上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

K1林は万全計量パス、実家の体重計「売り払った」

計量と会見後に必勝を誓う林健太(左)とゴンナパー(撮影・吉池彰)

K-1ライト級王者・林健太(26)がタイトル戦前日の12日、都内で計量、会見を行った。13日に東京・両国国技館で開催の「K-1 WGP 2020」(日刊スポーツ新聞社後援)で、ゴンナパー・ウィラサクレック(28=タイ)の挑戦を受ける。リミットまで100グラムの62・4キロでパスすると、改めて勝利を誓った。

3日の公開練習では6キロオーバーだった林。昨年8月の大会前日計量で500グラムオーバーの原因となった実家の体重計は「売り払った」。この日、仕上がった体を見せると「いつもなら10日前頃はもう少し体重があり、食事量を少なくするが、今回はトレーナーが付いて、そんな必要もなかった」と万全の状態を強調した。

3年前にKrushのリングで対戦した時は、ゴンナパーに1回、右フックでKO負けした。悪い感覚は残っておらず、「負けた試合をしっかりリアルに思い出して、対策した。俺はパンチでしか倒せないが、しっかりイメージできている」。

対するゴンナパーはリミットいっぱいの62・5キロでパスすると、この日が誕生日ということもあってか会見では舌も滑らか。「ちょっとした秘策があるが、それは言えない。林選手は3年で成長していると思うので、油断できないが、チャンスがあればKOしたい」とタイトル奪取に自信をのぞかせた。

このタイトル戦は9月22日の大阪大会で予定されていたが、林の左肋骨(ろっこつ)・右足薬指骨折で12月に延期されたいわく付きの試合。また、3月のノンタイトル戦で朝久泰央に判定負けの不覚を取っていることもあって、林には負けられない1戦となる。「ゴンナパー選手には3年前に確かに負けたが、今は自分がチャンピオン。今日は上から目線で来られたので、明日はしっかり3年前の逆バージョンで仕留めたい」と気を引き締めていた。

公式計量で仕上がった体を見せた林健太(左)とゴンナパー(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

K1WGP試合順決定 メインは王者林のタイトル戦

K-1両国大会のポスター(C)K-1

K-1冬の大一番「K-1 WGP 2020」東京・両国国技館大会(13日、日刊スポーツ新聞社後援)の全試合順が決まった。メインイベントはK-1ライト級王者・林健太(26)がゴンナパー・ウィラサクレック(27=タイ)の挑戦を受けるタイトル戦。主催のK-1実行委員会が7日、発表した。

プレリミナリーファイトは午後1時30分開始。本戦は同3時に開始される。

[プレリミナリーファイト第1試合/K-1フェザー級/3分3R]

梅田将成(日本/KFGURAWA)-松山勇汰(日本/TEAMTOPZEROS)

[同第2試合/53キロ契約/3分3R]

倉田永輝(日本/K-1GYMSAGAMI-ONOKREST)-豊田優輝(日本/B.W)

[同第3試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R]

聖也(日本/WSRフェアテックス西川口)-北村夏輝(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

[同第4試合/K-1フェザー級/3分3R]

秀樹(日本/レンジャージム)-稲垣澪(日本/K-1ジム大宮チームレオン)

[同第5試合/-95キロ契約/3分3R]

植村真弥(日本/WSRフェアテックス幕張)-メイサム・エシギ(イラン/士魂村上塾)

[第1試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]

不可思(クロスポイント吉祥寺)-鈴木勇人(日本/K-1ジム五反田チームキングス)

[第2試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]

佐々木洵樹(日本/POWEROFDREAM)-璃明武(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

[第3試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]

軍司泰斗(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)-亀本勇翔(日本/K-1GYMSAGAMI-ONOKREST)

[第4試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]

和島大海(日本/月心会チーム侍)-藤岡裕平(日本/九州ジム・VLOS)

[第5試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]

大沢文也(日本/TANGTANGFIGHTCLUB/teamJOKER)

-瓦田脩二(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

[第6試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]

佐々木大蔵(日本/K-1GYMSAGAMI-ONOKREST)-大和哲也(日本/大和ジム)

[第7試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]

朝久泰央(日本/朝久道場)

-蓮實光(日本/パラエストラ栃木)

