上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

中村倫也、右目上カットし流血苦しい展開も判定勝ち「UFCトップ取れる」LDH格闘技イベント

アリアンドロ・カエタノ(右)に判定勝利した中村倫也(撮影・中島郁夫)

LDHが新たに仕掛ける格闘技イベント「POUND STORM(パウンド・ストーム)」が24日、東京・両国国技館で行われ、メインマッチでは中村倫也(りんや=26、LDH)が、ブラジル人のアリアンドロ・カエタノに判定勝ちした。

第1Rで相手左フックを受けて右目上をカットして流血する苦しい展開も、第2R以降は攻勢をかけて、判定勝ちした。中村は「カットしちゃって、勝ちに行く戦いになっちゃいましたが、これでUFCのトップをいつか取れると確信しました」。

試合後の取材では、勝利したものの「実力を出し切れなかった。(カットされた場面は)想像していたより軌道が読みづらかった」と自らに手厳しかった。それでも「試合の作り方とかは後輩にも見せられた。次のステップにいってもいいのかな」とさらなる戦いにも目を向けた。

「POUND STORM」は、格闘技と音楽ライブが融合した新たなイベント。この日は、格闘技ファンだけでなく、出演アーティストのファンも多く集まった。中村は「今回をきっかけに、ぜひ格闘技を見に来て」と呼びかけた。「この出血量で、いろいろショッキングだったかもしれないけど、逆にそれでもやっているのはすごいと思ってもらえたと思う。すごさは見せられたと思います」と話した。

また同じくLDH所属の宇佐美正パトリック(21)は、太尊伸光(35)と対戦し、判定の末敗れ、プロ初黒星を喫した。

アリアンドロ・カエタノ(左)と健闘をたたえ合う中村倫也(撮影・中島郁夫)
雄たけびを上げる中村倫也(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

LDH格闘技イベント「POUND STORM」出場カード発表 中村倫也「サプライズ起こす」

「POUND STORM」出場カード発表会見に出席した選手たち

LDHが仕掛ける格闘技イベント「POUND STORM」(24日、東京・両国国技館)の出場カード発表会見が17日、都内で行われた。

アリアンドロ・カエタノと対戦するLDH所属の中村倫也(りんや=26)は「自分はもともと心も体も弱い人間。今回対戦するタエタノ選手はとても強い選手ですが、サプライズを起こせると思っています。当日はよろしくお願いします」と意気込んだ。

また、宇佐美正パトリック(21)は大尊伸光(35)と対戦。大尊が「僕らがやりたくない試合ほど、みんなが見たいと思う。ヤバい試合をしようと思います」と発破をかけると、宇佐美も「自分よりも知名度のある選手と対戦できるということで、しっかり食った試合ができればと思います」と話した。

会見にも出席した岡見勇信(40)は、それぞれテーマを掲げた3部構成であることを説明。その第3部に登場する中村や宇佐美正には「ケージの中では現実しかない。本当に強いものしか生き残らないと思う」と奮起を促した。

同イベントは格闘技と音楽ライブが融合したイベントでもあり、当日はEXILE SHOKICHIやGENERATIONS、THE RAMPAGEらが登場して盛り上げる。

全10試合の対戦カードは次の通り。

◆バンタム級 アリアンドロ・カエタノ-中村倫也

◆ライト級 大尊伸光-宇佐美正パトリック

◆フェザー級 山本健斗デリカット-河名マスト

◆バンタム級 風間敏臣-齋藤奨司

◆ウエルター級 グンター・カルンダ-エフェヴィガ雄志

◆ライト級 マックス・ザ・ボディ-オーディン

◆ミドル級 岩崎大河-三上ヘンリー大智

◆フェザー級 狩野優-中村京一郎

◆フェザー級 スソン-宇佐美秀メイソン

◆バンタム級 海飛-鈴木崇矢

関連するニュースを読む