上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

井上が3年連続MVP 年間最高試合は井岡のV2戦

井上尚弥(21年1月撮影)

ボクシングの20年度年間表彰選手が28日発表され、WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(27=大橋)が3年連続4度目の最優秀選手賞(MVP)に選ばれた。3年連続MVPは史上6人目、平成以降では徳山昌守に続いて2人目。また井上は、昨年10月のジェーソン・モロニー(オーストラリア)戦での7回KO勝ちもKO賞に選ばれ、2冠に輝いた。

WBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(31=Ambition)は2年連続の技能賞、さらに20年大みそかの田中恒成(25=畑中)との2度目の防衛戦が年間最高試合に選出され、2冠となった。殊勲賞には昨年11月、WBO世界フライ級王座を獲得した中谷潤人(23=M・T)が初受賞した。女子では、WBO女子世界ミニマム級王者多田悦子(39=真正)が11年ぶり2度目の最優秀選手賞と年間最高試合の2冠を獲得した。

20年度の各部門表彰選手は次の通り

☆最優秀選手賞:WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(大橋)=3年連続4回目

☆技能賞:WBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(Ambition)=2年連続2回目

☆殊勲賞:WBO世界フライ級王者中谷潤人(M・T)=初受賞

☆努力・敢闘賞:東洋太平洋ライトフライ級王者堀川謙一(三迫)=初受賞、WBOアジア・パシフィック、東洋太平洋、日本スーパーフライ級王者福永亮次(角海老宝石)=初受賞

☆KO賞:井上尚弥=2年ぶり5回目

☆新鋭賞:東洋太平洋スーパーフェザー級王者三代大訓(ワタナベ)=初受賞

☆年間最高試合(世界):WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(20年12月31日、東京・大田区総合体育館)=井岡一翔(Ambition)-田中恒成(畑中)

☆年間最高試合(世界戦以外):WBOインターコンチネンタル・ライト級王座決定戦(20年12月12日、米ラスベガス・MGMグランド)=フェニックス・ベルデホ(プエルトリコ)-中谷正義(帝拳)

☆女子最優秀選手:WBO女子世界ミニマム級王者多田悦子(真正)=11年ぶり2回目

☆女子年間最高試合:WBO女子ミニマム級王座決定戦(20年12月3日、東京・後楽園ホール)=多田悦子(真正)-宮尾綾香(ワタナベ)

☆特別賞=粟生隆寛(元WBC世界フェザー級、元WBC世界スーパーフェザー級王者)、八重樫東(元WBA世界ミニマム級、WBC世界フライ級、IBF世界ライトフライ級王者)

20年12月31日、WBО世界スーパーフライ級タイトルマッチの8回、田中(手前)をTKОで破り、喜ぶ井岡

関連するニュースを読む

さらば「激闘王」八重樫東!殴られ殴った/写真特集

ボクシングの元世界3階級制覇王者・八重樫東(37=大橋)が1日、横浜市内の所属ジムで会見し、現役引退を発表した。「本日、9月1日をもちまして、引退することを決意しました。たくさんの応援をしていただき、一生懸命、プロボクシングができたことを誇りに思います。ありがとうございました」。思い出の試合に、WBC世界フライ級王者時代のローマン・ゴンサレス戦をあげ、「常に前を向いて、今日よりも明日がいい日になればいいと進んできたので、後悔はない。15年間、一生懸命走ってきたつもり。人間なので転ぶ時もあれば、休む時もあったが、それでいいと思っている。100メートル走ではなく、マラソン。今日、こうやって完走できてうれしく思う」と山あり谷ありの現役生活を振り返った。

大橋秀行会長 中身の濃い15年だった。最初の世界戦でケガして引退してもおかしくない。引退勧告も何度もしたが、ここまで大きく人間としても成長するとは、こちらも教えられた。負けて大歓声は八重樫以外見たことない。いろんなトレーニングを採り入れ、食事や減量など日本で一番知識がある。精神力はもちろん、科学的研究も熱心だった。後輩に教えてもらい、第2の八重樫を育てていきたい。

デビュー戦からコンビを組んできた松本好二トレーナー (日本王者時代に)けがでもう辞めた方がいいと思う時期もあったが、諦めずによく世界王者になってくれた。一緒に歩めたのはトレーナー冥利(みょうり)に尽きる。

11年10月25日、チャンピオンベルトを掲げ「ベルトとったぞー」と絶叫する八重樫

14年9月5日、王者陥落した八重樫は、WBCから贈られたメダルをかけて引き揚げる

14年9月5日、9回、八重樫(右)はゴンサレスの左アッパーをまともに受ける

WBC世界ミニマム級タイトルマッチ(07年6月4日・初王座奪取に失敗)

