上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

井上尚弥MVP、村田諒太が年間最高試合 寺地拳四朗は技能賞初受賞 ボクシング年間表彰一覧

22年12月、ポール・バトラー(右)のボディに打ち込む井上尚弥

プロボクシングの22年度年間表彰選手が8日に発表された。

最優秀選手賞(MVP)は前4団体統一バンタム級王者井上尚弥(大橋)が5年連続6度目の受賞を果たした。技能賞にはWBAスーパー、WBC世界ライトフライ級王者寺地拳四朗(BMB)が初受賞、殊勲賞には前WBO世界フライ級王者中谷潤人(M.T)が2度目の受賞となった。

年間最高試合(世界)には昨年4月、さいたまスーパーアリーナで開催されたWBAスーパー、IBF世界ミドル級王座統一戦となったゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)-村田諒太(帝拳)が選出。努力・敢闘賞にはWBOアジア・パシフィック・フェザー級王者阿部麗也(KG大和)、新鋭賞には元K-1スーパーバンタム級王者で現東洋太平洋同級王者の武居由樹(大橋)が選ばれた。年間表彰式は22日に東京ドームホテルで行われる。なお各賞は次の通り

【22年度ボクシンブ年間表彰選手】

★最優秀選手賞=井上尚弥(大橋)

★技能賞=寺地拳四朗(BMB)

★殊勲賞=中谷潤人(M.T)

★努力・敢闘賞=阿部麗也(KG大和)

★KO賞=井上尚弥(大橋)

★新鋭賞=武居由樹(大橋)

★年間最高試合(世界)=22年4月、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)-村田諒太(帝拳)

★年間最高試合(世界戦以外)=22年11月、吉野修一郎(三迫)-中谷正義(帝拳)

★女子最優秀選手賞=晝田瑞希(三迫)

★女子年間最高試合=22年12月、晝田瑞希(瑞希)-谷山佳菜子(ワタナベ)

★優秀選手賞=井岡一翔(志成)、井上尚弥(大橋)京口紘人(ワタナベ)、谷口将隆(ワタナベ)、寺地拳四朗、中谷潤人(M.T)

★特別賞=伊藤雅雪、小澤瑶生、久保隼、宮尾綾香、矢尾板貞雄

村田諒太(右)とゴロフキン(2022年4月9日撮影)
22年11月、京口紘人(右)の顔面に右フックをヒットさせる寺地拳四朗

【WWE】「明日の女帝」アスカがチェルシー・グリーンを関節技葬 18日女子EC戦にはずみ

チェルシー・グリーン(手前)にオモプラッタを仕掛け、ギブアップを狙うアスカ(WWE公式インスタグラムより)

<WWE:ロウ大会>◇6日(日本時間8日配信)◇米フロリダ州オーランド・アムウェイセンター

約1カ月半ぶりにリングに復帰したアスカがロウ女子王座挑戦権のかかる1戦に向け、勝利で勢いづいた。18日のプレミアム・ライブイベント、エリミネーション・チェンバーで6選手出場の同王座挑戦者決定エリミネーション・チェンバー戦(リングと4つの小部屋が金網に覆われた状態で行われる試合形式)に出場が決定済み。同じく同戦に出場するラケル・ロドリゲス、ニッキー・クロス、リブ・モーガン、カーメラが見守る中、チェルシー・グリーンを下した。

約1年9カ月ぶりにWWE復帰を果たしたチェルシー・グリーンに対し、ゴング直後に背後から襲撃されたが、背後から不敵な笑みで近づくとを相手ビンタを回避し、ビンタと裏拳の連打で反撃開始。オモプラッタ(変形体固め腕ひしぎ)で2分29秒、ギブアップで勝利。「明日の女帝」としての存在感を示した。