-休憩-

[第8試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]

島野浩太朗(日本/菅原道場)-芦沢竜誠(日本/PURGETOKYO)

[第9試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]

村越優汰(日本/湘南格闘クラブ)-山本直樹(日本/優弥道場)

[第10試合/スーパーファイト/-58・5キロ契約/3分3R・延長1R]

卜部弘嵩(日本/K-1GYMSAGAMI-ONOKREST)-才賀紀左衛門(日本/PURGETOKYO)

[第11試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ウエルター級/3分3R・延長1R]

木村"フィリップ"ミノル(ブラジル/PURGETOKYO)-アビラル・ヒマラヤン・チーター(ネパール/志村道場)

[第12試合/K-1WORLDGPライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]

林健太(王者/日本/FLYSKYGYM)-ゴンナパー・ウィラサクレック(挑戦者/タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)

K-1両国大会試合順ビジュアル(C)K-1

関連するニュースを読む

K1王者の林健太が練習公開「とにかく勝ちたい」

公開練習で軽快にパンチを繰り出す林健太(撮影・吉池彰)

K-1ライト級王者・林健太(26)がタイトル戦まで10日となった3日、神奈川のFLY SKY GYMで練習を公開した。

13日に東京・両国国技館で開催の「K-1 WGP 2020」(日刊スポーツ新聞社後援)で、ゴンナパー・ウィラサクレック(27=タイ)の挑戦を受ける。王者は軽快な動きを見せ、勝利を誓った。

3月のノンタイトル戦で朝久泰央に判定負けの不覚を取っている林にとって、今回の1戦は「両国大会のメインイベントとか、タイトルマッチと言う意識はなく、とにかく勝ちたい」。試合まで残り10日の現在は疲労のピークだが、体重はあと6キロまで絞り込まれ、「良い感じ」に仕上がりつつある。

3年前にKrushのリングで対戦した時は、ゴンナパーが1回、右フックでKO勝ちした。しかし、大舞台に強い林はリベンジでの防衛を期す。前回はパンチでやられたが、今回、警戒しているのは相手が得意とするキック。「蹴りに対しての動きが無意識に出るまですり込んできた。やってきたことを出せれば勝てる。頭の中では何百回となく勝っている」と自信をのぞかせた。

朝久戦での敗北の原因について「熱くなりすぎた」と自己分析する林。13日の試合では「冷静さを心がける」という。それでも、「俺が蹴りでKOするのは想像できない。KOするならパンチしかない」とファンの納得する完全勝利に向けて自慢の拳にさらに磨きをかけ、熱い心は忘れずにリングに立つ。

このタイトル戦は9月22日の大阪大会で予定されていたが、林の左肋骨(ろっこつ)・右足薬指骨折で12月に延期されたいわく付きの試合。すっきりした決着は、林自身が最も望んでいる。

公開練習後、試合に向けて気を引き締める林健太(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

K-Jee「夢が実現できた」KO勝ちでK1新王者

K-1クルーザー級新王者となったK-Jee(C)K-1

<K-1:WGP 2020>◇3日◇福岡国際センター

K-Jee(29)が3日、K-1クルーザー級新王者の座に就いた。福岡国際センターで行われた「K-1 WORLD GP 2020」でのタイトル戦で王者シナ・カリミアン(32=イラン)に1回1分54秒、KO勝ちした。カリミアンの3度目の防衛はならなかった。

熊本出身のK-Jeeが地元の九州で、武尊の欠場で巡ってきた大チャンスを見事にモノにした。今回の1戦は当初スーパーファイトの予定だったが、武尊のケガでレオナ・ペタスとのK-1スーパー・フェザー級タイトルマッチが中止となり、カリミアンがタイトルマッチへの変更を承諾、実現した。

K-Jeeは立ち上がりから左右のパンチをスピーディーに繰り出すと、開始1分半で最初のダウンを奪った。カリミアンがもうろうとする中、攻撃の手を緩めないK-Jee。ロープに詰めて連打が入ると、タオルが投げ込まれ、新王者の誕生が決まった。