八重樫東判定
0-3
イーグル京和

07年6月4日、WBC世界ミニマム級選手権 イーグル京和対八重樫東 12回終了と同時に判定負け覚悟したようにうなだれる八重樫東

07年6月4日、WBC世界ミニマム級選手権 イーグル京和対八重樫東 4回、八重樫東(左)にフックを打ち込むイーグル京和

07年6月5日、WBC世界ミニマム級タイトルマッチ・イーグル京和戦で上あごの両側骨折の重傷を負った八重樫東のエックス線写真

WBA世界ミニマム級タイトルマッチ (11年10月24日・WBA初王座奪取)

八重樫東10R
TKO
ポープラムック

11年10月24日、WBA世界ミニマム級で新チャンピオンに輝いた八重樫(中央)は大橋会長(左)と彩夫人からキスの祝福を受ける。前列は長男の圭太郎くんと長女の志のぶちゃん

11年10月24日、10回TKO勝ちで新王者となり、キャンバスに寝転がって喜ぶ八重樫

11年10月24日、8回、ポンサワン(右)に強烈なパンチを見舞う八重樫

WBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦(12年6月20日・WBA王座陥落)

八重樫東判定
0-3
井岡一翔

12年6月20日、健闘をたたえて抱き合う統一王者となった井岡(左)と八重樫

12年6月20日、8回、顔面が腫れた八重樫(左)は井岡に強烈なパンチを浴びせる

12年6月20日、9回、腫れた顔面で井岡(右)にパンチを浴びせる八重樫

12年6月20日、八重樫のシューズには長男圭太郎君の名前が入っていた

WBC世界フライ級タイトルマッチ(13年4月8日・WBC・リングマガジン王座獲得 )

八重樫東判定
3-0
五十嵐俊幸

13年4月8日、11回、五十嵐(右)を圧倒的に攻め、ガッツポーズする八重樫

13年4月8日、9回、八重樫東(左)の左が五十嵐俊幸の顔面をとらえる

WBC世界フライ級タイトルマッチ(13年8月12日・WBC王座初防衛)

八重樫東判定
3-0
ブランケット

13年8月12日、防衛に成功した八重樫は大橋会長(中央右)ら陣営に祝福される

13年8月12日、WBC世界フライ級タイトルマッチ 7回、オスカル・ブランケット(左)の顔面にパンチを見舞う八重樫

WBC世界フライ級タイトルマッチ(13年12月6日・WBC王座2度目の防衛)

八重樫東3-0
12R判定
ソーサ

13年12月6日、WBC世界フライ級タイトルマッチ 八重樫東対エドガル・ソーサ 判定でエドガル・ソーサに勝利し、2度目の防衛を飾った八重樫東(中央)は次女一永ちゃんにキス。左から松本好二トレーナー、長女志のぶちゃん、2人おいて長男圭太郎君、大橋秀行会長

13年12月6日、11回、ソーサ(右)の顔面に左フックをヒットさせる八重樫

WBC世界フライ級タイトルマッチ (14年4月6日・WBC王座3度目の防衛)

八重樫東9R
KO
サレタ

WBC世界フライ級タイトルマッチ(14年9月5日・WBC王座陥落 )

八重樫東9R
TKO
ローマン・ゴンサレス

14年9月5日、9回、ゴンサレス(手前)にダウンを奪われTKO負けとなった八重樫

14年9月5日、9回、レフェリーストップとなった八重樫に声をかける大橋会長

14年9月5日、死闘を繰り広げたゴンサレス(左)と八重樫。6回にはクロスカウンター気味にお互いのパンチが入る

WBC世界ライトフライ級王座決定戦 (14年12月30日・WBC王座奪取失敗)

八重樫東7R
KO
ゲバラ

7回、八重樫(左)はゲバラの強烈な左フックをボディーに食らい、崩れ落ちる(撮影・山崎安昭)

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ (15年12月29日・IBF王座獲得)

八重樫東3-0
判定
メンドーサ

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ (16年5月8日・IBF王座防衛)

八重樫東2-1
判定
テクアペトラ

16年5月8日、防衛に成功しながらもリングを降りる際、手を合わせる八重樫

16年5月8日、11回、テクアペトラ(右)の顔面に強烈なパンチを見舞う八重樫

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ (16年12月30日・IBF王座2度目の防衛)

八重樫東12R
TKO
ゴーキャットジム

16年12月30日、12回、ラッシュする八重樫

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ (17年5月21日・IBF王座陥落 )

八重樫東1R
TKO
メリンド

17年5月21日、1回、メリンド(手前)から1度目のダウンを奪われる八重樫

17年5月21日、1回、メリンド(手前)から1度目のダウンを奪われるパンチを浴びる八重樫

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ (19年12月23日・IBF王座奪取失敗)

八重樫東9R
TKO
ムザラネ

19年12月23日、観客に深々と頭を下げる八重樫

19年12月23日、9回、ムザラネ(右)から右ストレートを食らう八重樫

◆八重樫東(やえがし・あきら)1983年(昭58)2月25日、岩手・北上市生まれ。黒沢尻工3年でインターハイ、拓大2年で国体優勝。05年3月プロデビュー。06年東洋太平洋ミニマム級王座獲得。7戦目で07年にWBC世界同級王座挑戦も失敗。11年にWBA同級王座を獲得し、13年にWBCフライ級王座を獲得して3度防衛。15年にIBFライトフライ級王座を獲得し、日本から4人目の世界3階級制覇を達成した。2度防衛。160センチの右ボクサーファイター。通算28勝(16KO)7敗。家族は彩夫人と1男2女。