アスカは1月28日のプレミアムライブで昨年12月以来、約1カ月半ぶりにWWEリングに復帰。入場曲やお面、コスチュームがリニューアルされ、フルフェースペイントの不気味な雰囲気でファイトしている。ロウ女子王座挑戦権を獲得できれば4月1、2日のレッスルマニア39大会(米ハリウッド)も見えてくるだけに、ロウ女子王座返り咲きを狙うアスカにとってエリミネーション・チェンバー戦は重要な一戦となる。

那須川天心「TEAM TENSHIN」始動 「天心すげーって思わせたい」9日プロテスト受験

那須川天心(2022年6月20日撮影)

キックボクシング42戦無敗で“神童”の異名を取った那須川天心(24)が8日、前日7日にリニューアルを発表した自身のYouTubeチャンネル「TEAM TENSHIN」を初めて更新し、ボクシング転向への思いを語った。

ドキュメンタリー調の動画で、腕にバンテージを巻いた那須川がリングに上がってシャドーをする映像と、インタビューの様子が交互に流れた。「もちろん応援してくれている人もたくさんいるし、逆にやばくねえぞって思ってるやつもたくさんいると思うんで、そういう賛否全てを巻き込んでしっかりと見せようかなと思っています」と決意を示した。

さらに「マインドは強くなりたいというのもそうですし、証明したいっていうのはあります。ボクシングは第2章。帝拳ジムに所属します。違う景色じゃないですけど、この年齢で挑戦できるというのは楽しいですし、自分の好きなことを見つけて取り組んでいる姿が最高なんだといろんな人に見せたい」と、改めて転向の理由を力説。「やるべきことは1つ。強くなるだけ。ボクサーとしてっていうよりかは那須川天心すげーって思わせたい」と誓った。この日、9日に東京・後楽園ホールでプロテストを受験すると発表された。

那須川は昨年6月にK-1の3階級制覇王者武尊と「THE MATCH」で対戦して判定勝利。昨夏からプロボクサーとしての準備を開始し、同11月には米国でボクシングの実戦合宿も敢行。今年1月には帝拳ジムでトレーニングを積みながらプロボクサーとして調整していることをSNSで明かしていた。

「野獣」ブロック・レスナー、遺恨続くボビー・ラシュリーに18日PLEで対戦要求

ボビー・ラシュリー(上)をF5で投げ飛ばしたブロック・レスナー(C)2023 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇6日(日本時間8日配信)◇米フロリダ州オーランド・アムウェイセンター

「野獣」ブロック・レスナーが、因縁続きの「筋肉魔人」ボビー・ラシュリーに対し、18日のプラミアム・ライブイベント、エリミネーション・チェンバー(カナダ・モントリオール・ベルセンター)でのシングル戦を要求した。1日28日の男子ロイヤルランブル戦(30人出場時間差バトルロイヤル)でラシュリーにリングから排除されて敗退していた悔しさを観客に伝えた。

大観衆を前にレスナーは「ロイヤルランブルは最悪だった。それがボビー・フー(ラシュリー)に排除されたからだ。先週の休暇は釣りやステーキを食べたりしていたが、ラシュリーのことしか考えられなかった」と厳しい表情。自らエリミネーション・チェンバー戦での対戦契約書を持参したことを明かし、ラシュリーをリングに呼び出しサインを求めた。

リングに入ってきたラシュリーに契約書を手渡したが「代理人弁護士やマネジャーに条項をチェックしてもらう」と即サインを拒否された。するとラシュリーを担ぎあげ、F5でマットにたたきつけ、遺恨が深まった。なお次週のロウ大会で両者そろったシングル戦の契約調印式が開催されることが発表されていた。

ロウ大会に登場したブロック・レスナーは18日にボビー・ラシュリー戦が決定(C)2023 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【WWE】殿堂入りリタ乱入成功 イヨ・スカイ、ダコタ・カイがベイリーの勝利アシスト失敗

ダコタ・カイ(右後方)らを撃退したリタ(C)2023 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇6日(日本時間8日配信)◇米フロリダ州オーランド・アムウェイセンター