リング上でマイクを持ったK-Jeeは、まずは興奮を抑えるかのように「来年から文化の日は、九州の格闘技祭りとして定着したらいいと思う」とファン、関係者にアピール。そして、タイトル奪取に触れ「今回チャンピオンになってひとつの夢が実現できた。クルーザー級では1番になったが、まだまだ人気がないので、俺が引っ張って、どの階級よりもおもしろくする」と、武尊ばりのコメントで拍手を浴びた。

カリミアンは18年9月24日の初代クルーザー級王座決定トーナメントで優勝。K-Jeeとは準決勝で対戦し、カリミアンが判定勝利していた。

K-1クルーザー級王座の3度目の防衛に失敗したシナ・カリミアン(C)K-1

関連するニュースを読む

K1野杁正明、判定勝ちも2つ目の王座獲得へ課題

今回もKO勝ちとはいかなかった野杁正明〓(C)K-1

<K-1:WGP 2020>◇3日◇福岡国際センター

K-1ウエルター級の野杁正明(27)が3日、ヴィトー・トファネリ(34=ブラジル)に判定勝ちした。福岡国際センターで開催された「K-1 WORLD GP 2020」の同級スーパーファイトで対戦し、3-0で退けた。

3月にISKA世界ウエルター級王者ダビド・メヒア(25=スペイン)に判定勝ちして以来の試合となった野杁は、KO宣言してこの試合に臨んだが、約束は果たせなかった。1回から鋭いパンチでプレッシャーをかけ、2回に右ストレートでダウンを奪った。しかし、その後に距離を詰めて連打を放つも、攻めきれなかった。

「倒すことが最低条件だと思う。判定で勝って喜んでいるようじゃお客さんにも伝わらないし、そんな男はチャンピオンになる器じゃない」と試合前に話していた野杁。有言実行とはいかず、スーパー・ライト級に続く2つ目のK-1王座獲得に向け、課題と反省が残った。

関連するニュースを読む

高梨knuckle美穂が判定勝ち「詰めが甘く」

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(左)に判定勝ちする高梨(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

女子ミニマム級で元Krush女子アトム級王者の高梨knuckle(ナックル)美穂(27)が、元シュートボクシング(SB)日本女子ミニマム級王者のMIO(25)に3-0の判定勝ちをした。MIOは地元大阪でのK-1デビュー戦を勝利で飾ることができなかった。

前蹴りでリーチに劣る相手に距離をつかませない頭脳的な戦略を見せた。スキを見つけるとすかさずワン・ツーでポイントを稼いだ。ほぼクリーンヒットをもらわず完璧な勝利だった。

KO決着を望んでいた高梨は「詰めが甘くて倒すことができなかった。コロナが落ち着いて、トーナメントができるようになったら、外国人とやりたい」と語った。MIOは「調子が悪かったわけでもない。自分の距離がつかめなかった。(高梨とは)ライバルとしてからんでいけたらなと思います」と話した。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(左)にパンチを浴びせる高梨(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1女子ミニマム級 MIO対高梨knuckle美穂 MIO(右)にパンチを浴びせる高梨(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

瓦田脩二「まだまだだな」SEIYA破るも満足せず

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1ライト級 瓦田脩二対SEIYA 打ち合う瓦田(左)(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

ライト級スーパーファイトで瓦田脩二(26)が、SEIYA(23)を判定で破った。

序盤、180センチの長身を生かした長いリーチの左で相手をコーナーに追い詰めると、打ち下ろすような右をヒットさせた。

だが、相手も粘り最終ラウンドにもつれ込んだ。瓦田は「パンチのテクニックを磨いてきたので、1ラウンドは自分のリズムでできたが、まだまだだな」と勝利も満足せず、次を見据えた。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1ライト級 瓦田脩二対SEIYA 攻め立てる瓦田(右)(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1ライト級 瓦田脩二対SEIYA 攻め立てる瓦田(右)(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

山崎秀晃が引退隣り合わせも王座奪取、安保1回KO

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ安保瑠輝也対山崎秀晃 タイトルを奪取する山崎(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

スーパーライト級タイトルマッチで挑戦者山崎秀晃(33)が、王者安保瑠輝也(24)を1回KO勝ちで粉砕。2年前の同じ会場での屈辱を晴らし、悲願の王座奪還を果たした。

