上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

力石政法と渡辺卓也が共に前日計量クリア 力石勝てば初タイトルに「渡辺選手に勝つことに価値」

東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦に向けた計量クリアした力石(左)と渡辺

プロボクシング東洋太平洋スーパーフェザー級6位力石政法(27=緑)がタイトルに初挑戦する。15日、東京・墨田区総合体育館で同級3位渡辺卓也(33=DANGAN AOKI)との同級王座決定戦に備え、14日には都内で前日計量に出席。リミット(58.9キロ)よりも100グラム少ない58.8キロでパス。渡辺はリミットでクリアした。

勝てば初タイトルとなる力石だが「王座決定戦なので、価値はそんなに感じてない。それよりも国内トップで(プロ50戦目と)実績ある渡辺選手に勝つことに価値があると思っています。明日は圧倒して勝ちます」と集中力を研ぎ澄ませた。

今回もセコンドには、現役続行を表明したばかりの前WBC世界ライトフライ級王者の兄矢吹正道(緑)が加わるという心強いサポートがある。力石は「かなり刺激されるし。兄なので安心感もある」と感謝しながらリングに立つ。

一方、渡辺にとってはプロ50戦目、所属ジム主催興行DANGAN250大会と区切りの多いタイトル戦となる。元WBOアジア・パシフィック同級王者でもある実績十分の渡辺は「節目の50戦目なので勝ちたいし、区切りの多いタイトル戦になり、きりがいいなと思っています。気持ちは高まります」と口調を強めていた。

関連するニュースを読む

フェザー級王者丸田陽七太「自分のボクシングをすればいい」V2戦&2本目ベルトへ計量パス

日本、WBOアジア・パシフィック・フェザー級タイトルマッチに向けて計量パスした日本王者丸田(左)と挑戦者の同級1位阿部

プロボクシング日本フェザー級王者丸田陽七太(25=森岡)がV2防衛成功と2冠目を狙う。

15日、東京・墨田区総合体育館でWBOアジア・パシフィック同級王座決定戦も兼ねた日本同級1位阿部麗也(29=KG大和)との2度目の防衛戦を控える。14日には都内で前日計量に臨み、リミット(57・1キロ)よりも300グラム少ない56・8キロでクリア。阿部は57・0キロでパスした。勝てば2冠王者となる丸田は「自分のボクシングをすればいい。力まず、1発狙いになりすぎず、本来のボクシングをしたい」と平常心を貫いた。

支援者から届いた高知県のかつお「竜馬のたたき」を2週間前に口にしたとし「おいしかったですね。体重調整でもみなさんに協力していただいている」と感謝。メインを務める興行DANGAN250大会はABEMA格闘チャンネルで生配信開始され、240人ほどの応援も会場に駆けつける予定で「丸田陽七太がボクシングを楽しんでくださっている姿を見に来てくれると思う。自分も楽しみたい」とリラックスした表情を浮かべた。

一方、3度目のタイトル挑戦となる阿部はボクシング専門サイトなどによる戦前予想が4対6、あるいは3対7と劣勢であることを明かし「予想が不利なのが燃える。周囲の期待を覆し、丸(田)ちゃんには負けてもらう。阿部政権にします。阿部劇場をみせたい」と気合十分だった。

関連するニュースを読む

日本人初のボクシング世界チャンピオン 白井義男さんの世界奪取70周年を記念した特別展示開催

14回、白井義男さん(右)の右ショートストレートがマリノのアゴにヒット(1952年5月19日撮影)

1952年5月19日、日本人初のボクシング世界王者となった白井義男さんの世界奪取から70周年を記念した特別展示が開催される。

15日、東京・墨田区総合体育館で行われるボクシング興行DANGAN250大会と同時開催の「すみだボクシング祭り2022」で、白井さんが使用した世界戦用ガウン、トランクス、練習用のグローブ、シューズのほか、タイトル獲得時のポスター、写真などが公開される。時間は午前10時~午後4時まで墨田区総合体育館3Fサブアリーナで、入場料は無料となる。

また19日、東京・後楽園ホールで開催されるボクシング興行DANGANオール4回戦(東日本新人王予選)でも特別展示が決定。午後5時30分からの開場に合わせ、後楽園ホールロビー殿堂コーナーで公開される。興行の観戦チケット(VIP8000円、指定A席5000円)が必要となる。

関連するニュースを読む

ボクシング2王座戦はABEMA生配信 格闘チャンネルで午後0時45分開始、大会全試合無料

15日のDANGAN250大会のPR画像(DANGAN提供)

15日のプロボクシングWBOアジア・パシフィック、日本フェザー級タイトルマッチ12回戦、東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦(東京・墨田区総合体育館)がABEMAでライブ配信されることが12日、発表された。2カードはいずれもボクシング興行DANGAN250記念大会として開催され、ABEMA格闘チャンネルで午後0時45分から生配信開始、全試合無料となる。

メインでは日本フェザー級王者丸田陽七太(25=森岡)が阿部麗也(29=KG大和)との2度目の防衛戦を迎え、WBOアジア・パシフィック王座も懸けられる。セミファイナルでは、前WBC世界ライトフライ級王者矢吹正道の弟で力石政法(27=緑)が渡辺卓也(33=DANGAN AOKI)との東洋太平洋スーパーフェザー級王座を懸けて拳を交える。力石は同級6位、渡辺は同級3位にランクされている。

また同会場に隣接するサブアリーナでは墨田区主催の「すみだボクシング祭り2022」が午前10時より開催される。イベントには東京オリンピック(五輪)女子フライ級銅メダルの並木月海をはじめ、WBC世界ライトフライ級王者寺地拳四朗(三迫)、WBO世界フライ級王者中谷潤(M.T)らが登場する。

15日のすみだボクシング祭のPR画像(DANGAN提供)

関連するニュースを読む