WWE女子王座4度戴冠、14年WWE殿堂入りのリタが登場し、試合妨害を続けるWWE女子タッグ王者イヨ・スカイ、ダコタ・カイの排除に成功した。

メインイベントで行われたスチールケージ(金網)形式で行われたベッキー・リンチ-ベイリー戦で、ベイリーのセコンドに入ったスカイ、カイはケージ外からリンチの試合妨害を展開。スカイはケージ上にのぼったベイリーを突き落とし、カイはベイリーに凶器として使う松葉づえを手渡した。

ベイリーが優勢に試合を進めていると、ステージから革ジャン、ジーパン姿のリタが姿をみせてスチールケージへと突進。ケージをのぼっていたスカイを引っ張り落とし、カイも松葉づえごと突き飛ばした。心配してケージ出口に近づいたベイリーにケージ扉を激突させてダメージを与えると、リンチが動きが鈍ったベイリーにマンハンドルスラムで成功させ、3カウントを奪ってみせた。

ベイリー、スカイ、カイの3人ユニット「ダメージCTRL(コントロール)」と敵対するリンチにリタがメンバーとして加わった。18日に控えるプレミアム・ライブイベント、エリミネーション・チェンバー大会(カナダ・モントリオール)に向け、両チームの因縁が続いていきそうだ。

ベッキー・リンチ(中央)の勝利をアシストしたリタ(右端)(C)2023 WWE, Inc. All Rights Reserved.
ダコタ・カイ(左下端)、イヨ・スカイ(左下2番目)が見守る中、金網内で戦うベッキー・リンチ(左)とベイリー(C)2023 WWE, Inc. All Rights Reserved.

那須川天心、9日にプロボクシングのプロテスト受験 B級6回戦 即日合否決定見通し

那須川天心(2022年6月20日撮影)

無敗を誇る人気格闘家でプロボクシング転向を表明している那須川天心(24=帝拳)が9日に東京・後楽園ホールでプロテストを受験すると8日、発表された。

プロ格闘家の実績を認められ、B級(6回戦)で受験すると同日、日本ボクシングコミッション(JBC)が発表。即日、合否が決定する見通しだ。

那須川天心は昨年6月にK-1の3階級制覇王者武尊と「THE MATCH」で対戦して判定勝利。昨夏からプロボクサーとしての準備を開始し、同11月には米国でボクシングの実戦合宿も敢行。今年1月には帝拳ジムでトレーニングを積みながらプロボクサーとして調整していることをSNSで明かしていた。

◆プロテスト 16歳から受験可能。スパーリング形式の実技、計量、シャドーボクシングなどの試験と検診、ボクシングの知識を問う筆記試験で構成。1日のうちに、ペーパーテストと2、3回程度のスパーリングを行って合否を判定。A級ライセンス(8回戦以上)、B級(6回戦以下)、C級(4回戦)が設定されている。

朝倉未来がツイッター削除「これからはInstagramとYouTubeで見てね」

朝倉未来(2022年12月撮影)

総合格闘技RIZINを主戦場に活躍する人気格闘家の朝倉未来(30=トライフォース赤坂)が8日、ツイッターアカウントを削除した。

朝倉はこの日、「Twitterやめようかな 使ってないほうが人生がいい方向に行く気がする」とアカウントの削除を示唆。続けて「どうやって消すんだっけ?」と本気をうかがわせ、「パスワードがわかんね」と投稿したのを最後にアカウントが削除された。

朝倉はツイッター上で格闘家の平本蓮(24)との間で舌戦を繰り広げてきたが、次第に「関係のない人を侮辱したり、下劣な感じになってきているので、彼を止めるのには訴えるしかない」として訴訟を決意したことなどが注目されていた。

3・7アントニオ猪木さんお別れの会は一部有料2部制 両国国技館で開催 新日本とIGFが発表

アントニオ猪木さん(2020年2月撮影)