関連するニュースを読む

八重樫東が引退 元世界3階級制覇王者「激闘王」

八重樫東(2019年12月10日撮影)

ボクシングの元世界3階級制覇王者・八重樫東(37=大橋)が1日、横浜市内の所属ジムで会見し、現役引退を発表した。

八重樫は「本日、9月1日をもちまして、引退することを決意しました。たくさんの応援をしていただき、一生懸命、プロボクシングができたことを誇りに思います。ありがとうございました」とあいさつ。思い出の試合に、WBC世界フライ級王者時代のローマン・ゴンサレス戦をあげ、「常に前を向いて、今日よりも明日がいい日になればいいと進んできたので、後悔はない。15年間、一生懸命走ってきたつもり。人間なので転ぶ時もあれば、休む時もあったが、それでいいと思っている。100メートル走ではなく、マラソン。今日、こうやって完走できてうれしく思う」と山あり谷ありの現役生活を振り返った。

ファンに対しては「7回も負けて、勝ったり負けたりの僕のような選手をいつも支えてくれた。その応援がなければここまで続けてくることはできなかった。幸せな環境でボクシングができた」と感謝の思いを口にした。

同席した大橋秀行会長は「2004年9月1日に大橋ジムに入ってきて、ついにこの日が来てしまいました。中身の濃い15年間だったと思う。3階級制覇という結果以上に八重樫のボクシングの姿勢。井上尚弥らがその背中を見て、大切なものを教わったと思っている。第2の八重樫をどんどん出していきたいと思う」と労をねぎらった。今後は大橋ジムのトレーナーやパーソナルトレーナーなどで、ボクシングに携わっていくという。

大橋会長は「トレーニングも、食事も減量もいろんなものを試し、研究してきたから3階級王者になれた。日本一の知識があるボクサーだと思う。精神面はもちろん、科学的な部分も後輩たちに教えていってもらいたい」と期待を込めた。

八重樫は、岩手・黒沢尻工でボクシングを始め、3年時にインターハイで優勝。進学した拓大2年で国体優勝を果たすと、05年3月に大橋ジムからプロデビューした。

フットワークとハンドスピードを武器に、06年4月には東洋太平洋ミニマム級王座に挑戦。当時日本最速タイ記録となるプロ5戦目での王座獲得に成功した。07年6月、7戦目でWBC世界同級王者イーグル京和に挑戦も、0-3の判定負けを喫し、プロ初黒星。次の世界挑戦まで4年の歳月を要したが、その間に日本王座を獲得し、3度防衛を果たすなど、地道な努力を重ね、チャンスを待った。

11年10月に、WBA同級王者ポンサワンを相手に2度目の世界挑戦。10回TKO勝利を収め、王座獲得を果たした。初防衛戦ではWBC同級王者・井岡一翔と、「日本初の2団体世界王座統一戦」で激突。壮絶な打ち合いの末に敗れたものの、世界から高い評価を受け、人気選手の仲間入りを果たした。

13年にはWBC世界フライ級王者・五十嵐俊幸を下し、2階級制覇を達成。V4戦で、「軽量級最強」ローマン・ゴンサレスに敗れるまで、3度の防衛に成功した。15年には1階級下のIBF世界ライトフライ級王座を獲得し、日本人男子3人目の3階級制覇を達成。「激闘王」の異名通り、逃げない姿勢と、被弾覚悟の激しい試合でファンの心をつかみ、長く世界のトップで戦い続けてきた。

19年12月、2年半ぶりの世界挑戦のチャンスをつかんだが、IBF世界フライ級王者ムザラネに9回TKO負け。その試合が、現役最後の試合となった。

戦績は35戦28勝(16KO)7敗。

◆八重樫東(やえがし・あきら)1983年(昭58)2月25日、岩手・北上市生まれ。黒沢尻工3年でインターハイ、拓大2年で国体優勝。05年3月プロデビュー。06年東洋太平洋ミニマム級王座獲得。7戦目で07年にWBC世界同級王座挑戦も失敗。11年にWBA同級王座を獲得し、13年にWBCフライ級王座を獲得して3度防衛。15年にIBFライトフライ級王座を獲得し、日本から4人目の世界3階級制覇を達成した。2度防衛。160センチの右ボクサーファイター。通算28勝(16KO)7敗。家族は彩夫人と1男2女。

関連するニュースを読む

内山高志氏「地元に貢献」春日部で開業ジムお披露目

ジムのレセプションパーティーを開いた元WBA世界スーパーフェザー級王者内山氏(中央)

プロボクシングの元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者内山高志氏(40)が、2月に出身地の埼玉・春日部市で開業したフィットネス&ボクシングジム「KOD STUDIO」のレセプションパーティーが11日、行われた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、オープン直後に休業となったが、6月から営業を再開していた。