初回から山崎が攻めまくった。早々にダウンを奪うと、同1分19秒、カウンターの左で顎を打ち抜いた。王者が天井を見て崩れ落ちた瞬間、新王者は腕を突き上げ喜びを爆発させた。

18年12月、延長戦の末KO負け。その後4連勝と勝ちを重ねたが、前日の計量では安保に「差を見せつける」と言われ悔しさを味わった。

その一方で、リングに上がる直前まで不安と戦っていた。負けたら引退とこの試合を現役生活の「集大成」と位置づけていた。「このまま終わってしまうんじゃないかという思いが大半だった」と振り返った。

タイトルマッチが決定しても自分を追い込むまでには至らなかった。練習仲間に「走りに行こう」と引っ張られ、甘さを打ち消すことができた。「諦めずにがんばってきた。神様がしっかり見てくれていた。『もう少しがんばれよ』ということだと思います。(今は)ホッとしてますし、K-1で生きてきた証明をすることができた。最高です」と腰に巻いたチャンピオンベルトを見つめた。【南谷竜則】

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ安保瑠輝也対山崎秀晃 1回、いきなり安保(右)からダウンを奪う山崎(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

K1椿原が番狂わせ 王者江川に判定勝ちで男泣き

K-1 WORLD GP2020JAPAN -58kg契約 江川優生対椿原龍矢 判定勝ちに歓喜する椿原(右)(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

フェザー級のスーパーファイトで椿原龍矢(21)が、K-1同級王者の江川優生(22)に判定勝ち。番狂わせを起こした。

江川の攻撃が空を切った。左フックをかわされ、膝蹴りはガードで無傷。一方で椿原は横に逃げながら、左ハイキックや前蹴りで相手との距離を保ち、ガードが甘くなった隙にワンツーを決めた。

判定は1人がドロー、2人が椿原にポイントを付けた。21歳はリング上で男泣き。「(今回は)ベルトがないけど、いけるんだったらベルトに挑戦させてください。これをリングの上から言うのは夢だった。やったー!」と喜びを爆発させた。

K-1 WORLD GP2020JAPAN -58kg契約 江川優生対椿原龍矢 江川(左)にパンチをヒットさせる椿原(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

卜部功也が延長勝ち「教えることで学べている」K1

K-1 WORLD GP2020JAPAN -63.5kg契約 卜部功也対篠原悠人 篠原(右)に連打を浴びせる卜部(撮影・清水貴仁)

<K-1:WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

元K-1ライト級王者の卜部功也(30)が63・5キロ契約のスーパーファイトで、元krushスーパーライト級王者の篠原悠人(22)を破り、約1年2カ月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。

卜部が2回、篠原が3回にそれぞれワンツーでダウンを奪った。3回終了後1人が卜部、2人がドローの判定で延長戦へ。卜部が左のミドルを要所で決め、相手の攻撃意欲をつぶし延長を制した。

卜部は19年7月以来のリング。その間、自らのジムを立ち上げた。「ジムで教えることで自分も学べている。足りないものを学ばせてもらった」と語った。

K-1 WORLD GP2020JAPAN -63.5kg契約 卜部功也対篠原悠人 2回に篠原(右)からダウンを奪う卜部(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN -63.5kg契約 卜部功也対篠原悠人 篠原(左)にキックを見舞う卜部(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN -63.5kg契約 卜部功也対篠原悠人 篠原(左)をロープ際に追い込む卜部(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

K1杉本仁「パワーがすごくて」加藤久輝に判定勝ち

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1クルーザー級 加藤久輝対杉本仁 延長戦で加藤(右)からダウンを奪う杉本(撮影・清水貴仁)

<K-1 WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

クルーザー級のスーパーファイトで杉本仁(29)が、加藤久輝(38)を延長の末判定勝ちした。

延長開始直後、スタミナ切れの相手の顔面に右ストレートを打ち込みダウンを奪った。その後も、逃げる相手を追い込み、3-0で勝利した。

杉本は「今日の試合は延長で判定だったが、勝てて良かった。(加藤は)思った通りパワーがすごくて圧力があった」とホッとした表情を見せた。加藤は「38歳に延長戦はきつい。1ラウンドはいいところまで攻めたが、ちょっとずつ失速した」と無念そう。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1クルーザー級 加藤久輝対杉本仁 延長戦で攻勢に出る杉本(右)(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1クルーザー級 加藤久輝対杉本仁 延長戦、終了間際に大技を出す加藤(左)、しかし杉本がガードする(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