3月7日に東京・両国国技館で開催されるアントニオ猪木さんのお別れの会は、一部が有料のチケット制で行われることが決定した。同会を主催する新日本プロレスと猪木さんのマネジメントをつとめるIGF(猪木元気工場)が8日に発表した。

会は2部制で開催。第1部となる追悼式典は午前11時から開始され、参列者の座席確保のためチケット制となる。チケット料金は消費税込みで、1階枡席(1枡2人掛け)、2階指定席ともに1万円。全席指定で、献花用の花、返礼品も含まれる。

第2部となる一般の献花式は、チケットなしでの参列が可能。受付時間等の詳細は、決定次第発表するとした。

アントニオ猪木さん「お別れの会」思い出の地・両国国技館で来年3月7日開催 試合の開催はなし

アントニオ猪木さん(2020年2月撮影)

プロレスラー、政治家として活躍したアントニオ猪木さん(本名・猪木寛至)の「お別れの会」が来年3月7日に東京・両国国技館で行われる。24日、マネジメント事務所IGF(猪木元気工場)と新日本プロレスが発表した。この日、神奈川・横浜市の菩提(ぼだい)寺となる総持寺で10月1日に死去した猪木さんの四十九日法要が行われた。

IGF高橋仁志代表は「今までお世話になった皆さま、ファンの方に来ていただいて最後のお別れにしたい」と話した。開始時間や実施イベントなどは未定だが「猪木さんに関する催しを行えれば」とした。当初は試合の実施も検討されていたが、「試合はまた改めて行えれば。今回この場では行わない」と説明した。

両国国技館は、17年に生前葬を行うなど猪木さんにとって思い出の地。生前最後のTV生出演となった日本テレビ系の24時間テレビの会場も同所だった。高橋代表は「新日本時代からたくさんの思い出の会場。皆さんとお別れの場を作れれば」と話した。

数万人クラスの大規模開催が見込まれる。同代表は「国葬とはならないですけど、世界中の方に集まってもらえる国際葬。猪木にとっての“国葬”にできれば」と約束した。

井上尚弥が白井義男、具志堅用高を抜く6度目の年間MVP受賞「非常に濃密な1年で最高の結果」

井上尚弥(2023年1月13日撮影)

プロボクシングの22年度年間表彰選手が8日に発表され、前4団体統一バンタム級王者井上尚弥(29=大橋)が5年連続6度目の最優秀選手賞(MVP)に選ばれた。同日に都内で選考会が開かれ、各賞が決定。通算6度目MVP受賞は白井義男、具志堅用高を超え、最多記録となる。5年連続MVPは白井、具志堅と並ぶ最多タイ記録。またKO賞も3年連続6度目の受賞で2冠に輝いた。平成以降となるとMVPの5年連続、6度目受賞はいずれも最多になる。

所属ジムを通じ、井上は「2022年年間最優秀選手賞を受賞させて頂きありがとうございます。昨年は3団体統一戦、4団体統一戦と例年にも増して非常に濃密な1年でした。その上で最高の結果を出せたこと、自分自身も満足しております。2023年は新たな階級での『挑戦』となります。ファンの方がヒリヒリ、わくわくするようなボクシングをお見せできる様より一層精進してまいります」と決意を示した。

井上は昨年6月、ノニト・ドネア(フィリピン)とのWBAスーパー、WBC、IBF世界同級王座統一戦で2回TKO勝ちし、3団体王座統一に成功、同12月にはWBO世界同級王者ポール・バトラーも11回KOで下し、史上9人目、日本初、アジア初、バンタム級初の4団体統一に成功していた。今年1月、4本の世界ベルト返上とスーパーバンタム級への転向を表明。WBO世界同級1位にランクし、米スポーツ局ESPNには5月開催を目標に日本で無敗のWBC、WBO世界同級王者スティーブン・フルトン(米国)への挑戦が合意したと報じられている。