春日部名誉市民の内山氏は「少しでも地元に貢献できるようなことをやれればと思っていた。春日部を盛り上げるためにも頑張っていきたい」。現在、会員は約80人で「200人くらいには増やしたい」とした。内山氏は、東京・四谷にもジム「KOD LAB」を経営しており、元WBA、IBF世界ライトフライ級統一王者田口良一氏も社員としてサポートしている。

関連するニュースを読む

田口良一氏がジムオーナー修行 内山高志氏に学ぶ

内山高志氏(左)と田口良一氏(2019年12月10日撮影)

ボクシング元WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一氏(33)が、先輩の元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者内山高志氏(40)の下でジムオーナー修行に入った。

16日にSNSを通じて、内山氏が代表を務める「KOD LABに入社した」と明かした。

田口氏は昨年11月に引退発表し、近い将来にフットネスジムをオープンしたいと話していた。以前は引退後は麺類の飲食店経営を口にしていたが「知識と経験を生かしたい。軌道に乗れば飲食店も」と方向転換。ジムの先輩だった元日本ミドル王者柴田明雄代表のSOETEジムでトレーナー修行していた。

この日は「初めて内山さんのミットもってみました! 軽くやってもらったのに突き刺す痛みだった」とも記していた。インストラクターとして会員を指導していきながら、経営、運営面なども勉強していくことになる。

内山氏は18年2月に東京・四谷でジムをスタートしたが、今年2月には地元の埼玉・春日部に2つ目のジム「KOD STUDOIO」もオープンしている。多くのワタナベジム出身や現役選手がインストラクターを務めている。

営業は一時休止していたが、ジム存続とインストラクターの生活を守るために、支援金集めのクラウドファンディングを始めた。21日までに500万円を目標にしていたが、100万円の永久会員権などの返礼に、すでに900万円以上が集まっている。こんなアイデアも田口ジム開設への勉強になるに違いない。

関連するニュースを読む

中谷潤人が世界初挑戦「チャンス。一発で取りたい」

ボクシングのWBO世界フライ級3位中谷潤人(22=M・T)が、4月4日に東京・後楽園ホールで世界初挑戦することが決まり、14日に都内のホテルで会見を行った。同級1位ジーメル・マグラモ(25=フィリピン)とWBO世界フライ級王座決定戦を行う。

三重県出身。デビュー20戦全勝(15KO)の中谷は、中学時代にボクシングを始め、卒業後に単身で米国に留学。元2階級制覇王者の畑山隆則氏らを指導したルディ・エルナンデス・トレーナーから指導を受けてきた。

15年4月に日本でプロデビューし、16年に全日本フライ級新人王を獲得。19年2月には日本同級王座を獲得した。19年10月には元IBF世界ライトフライ級王者のミラン・メリンド(フィリピン)に6回TKO勝ちを収め、初の世界挑戦を引き寄せた。

中谷は「世界で一番の男になるための戦いができる。チャンスなので一発で取りたい。4月4日は信念を持って、悔いのないように戦い、必ず世界王者になります」と意気込みを語った。マグラモについては「器用でパンチがある選手。警戒しながら戦いたい」と話した。今後は17~20日に国内で走り込み合宿を行い、3月上旬からは米国に渡り、スパーリング中心に、試合に向けて仕上げていく。

対戦相手のマグラモは、元WBOオリエンタル同級王者、元WBCインターナショナル同級王者の実績を持ち、戦績は24勝(20KO)1敗。

関連するニュースを読む

八重樫東が当日計量パス「ホッとしています」

IBF独自ルールの当日計量をパスした元3階級制覇王者八重樫

23日、横浜アリーナでボクシングIBF世界フライ級タイトルマッチ12回戦に挑戦する元3階級制覇王者八重樫東(36=大橋)が同日朝、東京・文京区の日本ボクシングコミッションで当日計量に臨み、54・8キロでクリアした。

前日計量後、都内のホテルに宿泊していた八重樫はIBF世界ライトフライ級王者時代に経験済みの当日計量。余裕の表情で体重計に乗ってクリアすると「(パスして)ホッとしています。これから横浜に戻って休みます」と安堵(あんど)の笑みを浮かべた。また同級王者モルティ・ムザラネ(37=南アフリカ)は55・0キロでパスしていた。

当日計量は世界主要4団体でIBFのみの独自ルール。フライ級ならばリミット(50・8キロ)から4・5キロまでの55・3キロが上限となる。

IBF独自ルールの当日計量に臨んだIBF世界フライ級王者ムザラネ

関連するニュースを読む

田口良一氏が引退式「2日間断酒」内山氏とスパー

引退セレモニーを前に内山高志氏(右)を相手にスパーリングを行った田口良一(撮影・たえ見朱実)

元WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一氏(33)の引退式が、10日に東京・後楽園ホールで行われた。ワタナベジムの先輩である元世界王者内山高志氏(40)を相手にスパーリングを披露。10カウントゴングが鳴らされ、現役としてのリングに別れを告げた。

