上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

K1西元也史「倒してきた分だけ自信に変わる」KOマシンは活躍誓う

会見でKO数について語る西元也史(撮影・吉池彰)

K-1スーパー・フェザー級の西元也史(23)が31日、KO勝利記録更新に意欲を見せた。前日のK-1横浜武道館大会(日刊スポーツ新聞社後援)同級スーパーファイトで、下馬評をくつがえし、実力者MOMOTARO(30)からKO勝利。この日、都内での一夜明け会見では、自信にあふれた目を輝かせた。

西元の前日の試合前までの戦績は、18戦10勝(10KO)6敗2分。KO率100%とはいえ、誰もが元ムエタイ インターナショナル フェザー級王者MOMOTAROの勝利を疑わなかった。しかし、終わってみれば、西元が右ストレートと左フックで2回2分6秒、ノックアウト勝ち。KO勝利記録を11まで伸ばした。

この日の会見で西元は、こんな裏話を明かした。「1ラウンドのラスト1分で三日月蹴りを返したら、右足が踏ん張れなくなった。右足薬指が意味の分からない方に向いていた」。脱臼していたためで、セコンドのK-1スーパー・ライト級王者山崎秀晃にはめてもらったという。「2ラウンド中にも外れた。逆に踏み込めなくなって良かったのかもしれない」と笑った。

KO数に関して、西元はプレッシャーを感じていない。「倒してきた分だけ自信に変わる」という。今後についても「自信を持って前へ出て、ドンドン倒していきたい」と、K-1のキャッチコピー「KOマシン」の名に違わぬ活躍を誓った。

会見を前に精悍な表情を見せる西元也史(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

MOMOTARO「勝って当たり前。格の違いみせる」K1デビュー戦へ抱負

西元也史(右)とのスーパーフェザー級3分3回でK-1デビューが決まったMOMOTARO

今年3月にK-1参戦が発表されたMOMOTARO(30)が5月23日、東京・大田区総合体育館で開催されるK-1大田区大会(日刊スポーツ新聞社後援)で西元也史(23)とのスーパーフェザー級3分3回でK-1デビューする。19日に都内のホテルで開かれたカード発表会見に出席したMOMOTAROは待望のK-1初陣に「K-1デビュー戦は勝って当たり前。格の違いをみせたい」と抱負を口にした。

過去にNJKFフェザー級王座、WBCムエタイ日本同級王座、WBCムエタイインターナショナル同級王座を獲得。19年からはアジアを拠点するONEチャンピオンシップを主戦場としてムエタイの強豪と対戦してきた。現在のK-1スーパーフェザー級王者は武尊。MOMOTAROは「1つ1つ勝ってトップを狙いたい」と狙いを定めていた。

一方の西元は戦績10勝(6敗2分け)がすべてKO勝ちというハードヒッター。「こういう舞台でリスペクトしている選手と戦えるのは素直にうれいい。ボクが全部もっていきたい」と敬意を表しつつ、対抗心を燃やしていた。

K-1デビュー戦が決まったMOMOTARO(左)。右は対戦相手の西元也史

関連するニュースを読む

MOMOTAROがK1と契約「モチベも上がる」

会見するMOMOTARO(撮影・鈴木みどり)

元ムエタイ日本フェザー級王者のMOMOTARO(30=OGUNI-GYM)が27日、「K-1 JAPAN GROUP」との契約を結んだことを発表した。

10年に20歳でデビューしたMOMOTAROは14年にNJKFフェザー級王者に輝くと、その後ムエタイでさまざまなのタイトルを獲得。19年にはONE Championshipにも参戦した。都内で会見に臨んだMOMOTAROは「コロナの影響で試合をやるのが難しくなってきた。現役もあと数年だと思っている。最後の頑張りを日本のファンや家族に見てもらいたい」と明かした。

K-1を選んだ理由については「60 キロ 前後で強い選手がそろっているのがK-1。その方がモチベーションも上がる」と明かした。幼少期に空手を学び、学生時代は野球や陸上に打ち込んだが、魔裟斗にあこがれ格闘技界の道に進んだ。世界の強豪と拳を交えてきたフェザー級屈指の実力者が、K-1のリングに乗り込んでくる。

K-1に参戦するMOMOTARO(左)は中村プロデューサーとポーズを決める(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む