TETSU判定勝利「早く勝ったよと言いたい」K1

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・フェザー級 パンチを浴びせるTETSU(左)(撮影・清水貴仁)

<K-1 WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

スーパーフェザー級のTETSU(19)が、スーパーファイトで西元也史(なるふみ、22)を3-0の判定で破った。

1回に相手の左で攻撃の出ばなをくじかれた。だが、2回中盤に渾身(こんしん)の右ストレートで顎を打ち抜き、ぐらつかせると、一気にラッシュを掛けた。倒すには至らなかったが、地元大阪で勝ち名乗りを上げた。

勝利しさわやかな笑顔を見せた19歳は「(2回の右ストレートは)全然覚えていないが、練習したことが自然に出たと思う。お父さんとか練習仲間が見に来てくれた。早く『勝ったよ』と言いたい」と語った。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・フェザー級 キックをみせるTETSU(右)(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

近藤拳成「まだまだ」ドクターストップでTKO勝ち

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・ライト級 近藤拳成対泰斗2度のダウンを奪う近藤(右)(撮影・清水貴仁)

<K-1 WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

大阪の近藤3兄弟の次男でスーパーライト級の拳成(21)が、泰斗(32)の顔面を陥没させる強打でTKO勝ちした。

1回残り約1分から右ストレートを顔面に決めコーナーに追い詰めると、左でけん制しながら右の連打でダウンを奪った。さらに、2回再びパンチの連打で2度目のダウンを奪った。3回開始直後、泰斗の右こめかみ付近が陥没していることからドクターストップ。勝負が決まった。

指導者の兄大成(27)とK-1甲子園2017、2018の65キロ王者・魁成(19)を弟に持つ格闘技一家で育った。「自分はまだまだ。来年1年練習して、65キロの世界のベルトを取る。弟の魁成と一緒に応援お願いします」と語った。

K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・ライト級 近藤拳成対泰斗2度のダウンを奪う近藤(右)(撮影・清水貴仁)
K-1 WORLD GP2020JAPAN K-1スーパー・ライト級 近藤拳成対泰斗2度のダウンを奪う近藤(右)(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

現役消防士の三井大揮、黒田勇斗に判定負け K-1

K-1 WORLD GP2020JAPAN プレリミナリーファイト スーパー・バンタム級 黒田勇斗対三井大揮 ジャンピングニーをヒットさせる黒田(右)(撮影・清水貴仁)

<K-1 WGP 2020>◇22日◇エディオンアリーナ大阪

京都の現役消防士ファイターでスーパーバンタム級の三井大揮(29)が、黒田勇斗(21)に3-0の判定負けを喫した。

168センチ。真っ黒に日焼けし、鍛え上げた筋肉でガードを堅め、174センチとリーチの長い相手の攻撃をかいくぐった。だが、懐に飛び込んだ途端に膝蹴りで阻まれ突き放された。KOを狙った最終ラウンドでは逆にコーナーに追い詰められた。ダウンはなかったものの痛い敗北を喫した。

K-1 WORLD GP2020JAPAN プレリミナリーファイト スーパー・バンタム級 黒田勇斗対三井大揮 コーナーで相手に攻め立てる黒田(右)(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

武尊vs才賀エキシビション戦発表 K1 WGP

22日にエキシビションマッチで対戦する武尊(左)と才賀紀左衛門(C)K-1

K-1スーパー・フェザー級王者武尊(29)と才賀紀左衛門(31)が22日、エディオンアリーナ大阪で開催される「K-1 WGP 2020」で、スペシャルエキシビションマッチを行う。K-1実行委員会が4日、発表した。

武尊は11月3日、福岡国際センターでKrushの同級王者レオナ・ペタス(28)の挑戦を受ける。

一方、総合格闘家として知られる才賀は先日、K-1参戦を発表したばかり。那須川天心との対戦歴もある才賀に、エキシビションとはいえ武尊が2度目の防衛戦を前にどう対応するかが注目される。

関連するニュースを読む