上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

朝倉未来「KOしたい」クレベル・コイケと対戦 RIZIN28カード発表

6月13日のRIZIN28大会で対戦する朝倉未来(左)とクレベル・コイケ(撮影・松熊洋介)

格闘技イベントRIZINの榊原信行CEO(57)は4日、都内で会見を開き、6月13日RIZIN28大会(東京ドーム)に朝倉未来(28=トライフォース赤坂)が出場することを発表した。対戦相手はクレベル・コイケ(31=ボンサイ柔術)で、総合格闘技ルール(66キロ、5分×3回、肘あり)で行われる。

スーツにサングラス姿で登壇した朝倉は「1カ月ちょっとあると思う。今までで1番追い込んで、いい試合をしたい」と決意を語った。コイケについては「世界でも戦ってきた選手で、驚異のフィニッシュ率を持っていて危険だなという印象。KOしたい」と明かした。

昨年大みそか以来、半年ぶりの試合となるが「大みそかの時にちょっとスタイルを変えて、自分から攻める展開にしたが、今回は組みでも自分からも攻めるスタイルを取り入れてみたい」と話した。勝てば、現フェザー級王者の斎藤との一戦が現実味を帯びてくる。榊原氏は「この2人の対戦が、斎藤との次期挑戦者決定戦となると思う」と明かした。

また、同大会ではバンタム級トーナメント1回戦4カードも行われ、未来の弟で前バンタム級王者・海の出場も決定している。

関連するニュースを読む

RIZIN、コロナ禍開催に「最大限のチャレンジをする」榊原信行CEO

RIZIN29大会でキックボクシングのワンナイト トーナメントに出場する左から高橋亮、皇治、白鳥大珠、梅野源治。中央は榊原信行CEO(撮影・松熊洋介)

RIZINの榊原信行CEO(57)が、5月30日のRIZIN29大会(大阪・丸善インテックアリーナ)、6月13日のRIZIN28大会(東京ドーム)のコロナ禍での開催について語った。

30日都内で会見を開き「行政、国の決断に従う中で、最大限のチャレンジをする。歩みを止めず、進めていきたい」と話した。特に東京ドーム大会に関しては5月23日の予定を延期しており「これ以上の延期はない。何がなんでもやる。5000人以下でも無観客でもやる」と語気を強めた。

大阪大会はすでにチケットを売り始めており、売れ行きは良好。この日皇治が提案した、4選手によるキックボクシングのワンナイト・トーナメントの開催も発表。「最高のメンバーがそろった」と手応えを感じている。それでも大阪は感染者数が増え続けており、中止の可能性もあるとした上で「感染者数も分母が分からない。現状では判断する時期ではないし(開催されることを)信じて前に進みたい」と語った。

関連するニュースを読む

東京ドームのRIZIN28大会 5月23日から6月13日に日程変更

総合格闘技RIZINの榊原信行CEO(57)は23日、オンラインで会見を開き、5月23日に東京ドームで行われる予定だったRIZIN28大会を6月13日に延期することを発表した。

25日から4都府県に発令される緊急事態宣言を受けての対応で「スポーツイベントは5月11日までは無観客。その後解放されても上限5000人。1万人いけるかどうか。6月になれば、観客も増やせていけるだろう」と語った。

東京ドームでの総合格闘技は18年ぶり。「少しでも快方に向かうことに期待して、収容人数の50%(2万5000人)を目標に前に進みたい。暗いニュースが多い中、演出も含めて驚くような大会にしたい」と前を向いた。

また、先日組み合わせが決まっていたバンタム級トーナメント1回戦の振り分けが決まった。

5月30日(大阪) 金太郎-伊藤空也、大塚隆史-獅庵、滝沢謙太-今成正和、倉本一真-アラン“ヒロ“ヤマニハ

6月13日(東京ドーム) 朝倉海-渡部修斗、石渡伸太郎-井上直樹、元谷夕貴-岡田遼、扇久保博正-春日井“寒天"たけし

関連するニュースを読む

RIZIN、5・23東京ドーム大会のチケット発売延期、再調整を発表

RIZINは5月23日に東京ドームで開催すると発表していたRIZIN28大会のチケット販売スケジュールを再調整すると20日、発表した。

当初はオフィシャルサイト先着先行は21日正午~午後6時、一般発売日は29日午前10時と発表していたが「決定次第ご案内させていただきます」と告知した。新型コロナウイルス感染拡大で再び東京都にも緊急事態宣言が発出される可能性があるための措置とみられる。この東京ドーム大会では朝倉海らが出場するバンタム級GPトーナメント1回戦などが組まれていた。

なお5月30日に丸善インテックアリーナ大阪で開催するRIZIN29大会のチケット発売は予定通りに実施。21日正午からオフィシャルサイト先着先行が始まる。

関連するニュースを読む