上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

【ノア】若手岡田欣也が執念のN1初出場を決める「あきらめなかったらいつか勝てると思って」

N-1出場を決めガッツポーズする岡田(撮影・勝部晃多)

<プロレスリング・ノア:後楽園大会>◇5日◇東京・後楽園ホール

ノアの若手、岡田欣也(29)が、執念の逆転劇で、念願のN-1初出場を決めた。

第6試合となった「N-1出場決定戦」で、同期入団の稲村愛輝(よしき、29)と対戦。序盤から相手の巨体に押し倒され、3カウント寸前にまで追い込まれるピンチの連続だった。それでも、意地のキックアウトを連発すると、最後は15分18秒、回転足折り固めで丸め込み、逆転の3カウントを奪取。勝利と同時に、今月11日の横浜武道館大会で開幕する最強決定戦「N-1 VICTORY 2022」への出場権を獲得した。

願ってもないチャンスだった。同リーグへ出場予定だったティモシー・サッチャー(39=アメリカ)が、ビザ発給手続きの遅延により来日が困難となったため、同リーグ戦の欠場を発表した。谷口や稲葉ら実力者が選考から漏れる中、その一枠を勝ち取った。

試合後は稲村とリング上でがっちり握手。「負け続けたけど、あきらめなかったらいつか勝てると思っていました。まだまだ食らいついていく」と、出場の先を見据えていた。

稲村(左)と握手を交わす岡田(撮影・勝部晃多)

関連するニュースを読む

【ノア】グレート・ムタ、9月3日に大阪降臨 日本初登場の地で最後の大阪

鈴木みのる(左)に毒霧を浴びせるグレート・ムタ(2014年1月4日撮影)

<プロレスリング・ノア:後楽園大会>◇5日◇東京・後楽園ホール

来春まででの引退を表明している武藤敬司の化身、グレート・ムタが、大阪に降臨する。

9月3日にエディオンアリーナ大阪で開催されるノア大阪大会への参戦が追加発表された。

同大会ではノアの最強決定リーグ戦「N-1 VICTORY 2022」の優勝決定戦が行われる。

大阪はムタが日本で初登場を果たした地。これが最後の大阪降臨となる。なお、ムタのラストマッチは、来年1月22日に横浜アリーナで開催される神奈川大会で開催予定。

グレート・ムタ
インリン様の股(こ)間に毒霧を吹きかけるグレート・ムタ(2007年6月17日撮影)
94年5月、グレート・ムタ(上)とアントニオ猪木

関連するニュースを読む

【ノア】サッチャーがN-1欠場を発表 ビザ発給手続き遅延により来日困難のため

ティモシー・サッチャー(2022年7月16日撮影)

プロレスリング・ノアは4日、今月11日の横浜武道館大会で開幕する最強決定戦「N-1 VICTORY 2022」に出場予定だったティモシー・サッチャー(39=アメリカ)が、同リーグ戦を欠場すると発表した。ビザ発給手続きの遅延により、来日が困難となったため。

元WWE戦士のサッチャーは、今年6月の後楽園大会で初参戦を果たすと、7月には鈴木秀樹とともにGHCタッグ王座を獲得していた。

同リーグ戦には、5日の後楽園ホール大会で行われる稲村愛輝-岡田欣也戦の勝者が欠員枠で出場する。岡田は「このチャンスに必死に食らいついてリーグ戦に出場したい」、稲村は「必ず出たい」と力強く語った。

関連するニュースを読む