。

関連するニュースを読む

池山と池原が2月に防衛戦

 フュチュールジムは26日、WBO世界女子アトム級王者の池山直が、ノル・グロ(フィリピン)と、同ミニフライ級王者の池原シーサー久美子が、ジョゼベル・パガデュアン(フィリピン)と、2月28日に大阪市のアゼリア大正ホールで防衛戦を行うと発表した。

 池山は2度目、池原は初防衛戦となる。

関連するニュースを読む

45歳の池山直が判定初防衛 現役続行意欲

<ボクシング:WBO世界女子アトム級タイトルマッチ10回戦>◇20日◇大阪・アゼリア大正ホール

 王者池山直(45=フュチュール)が、秋田屋まさえ(36=ワイルドビート)に3-0で判定勝ちし、初防衛を果たした。池山は男女を通じて国内最年長の世界王者を守った。

 岡山市役所に勤める公務員ボクサー、池山は18日に45歳になったばかり。判定での初防衛に「ほっとした。みなさんに支えられリングに上がることができた」と小麦色の顔をほころばせた。2回にダウンを奪い、以降も有効打を浴びせ続けた。年齢の関係で、負ければ日本ボクシングコミッション(JBC)から引退勧告を受ける可能性がある。「防衛を続けることが、現役続行につながる」と意欲的だった。

関連するニュースを読む