スパーは2分3回で、田口氏がKOなら300万円、内山氏なら10万円の賞金がかけられた。最終3回にはともにヘッドギアを脱いで、詰めかけた1587人の観衆を沸かせた。

内山氏は2年前に引退したが、アマジムを経営しながら、自らもトレーニングを欠かさない。田口氏もアマジム経営を目指している。現在はトレーナー修業中だが、体の絞り具合も、動きのよさも、防衛回数通り? 先輩に分があった。ロープを背にしてパンチをかわしきられ、じだんだを踏んだ。左ボディーを食うと、ロープまで後退する場面も。手が出なくなって苦笑いしたりした。

スパー後には、内山氏から大好きなラーメン1年分の目録がプレゼントされた。内山氏は「このために2日間だけ酒をやめて練習してきた。人柄を示して、こんなにお客さんが入った。第2の人生も応援してあげて」とリングから呼び掛けた。

田口氏は時折声を詰まらせて、ファンにあいさつした。「18歳で世界王者を目指して始めたが、何度も辞めようと、心が折れかけた。みなさんの応援のおかげで世界王者になれた」と頭を下げた。さらに「後輩達も応援してください」と田口氏らしいお願いで締め、グローブをつるした。

引退セレモニーで10カウントを数える田口良一(撮影・たえ見朱実)
引退セレモニーを前に内山高志氏(左)を相手にスパーリングを行った田口良一は、笑顔でファンの声援に応える(撮影・たえ見朱実)

関連するニュースを読む

八重樫東「顔は腫れると」大橋会長は4階級見据える

笑顔で会見に臨む八重樫(撮影・河田真司)

約2年半ぶりに世界王座に挑戦するボクシングの元3階級制覇王者八重樫東(36=大橋)が「被弾覚悟」で経験豊富な王者とのベテラン対決を制する構えをみせた。

23日、横浜アリーナでIBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネ(37=南アフリカ)に挑戦する。10日には横浜市の所属ジムで練習公開し「顔は腫れると思います。どのみちパンチは食らうと思います。ただ顔面で戦うわけではない。被弾するのは勝ちへの布石で、そこから自分らしい動きができれば突破口がみえてくると思います」との覚悟を示した。

17年5月のIBF世界ライトフライ級王座から陥落したメリンド戦以来の世界戦で拳を交える王者は歴戦の雄と言っていい。08年にIBF世界フライ級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に敗れたものの、09年に空位の同級王座を獲得した後の挑戦者が後の世界王者ばかりだ。ゾラニ・テテ(南アフリカ)、ジョンリール・カシメロ(フィリピン)という新旧のWBO世界バンタム級王者もTKOで下して防衛に成功。所属ジムの大橋秀行会長は「ムザラネと八重樫、実力者同士の戦いになる。スパーリングをみても八重樫が勝つイメージが出てきた」と太鼓判を押した。

本来はスーパーフライ級で4階級制覇を目指していたが、大橋会長は「マッチメークもあるし、ムザラネに挑戦させることになった。この試合に勝ったら次はまた4階級制覇も。八重樫は終わるつもりないし、やる気があるかぎり限り、応えたいと思う」とムザラネ撃破後の青写真も口にした。八重樫は「会長が組んでくれた試合をやるだけ。4階級行くぞと言われたらやるだけ」と口元を引き締めた。未来に見据える4階級制覇も意識しながら、八重樫は国内最年長となる世界王座奪取を狙う。

会見を終え写真に納まる、左から松本トレーナー、八重樫、大橋会長(撮影・河田真司)
公開練習に臨む八重樫(撮影・河田真司)
大橋会長(右)の話を笑顔で聞く八重樫(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

引退の田口良一「世界王者の夢を実現。やりきった」

引退を発表した元世界王者田口良一

元WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一(32=ワタナベ)が、現役を引退してフィットネスジム経営を目指す。

20日に都内で引退を発表した。2階級制覇へ3月にWBO世界フライ級王者田中恒成(24=畑中)に挑戦も判定負け。「世界戦に2連敗し、モチベーションが上がらなかった。世界王者の夢を実現して大満足。やり切った」と引退を決意した。

「きのうラーメン食べたんで、顔むくんでないですか?」。引退会見は田口らしい一言で始まった。田中戦から2カ月ぐらいで引退を決め、一番支えてくれた父勝良さんに真っ先に報告した。「4回戦でもスタミナなく、8回戦も無理だと思った。世界戦を戦ってきて、引退会見までするとは。今は不思議な感じ」との心境を口にした。

思い出の試合を問われると「1つに決めきれない。デビュー戦も、新人王も…」と、田中戦まで次々列挙した。中学でボクシング教室に通ったのが最初。横浜光ジムに入門も2ケ月で足が遠のいた。芝商高時代に通学途中で車窓から見たワタナベジムに入門。ヘルニアでブランクを作り、「5年でも成長の実感がなかった」と挫折の連続だった。

