上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

村田諒太次戦、5月アルバレスか6月ゴロフキン照準

一夜明け会見後、本紙一面を手に笑顔を見せる村田(撮影・狩俣裕三)

ボクシングWBA世界ミドル級王者村田諒太(33=帝拳)が、ビッグネームを迎え撃つ具体的な時期が浮上した。KO率8割を誇った同級8位のスティーブン・バトラー(カナダ)を5回TKO撃破し、初防衛に成功。一夜明けた24日、所属ジムの本田明彦会長が次戦のタイミングを明かした。

年明けから始まる次戦の交渉先はWBAスーパー、WBCフランチャイズ王者アルバレス(メキシコ)、IBF王者ゴロフキン(カザフスタン)の2人に限定すると強調。「向こうのオファーを期限を区切らず待つ」とした上で「アルバレスなら5月、ゴロフキンなら6月の試合になる」と具体的な時期を提示した。

もともとアルバレスは来年5月、保持するWBAスーパーミドル級王座の防衛戦に臨むと言われていた。またゴロフキンは同2月に初防衛戦を計画中。両王者と契約するDAZNの意向もある。同日、都内で一夜明けて会見に臨んだ村田は「最高が大事なのではなく、最善が大事だと思います。次も最善の試合を組んでくれると思いますので、それをこなしたい」と自然体で朗報を待つ姿勢をみせていた。【藤中栄二】

一夜明け会見後、クリスマスツリーを背に笑顔を見せる村田(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

カネロはジェイコブスと対戦 ミドル級3冠統一戦

ボクシングの世界ミドル級3冠統一戦が決まった。WBAスーパー&WBC王者のカネロことサウル・アルバレス(28=メキシコ)と、IBF王者ダニエル・ジェイコブス(31=米国)が、5月4日に米ラスベガスで対戦する。カネロをプロモートするゴールデンボーイ・プロモーションズが17日に発表した。

カネロは昨年9月にゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)との再戦に2-0で判定勝ち。ミドル級2冠王者となると、12月にはWBAスーパーミドル級王者ロッキー・フィールディング(31=英国)に3回TKO勝ちで3階級制覇していた。「次の試合がシンコ・デ・マヨ(メキシコ戦勝記念日)の週になってうれしい。統一戦は重要だが、勝利を収めることは疑いない」とコメントした。

ジェイコブスは11年に脊髄のがんと診断されたが克服し、14年にWBA王座を獲得した。ゴロフキンに惜敗して陥落も、昨年10月にゴロフキンが剥奪されたIBF王座を判定勝ちで獲得した。「待ちに待ったチャンスでカネロに勝てると信じている。自分がミドル級のベストと証明する」と自信を見せた。

関連するニュースを読む

アルバレス402億円でDAZNと史上最高契約

DAZNと大型契約を結んだアルバレス(AP)

WBAスーパー、WBC統一ミドル級王者サウル・アルバレス(27=メキシコ)がDAZNと5年11試合で3億6500万ドル(約402億円)の大型契約を結んだことが17日、発表された。

3階級制覇を狙い、12月15日に米ニューヨーク・マディソンスクエアガーデンでWBAスーパーミドル級王者フィールディング(英国)に挑む試合が中継初戦で、日本DAZNでも放送予定。米メディアによるとスポーツ選手の契約ではMLBのジアンカルロ・スタントン(現ヤンキース)が14年にマーリンズと結んだ13年総額3億2500万ドルを抜いて史上最高額だという。

関連するニュースを読む

チュジノフが13戦全勝で新王者

 世界ボクシング協会(WBA)スーパーミドル級の王座決定戦が9日、ドイツのフランクフルトで行われ、暫定王者のフェドル・チュジノフ(ロシア)がフェリックス・シュトゥルム(ドイツ)を2-1の判定で下して新王者となった。チュジノフは13戦全勝(10KO)。

関連するニュースを読む

統一王者ワードが防衛成功/ボクシング

<プロボクシング:WBAスーパーミドル級タイトルマッチ>◇8日(日本時間9日)◇米オークランド

 統一王者のアンドレ・ワードが、チャド・ドーソン(ともに米国)を10回TKOで下して防衛した。ワードは26戦全勝(14KO)となった。

関連するニュースを読む

ワードが防衛成功/ボクシング

<プロボクシング:WBAスーパーミドル級タイトルマッチ>◇14日(日本時間15日)◇米カリフォルニア州カーソン

 王者のアンドレ・ワード(米国)がアルトゥール・アブラハム(ドイツ)を3-0の判定で下し、防衛に成功した。

関連するニュースを読む