今やスーパースターの井上尚弥の存在が開花につながった。12年に高校生だった井上とのスパーリングでボコボコにされた。1年後に日本王者となると、初防衛戦で井上の挑戦を受けた。判定負けも連続KOを止めた。

「あの試合があったから世界王者になれた。それ以降の相手は井上より強くない。気持ちが楽になった」。陣営ではミニマム級で世界挑戦のプランだった。渡辺会長は「世界戦より井上とやりたいと言った。気持ちが強く、根性があった」と振り返った

14年にWBA王者アルベルト・ロセル(ペルー)に世界初挑戦し、ジム3人目となる世界王者になった。昨年にはIBF王者ミラン・メリンド(フィリピン)に判定勝ちで、日本人3人目の2団体統一王者に。初の統一王者で初防衛戦は判定負けで陥落も、7度防衛は日本人歴代8位タイを誇る。

引退後は大好きな麺類の飲食店を経営するのが目標に掲げていた。「好きなだけで無知。失敗してからボクシングに戻るのも…。経験と知識でジムの方が勝算がある」。近い将来にフィットネスジムを開くつもりだ。

現在はジムの先輩だった柴田明雄代表のSOETEジムでトレーナー修行している。「なるべく早くやりたい。プロのボクシングジムもやりたいと思うようになれば。軌道に乗ったら飲食店も」と、次の夢もあきらめていない。

前夜は漫画「はじめの一歩」の30周年記念トーナメントで、後輩の応援に駆けつけた。ボクシングに興味を持ったのは、親からもらった地域振興券3000円で、ゲームソフト「はじめの一歩」を購入がきかっけだった。会場で作者の森川ジョージと初対面し、記念撮影した。「現役最後でいい思い出ができた」と笑みがこぼれた。

戦績は27勝(12KO)4敗2分。12月10日の東京・後楽園ホールで引退式に臨む。10カウントゴングを聞き、グローブをつるす。

ベルトの重さに耐えられなくなって笑う元世界王者田口良一
引退を発表した元世界王者田口良一(左)と渡辺均会長

関連するニュースを読む

田口良一が引退発表 元2団体統一世界王者

田口良一

元WBA&IBF世界ライトフライ級王者田口良一(33=ワタナベ)が20日、都内で現役引退を発表した。2階級制覇を狙って3月にWBO世界フライ級王者田中恒成(24=畑中)に挑戦。0-3で判定負けしたが進退は保留していた。

芝商高時代に通学途中で車窓から見たワタナベジムに入門し、06年にプロデビューした。07年に全日本新人王となり、12年には高校生だった井上尚弥とのスパーリングでボコボコにされた。1年後に日本王者となり、初防衛戦で井上の挑戦を受けた。判定負けも連続KOを止めて、成長を示して一躍注目された。

14年にWBA王者ロセル(ペルー)に世界初挑戦し、ジム3人目となる世界王座を獲得した。昨年にはIBF王者メリンド(フィリピン)と対戦し、日本人3人目の2団体統一王者となった。初の統一王者で初防衛戦は判定負けで陥落も、7度防衛は日本人歴代8位タイだった。戦績は27勝(12KO)4敗2分。

関連するニュースを読む

中谷潤人がWBC世界フライ級挑戦者決定戦へ出場か

中谷潤人

ボクシングWBC世界フライ級3位中谷潤人(21=M.T)が、次戦で挑戦者決定戦出場が濃厚となった。24日にメキシコで開催されたWBC総会で同決定戦が設定され、相手は同級4位マックウィリアムズ・アローヨ(33=プエルトリコ)。

同級王座は現在空位で、同級1位フリオ・セサール・マルチネス(24=メキシコ)と元王者の同級2位クリストフェー・ロサレス(25=ニカラグア)が、12月20日に王座決定戦を行うことも承認された。中谷は挑戦者決定戦に勝てば、この勝者に世界初挑戦となる。

中谷は5日に元IBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンド(31=フィリピン)を6回TKOし、デビュー20連勝(15KO)を飾っている。アローヨは北京五輪代表で、2度世界挑戦の経験がある。昨年には米国で井岡一翔(30=Reason大貴)に判定負けしている。双子の弟マックジョーは元世界王者。

関連するニュースを読む

中谷潤人が元世界王者撃破「胸を張って世界に挑む」

20連勝を飾った中谷潤人

<プロボクシング:ノンタイトル10回戦>◇5日◇東京・後楽園ホール

前日本フライ級王者中谷潤人(21=M.T)が元世界王者との世界前哨戦を制した。元IBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンド(31=フィリピン)と対戦。初回から実力の違いを見せ、レフェリーストップによる6回2分2秒TKO勝ちで、デビュー20連勝(15KO)を飾った。

経験豊富な元世界王者相手に作戦通り「序盤は慎重」だった。それでも身長差13センチを生かして、右ジャブで早々にペースを握った。3回からはセコンドに「強めに打っていけ」と指示されると、再三左ストレートを打ち込んで一方的展開に。左ボディーやロープに追い込んでコンビネーションで圧倒。6回に連打でぐらつかせると、即座にレフェリーが止めた。

「もう少しヒリヒリしたかった」と言うほど、まったくスキのない完勝だった。「パンチも当たったので楽しかった。自由にやれた。倒せなかったが、パンチをまとめて見せ場は作れた」。満面の笑みも「反省もある。満足するのは世界王者になってから」と油断はない。

すでにWBA2位、WBCとWBOは3位、世界ランク上位につける。八重樫を1回KOしている元王者を倒して実力も証明。「すごい自信になった。胸を張って世界に挑みたい」と目を輝かせた。

関連するニュースを読む

中谷潤人「中盤に倒す」無傷20連勝で世界の扉開く

計量をクリアした中谷潤人(左)とミラン・メリンド

ボクシング前日本フライ級王者中谷潤人(21=M.T)が、元世界王者との世界前哨戦に臨む。5日に東京・後楽園ホールで、元IBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンド(31=フィリピン)と対戦する。4日は都内で計量があり、中谷は51・6キロ、メリンドはリミットの51・7キロでクリアした。

中谷はデビュー19連勝中(14KO)で、昨年獲得した日本王座を7月に返上した。WBA2位、WBCとWBO3位、IBF11位と、すでに4団体で世界ランク入り。「大事な一戦。世界へアピールしたい。世界前哨戦とするつもり」と決意を口にした。

メリンドは16年に暫定王座を獲得し、17年に正規王者八重樫東(大橋)との王座統一戦に初回TKO勝ち。その後はWBA王者田口良一(ワタナベ)との団体統一戦、WBC王者拳四朗(BMB)に挑戦は黒星も経験豊富。

今回も米ロサンゼルスでスパーリングを積み、帰国後も統一戦を控える井上拓真(大橋)らを相手に100回以上をこなしてきた。身長差は13センチあるが、タフで大きく振ってくる相手に「最初は気をつけて慎重にいき、中盤に倒すのが理想」と、KOで20連勝を飾って世界へステップを期した。

計量をクリアしてフェースオフする中谷潤人(左)とミラン・メリンド

関連するニュースを読む

中谷潤人が日本王座返上、10・5に世界前哨戦へ

日本フライ級チャンピオンベルトを肩にかけ、ガッツポーズする中谷潤人(2019年2月2日撮影)

ボクシング日本フライ級王者中谷潤人(21=M.T)が、23日付で王座を返上した。

元IBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンド(31=フィリピン)と、10月5日に東京・後楽園ホールでのノンタイトル10回戦で対戦する。陣営は世界前哨戦とするプランだ。

空位となった王座は、10月27日に同級1位ユーリ阿久井政悟(23=倉敷守安)と同級3位小坂駿(24=真正)で争う。

関連するニュースを読む

日本王者中谷潤人「内容問われる」世界前哨戦気合い

元世界王者との世界前哨戦に臨む中谷潤人

ボクシング日本フライ級王者中谷潤人(21=M.T)が、元世界王者との世界前哨戦に臨む。

元IBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンド(31=フィリピン)と、10月5日に東京・後楽園ホールでのノンタイトル10回戦で対戦する。22日に相模原市内のジムで発表した。

中谷はデビュー19連勝中(14KO)で、昨年日本王座を獲得した。6月の初防衛戦は相手のケガでノンタイトル戦に1回KO勝ち。すでにWBC3位など3団体で1ケタ世界ランク入りに「上に行くタイミングで世界へアピールするチャンス。目標は世界王者で防衛していくことで、足踏みしていられない」。日本王座は防衛することなく返上する。

メリンドは37勝(13KO)4敗で、16年に暫定王座を獲得して2度防衛後、17年に正規王者八重樫東(36=大橋)との王座統一戦に初回TKO勝ちした。大みそかにWBA王者田口良一(32=ワタナベ)との団体統一戦には判定負け。昨年には拳四朗(27=BMB)に挑戦も7回TKO負けも経験豊富だ。

中谷は元世界王者相手に「素直に気持ちが入った」と笑み。「メリンドはタフな印象。身長も小さいのでコツコツとダメージを蓄積させていく」。さらに世界前哨戦だけに「内容が問われる。KOで世界へ行っていいと言ってもらえる試合にしたい」と意気込む。

8月1日には市内に居酒屋「とん丸」をオープンする。実家は三重・東員町でお好み焼き店を経営していたが、中谷のサポートもあって閉店して上京していた。店は両親が切り盛りするが、店主として負けるわけにはいかない。開店後は恒例の米国でのスパーリング合宿の予定で、本業の大一番に備える。

関連するニュースを読む

アルバラード、小西倒し「拳四朗や京口と統一戦を」

12Rを終え、判定でフェリックス・アルバラードが勝利する、敗れた小西伶弥(右)はフェリックス・アルバラードを見つめる(撮影・奥田泰也)

<プロボクシング:IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>19日◇神戸ポートピアホテル

王者フェリックス・アルバラード(30=ニカラグア)が挑戦者の同級3位小西伶弥(25=真正)に最大8ポイント差の3-0で判定勝ちし、初防衛を果たした。

序盤から左右、上下に打ち分けながらの有効打で主導権を握り、小西が得意な左ボディーも「それほど効かなかった」とニンマリ。「KOしたかった。小西は非常に強い選手でサムライだった。勇敢だった」と挑戦者をたたえつつ「お互い打ち合ったけれど、より有効なクリーンヒットが多かった」と自らの出来に胸を張った。

13年大みそかは挑戦者として臨んだWBA世界同級タイトルマッチで、井岡一翔に敗れていた。今後については「拳四朗や京口(紘人)と統一戦をしたい」と力強く意気込んだ。

8Rフェリックス・アルバラード(右)のフックを浴びる小西伶弥(撮影・奥田泰也)

関連するニュースを読む

2度目も散った小西伶弥、想像超えた世界王者の拳

フェリックス・アルバラードに負けクローブを外す小西伶弥(撮影・奥田泰也)

<プロボクシング:IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>19日◇神戸ポートピアホテル

挑戦者の同級3位小西伶弥(25=真正)が、2度目の世界挑戦も完敗で散った。同級王者フェリックス・アルバラード(30=ニカラグア)に最大8ポイント差の判定0-3で敗れた。昨年3月に世界初挑戦も惨敗。リベンジを期したが世界の壁にまたも阻まれた。

完敗の弁しか出てこなかった。傷だらけの顔をしっかり上げた小西は「レベルが違う。思った以上に相手が上。自分はまだ、世界というレベルじゃなかった」と現実を認めた。

34勝30KOのキャリアを誇る王者アルバラードの巧みさは、想像を超えた。「思った以上に効いた」というボディー攻めに攻め手を失った。2度目の世界挑戦に向けて120回超のスパーリング。沖縄のメーカーの薄い練習用グローブを取り寄せた。拳でどの部分が当たるか、感覚でつかむため。「最高の仕上がり」と自信を持って臨んだが、世界の壁は厚かった。

陸上100メートルを11秒台で走るアスリート。元3階級世界王者の長谷川穂積にあこがれ、真正ジムの門をたたいた。世界王者も通過点。しかし、その壁の厚さを思い知った。「(世界初挑戦の)前回よりショックは大きい」。巨大な壁に阻まれた悔しさは必ずぶち壊す。【実藤健一】

2回、アルバラード(右)にパンチを放つ小西(撮影・奥田泰也)
12Rを終え、判定でフェリックス・アルバラードが勝利する、敗れた小西伶弥(右)はフェリックス・アルバラードを見つめる(撮影・奥田泰也)

関連するニュースを読む

小西伶弥悔し判定負け 人生懸けた世界戦も成就せず

2回、アルバラード(右)にパンチを放つ小西(撮影・奥田泰也)

<IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>19日◇神戸ポートピアホテル

挑戦者の同級3位小西伶弥(25=真正)が2度目の世界挑戦で、王者フェリックス・アルバラード(30=ニカラグア)に0-3の判定で敗れた。

小西は昨年3月、WBA同級1位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)との王座決定戦に臨み、判定負け。「悔しい思いをした。人生をかけて、ここまで練習してきた。必ず勝つ思い」と気持ちを入れてきた。雪辱の思いをこめてきたが、悲願は成し遂げられなかった。

小西伶弥対フェリックス・アルバラード(IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ)小西伶弥はフェリックス・アルバラードにパンチを浴びせる (撮影・奥田泰也)

関連するニュースを読む

小西伶弥、井上尚弥に刺激 圧勝に「…でしょうね」

当日計量に臨んだ挑戦者の小西伶弥(左)と王者フェリックス・アルバラード(右)(撮影・松本航)

モンスターに続きます! ボクシングのIBF世界ライトフライ級3位小西伶弥(25=真正)が19日、同日の同級タイトルマッチでのベルト奪取を誓った。

夜の一戦に向け、会場の神戸ポートピアホテル(神戸市)で当日計量。IBFはリミットの48・9キロから、当日計量時点で10ポンド(約4・5キロ)以上増やせないルールを設けており、午前9時からの計量のリミットは約53・4キロ。小西は53・0キロ、王者のフェリックス・アルバラード(30=ニカラグア)は52・1キロで、共に一発でパスした。

小西はこの日の起床後、スマートフォンでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝を英国で戦った、WBA世界同級王者井上尚弥(26=大橋)の結果をチェック。IBF世界同級王者の強敵エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)を2回TKOで下した圧勝を知り「…でしょうね」という感想を持ったという。自らも同じIBFの王座を懸けた戦いとなり「日本でしっかりと同じベルトを取りたい。存在を忘れられないようにしたい」と静かに闘志を燃やした。

当日計量に臨んだ挑戦者の小西伶弥(左)と王者フェリックス・アルバラード(撮影・松本航)

関連するニュースを読む